2015年版 東京ポッド許可局 メンバー自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

2015年4月に放送時間が変更になったTBSラジオ『東京ポッド許可局』。新規リスナーに対して局員のマキタスポーツさん、プチ鹿島さん、サンキュータツオさんが改めて自己紹介や得意分野の説明をしていました。


(サンキュータツオ)この局報というのは東京ポッド許可局のお知らせ。報じると書いて、局報。まあ、エンディングのコーナーでございます。報・連・相のコーナーということで、みなさんからの報告や連絡、相談の受け付けております。ふつおたも、[email protected] まで送って下さい。えー、日曜日の3時ということで、はじめましての方もいらっしゃると思いますので。

(プチ鹿島)そうですね。改めまして、ちょっとやりましょうよ。

(サンキュータツオ)そうですね。じゃあまずはマキタ局員から。

(マキタスポーツ)ちょっと早いけど、メリークリスマス(笑)。

(サンキュータツオ)懐かしいね(笑)。で、おなじみの。

(マキタスポーツ)で、おなじみの、マキタスポーツと申します。最近はね、電話系のコマーシャルなんかでも・・・



(プチ鹿島)あらあらあら、見た見た見た見た!

(サンキュータツオ)いろいろ出てますよ。

(マキタスポーツ)見ていただいている方もいらっしゃるかもしれません。あるいは僕は性格俳優としても、いま活躍しているわけでございまして。

(サンキュータツオ)まあ、そうですね。俳優マキタスポーツ。

(マキタスポーツ)はい。俳優業として。ちょっと馴染みのドラマに、なんかの衣装提供みたいな感じで『マキタスポーツ』って見かけたことある方も、ひょっとしたらいらっしゃるかもしれませんが。あれ、役者の名前なんですよ、お母さん。まあ、本業はお笑い芸人およびミュージシャンをやっているんですけど。

(サンキュータツオ)ミュージシャンをやってますね。

(マキタスポーツ)はい。というわけでございまして。

(サンキュータツオ)まあ、得意分野としては、やっぱり音楽、食。今日、炸裂してましたけど。やっぱりそういったところが得意分野と。

(マキタスポーツ)得意分野ですかね。はい。たしかにそうです。

(サンキュータツオ)マキタスポーツ局員でございました。

(マキタスポーツ)45才でございます。

(サンキュータツオ)この声が、マキタスポーツ局員でございます。じゃあ、続きまして、プチ鹿島局員。

(プチ鹿島)ちょっと早いけど、プチ鹿島です。

(マキタスポーツ)(笑)

(サンキュータツオ)結構遅いと思いますよ。番組終盤なんで。

(プチ鹿島)あ、そうなんですか。あのー、僕もですね、芸人なんですね。

(マキタ・タツオ)(笑)

(プチ鹿島)おしゃべりが、大好きです。はい。

(サンキュータツオ)なるほど。まあ、時事ネタを特に。

(プチ鹿島)時事ネタ大好きですね。時事ネタ大好きです。まあ、主にラジオを主戦場にさせていただいて。最近では、いろいろ書き物とかね。1日1本ペースで書かせていただいております。まあ、そんな時事ネタと、世の中の行間を読むのが大好きな、そんな私でございますね。

(サンキュータツオ)鹿島局員は、やっぱり得意分野はプロレス。

(プチ鹿島)プロレス。あと、お笑いも好きですね。

(サンキュータツオ)あと、昭和プロ野球。

(プチ鹿島)昭和プロ野球。あの、いまのプロ野球も大好きですよ。あと、お笑いも好きですね。

(サンキュータツオ)相撲。

(プチ鹿島)そうですね。相撲。あと、お笑いも好きですね(笑)。

(マキタ・タツオ)(笑)

(プチ鹿島)ほら、言っとかないと!

(サンキュータツオ)そうだね。そうですね。

(プチ鹿島)最近ほら、肩書がなんなのか?っていう。僕、なんでもいいんです。

(サンキュータツオ)まあ、たしかにね。まああの、マキタ局員は4人の子持ちのお父さん。

(マキタスポーツ)そうなんですよ。僕はね。

(サンキュータツオ)鹿島局員は娘さんがいるそうで。

(プチ鹿島)そうです。今年、ちょうど4月で1才になりますよね。

(マキタスポーツ)うん。

(サンキュータツオ)1才になるという、まあ、ホヤホヤのお父さんでございますね。

(プチ鹿島)はい。もうすぐ45ですね。笑っちゃうよね。

(サンキュータツオ)はい。鹿島局員、マキタ局員が同い年ですね。

(マキタスポーツ)40代ですな。

(プチ鹿島)そうですよ。

(サンキュータツオ)はい。私、サンキュータツオでございますけども、ちょっと2人よりもは下でございまして。まあ、38ですね。

(プチ鹿島)来年39才?

(サンキュータツオ)今年かな?今年39かな?

(プチ鹿島)今年、39。

(サンキュータツオ)の、サンキュータツオでございます。

(プチ鹿島)うわー、来た!三重苦!

(マキタスポーツ)なんかやるの?39で。

(サンキュータツオ)三重苦じゃないよ。あ、米粒写経という漫才コンビをやっておりまして。3人ともね、オフィス北野という会社にいるんですけども。まあ、普段は一橋大学で講義をやったりとか。

(マキタスポーツ)お父さんが早く亡くなっちゃって・・・

(サンキュータツオ)あの、『お父さんが早く死んだ』とか、本当ですけど、あの、最初聞いた人、引くと思うんで。

(マキタスポーツ)(笑)

(プチ鹿島)いいんですよ。

(サンキュータツオ)僕らのライブで必ずウケる変なネタになってるんですけど。

(マキタスポーツ)そうですよ。これね、不思議なもんでね、タツオに対してそのことを言うだけで、お客さんがウケてくださるという。

(サンキュータツオ)そういうことを言うだけで(笑)。

(プチ鹿島)待ってました!っていう。

(サンキュータツオ)いや、そんな待ってないですよ。

(プチ鹿島)ワイルドだろぉ~?ぐらいの待ってました感はありますよね。

(サンキュータツオ)(爆笑)。お父さんを早くに亡くしただろ?って?

(マキタスポーツ)『お父さんが・・・』って言われると、みんな手を叩いて。レスポンスが返ってくるんですよ。

(サンキュータツオ)コールアンドレスポンスはないよ!『早くに亡くなった』って語呂も悪いし。まあまあ、でもね、人の親が死んだのを茶化すの、良くないですから。茶化さないでください!

(プチ鹿島)茶化すっていうのもニュアンスが違うんだよ。

(サンキュータツオ)真面目なんですから。僕は。

(プチ鹿島)今日は茶化しても、明日茶化さなかったら、なんかまた帰ってくるみたいな感じじゃない?(笑)。

(サンキュータツオ)本当に死んでるんだ、人が!

(マキタスポーツ)(笑)

(サンキュータツオ)というわけで、まあね・・・

(マキタスポーツ)普段は何してるの?

(サンキュータツオ)ええと、まあ一橋大学でね、講義したりとか。あと、まあ国語辞典を集めていたりとか。あとはまあ、渋谷らくごという落語の会を主催していたりとか。ありますよ。

(プチ鹿島)そうですよ。すごいじゃないですか。

(サンキュータツオ)まあ、だからいま、僕の得意分野としては落語、お笑い、言葉ぐらいな感じですかね?あとは、バスケットっていうすごい需要の少ないところとかもカバーしてるんですけども。

(プチ鹿島)フルーツバスケット?

(サンキュータツオ)フルーツバスケットではございません!えー、まあ皆さんもね、この番組、今月から聞き始めましたよとかね。そういう番組。後はですね、ツイッターアカウントは『#tokyopod』です。これでツイートしていただくとか、あるいは、番組に感想を送ってください。[email protected] です。

<書き起こしおわり>