バナナマン紅白副音声 SEKAI NO OWARI『Dragon Night』悪ふざけを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バナナマンのお二人がTBSラジオ『バナナムーンGOLD』の中で、紅白歌合戦の副音声でSEKAI NO OWARI『Dragon Night』の際に『ジャーゴナイ!』と歌いまくった件を話していました。


(設楽統)ね。おもしれーな。ごめんなさい。メール。(メールを読む)『紅白ウラトークチャンネル、お疲れ様でした。毎年大晦日は紅白を見ていますが、副音声で見たのは初めてでした。「これ、本当に紅白なんだね。夢みたいだ」というお二人の言葉にこちらもグッときました。いつも通り視聴者目線の感想でバナナムーンを聞いてるのかと思ったほどでした。郷さんとのコラボ、ヒムコのNHK進出、設楽さんの(SEKAI NO OWARI)ジャーゴナイ、オークラさんの・・・』(笑)。

(日村勇紀)ジャーゴナイ(笑)。設楽さんのジャーゴナイ・・・(笑)。

(設楽統)俺はもう楽しみにしててさ。ジャーゴナイ、やったんだけど。T.M.Revolution西川さんもいてさ、西川さんは『ネコちゃん、ネコちゃん』って言ってんだけど。俺は『ジャーゴナイ』ってさ、言いたいって思ってたから。一緒に。いつもSEKAI NO OWARIね、車とかで聞いてても、『Dragon Night』のところで『ジャーゴナイ!ジャーゴナイ!』って言ってたから、『これ本当に紅白で言いてーな』って思ってて。

(日村勇紀)(笑)

(設楽統)で、まずなにを歌うか?がまだ決まってなかった段階で、『Dragon Night』かもう1個のあれ・・・うーんと、なんだっけな?ホワイトマジック・・・?『RPG』だ。間違えた。ぜんぜん違うわ。

(日村勇紀)RPG(笑)。ホワイトって(笑)。

(設楽統)いやいや、ええと、何の略だっけ?スノーマジック・・・RPGだから・・・ええと、Gスポットだっけ?なんだっけ?スノーマジックファンタジー?

(日村勇紀)それでRPGなんだ。

(設楽統)スノーマジックファンタジーでなんで?あ、RPGと関係ねえ曲ね。誰がなにを教えてくれてるんだよ!まあでも、この曲か、この曲か、みたいになってたんだよね。

(日村勇紀)曲の発表前ね。

(設楽統)そうそう。で、『Dragon Night』決まった時にやったー!と思ってさ。生で聞けるしさ。

(日村勇紀)あれ、面白かったよ。結局だから、『歌わないで。設楽さん、歌わないでよ!』『ジャーゴナイ!』

(設楽統)『ジャーゴナイ!』

(日村勇紀)『歌っちゃったー!』みたいな。遊んでるもんね。もうね。

(設楽統)いやいや、まあ遊んでる・・・楽しくなっちゃってね、っていうあれもあるけどね。(メールを読む)『設楽さんのジャーゴナイ、オークラさんのシレッとした登場。最後に全員で歌う「ふるさと」の歌詞を全く覚えていないバナナマン』(笑)。いや、申し訳ないけど。あれ、事前になんかね、紙くれてちょっとやらしてもらうじかんがあればよかったけどね。

(日村勇紀)ないんだよ。

(設楽統)いや、まあ見てればいいんだろっていう話だけど。申し訳ないけど。あの『ふるさと』。ごめん。全く覚えてない。

(日村勇紀)申し訳ない。

(設楽統)でも、その代わり俺ら、『蛍の光』は卒業式みたいに歌ったんだよな(笑)。

(日村勇紀)『蛍の光』はあの中にいた誰よりも大きな声で歌ったよ、俺たち。

(設楽・日村)『ほーたーるのっ!』

(設楽統)って歌ったんだから。

(日村勇紀)そう。俺たちやってるんだから。

(設楽統)(メールを読む)『本当に最高の大晦日になりました。ただ、郷さんと一緒に日村さんがステージに登場した時、設楽さんが「みなさんのおかげでしたの衣装だ」と思い切り番組名を言った時は、かなりヒヤヒヤしました。極めつけは日村さんの「セカ本最高!」発言』。

(日村勇紀)(笑)

(設楽統)セカ本最高発言?なにこれ?

(日村勇紀)俺、自分でも後々思ったの、それ(笑)。

(設楽統)えっ?なにこれ?

(日村勇紀)SEKAI NO OWARIをセカ本って言っちゃったの、俺(笑)。

(設楽統)あ、マジで!?(笑)。セカオワを?

(日村勇紀)SEKAI NO OWARIをね、そうなんだよ。『いやー!セカ本サイコーッ!』って(笑)。

(設楽統)ああ、俺、気づかなかった。マジで!?(笑)。

(日村勇紀)『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』の略なんだけど。俺、そっち言っちゃったの。

(設楽統)セカ本って言ってたんだ。

(日村勇紀)自分でね、『セカ本サイコーッ!』って言いながら、なんか違和感あるな?はあったんだけど。わかんないから。

(設楽統)(笑)。ああ、俺、いままで知らなかった。へー!

(日村勇紀)この方、ちゃんと聞いてくれてるわ。

(設楽統)(メールを読む)『後でスタッフさんやセカオワ関係者の方から怒られませんでしたか?』。

(日村勇紀)怒られてないです(笑)。

(設楽統)これ、天然で間違ってただけだよ。(メールを読む)『来年もウラトークチャンネルを担当して貰いたいんですが、出禁にならないでくださいね。でも、面白かったぞ。バナナマン』。えっ?『セカ本サイコーッ!』っつったの?俺、知らなかったわ。

(日村勇紀)『ジャーゴナイ!ジャーゴナイ!』があって、俺も最高だな!と思ってて。本当に出ちゃったんだよ。天然で、『セカ本サイコーッ!』っつって。『セカ本サイコーッ!』っつっちゃったの、俺。

(設楽統)マジで?へー、おもしれー。

(日村勇紀)そういうのもやっちゃってる。

(設楽統)録っている人は後で聞き直したらさ・・・


※動画5:26あたりに『セカ本サイコーッ!』発言があります

(日村勇紀)SEKAI NO OWARIさんのところで『セカ本サイコーッ!』って言ってます。

(設楽統)衣装、でも本当にフジテレビの『二億』で使っているやつを借りたんだよね。

(日村勇紀)あれをまんま借りてるんで。結局なんだかんだで・・・

(設楽統)でも番組名を出すっていうのはあれか。たしかに久保田さんはお台場方面の、たとえば『ノンストップ!』っていうのを『止まらない番組』とか。たとえば『ゴッドタン』のことも『神谷町方面の』とか。そういう言い方してた。

(日村勇紀)たしかに言われてたね。まあでも正直、言っちゃうわね。

(設楽統)『セカ本サイコーッ!』って(笑)。

(日村勇紀)『セカ本サイコーッ!』って。俺ら違う番組バンバン言っちゃうんだよ(笑)。

(設楽統)面白いね(笑)。まったく関係ないもんね。

(中略)

(設楽統)さあ、先ほどからね、紅白ウラトークチャンネルの裏トークをさらにしてますけども。SEKAI NO OWARIの終わりの時にね、日村さんが『セカ本サイコーッ!』って言ってたっていう。

(日村勇紀)(爆笑)

(設楽統)俺、気づかなかった。メールで来たから俺、気づいたわ。知らなかった。

(日村勇紀)ちゃんとこの方、聞いてらっしゃる。俺、言いました。はっきと。『セカ本最高だな!』って。

(設楽統)次も、いろいろ来てるんですけど。(メールを読む)『副音声のカイザーさん、副音声のオークラさん、副ヘチマの日村さん、こんばんは』。

(日村勇紀)ヘチマじゃねーわ!

(設楽統)(メールを読む)『紅白歌合戦、副音声で見ました。バナナムーンにいろいろとつながるところがあって、とっても面白かったです。特にAKBの時に「野呂佳代は?」というのは、バナナムーンリスナーにしか伝わらないやつなんじゃないですか?』(笑)。

(日村勇紀)『野呂佳代はいねーわ!』(笑)。

(設楽統)(メールを読む)『というのもあって、特別な気分で見ていました。是非来年も・・・』

(日村勇紀)あれ、面白かったな(笑)。

(設楽統)あれね、あれ、違うんだよ。流れがあったっていうか、みんな知ってるか。あそこにAKBのたかみなと生駒とぱるるがゲストで来てて。

(日村勇紀)副音声の方に。

(設楽統)ほいで、俺らも本当、なんか単純にさ、見てる感じのノリだからさ。『歌う時、手、振ってね!』とかすげー言ってて。で、『どこにいる?』みたいなので話してて。はじめ、たかみながすぐにわかって。

(日村勇紀)小ちゃいからわかるんだよね、たかみなって。

(設楽統)そうそう。で、『あれ?生駒どこかな?』とか『ぱるるは?いねー!いねー!』とか言って。ずっと言っていた中で、俺が『野呂佳代は?野呂佳代は?』っつったの。で、日村さんが『いねーわ!』っつった後に、俺、覚えてるんだけど。久保田さんが『だいぶ前に卒業されました』って(笑)。

(日村勇紀)(爆笑)。久保田さんがまた見事にね、いろんな情報を持ってらっしゃるんだけども。

(設楽統)そうなんだよ。超おもしれーんだよ。久保田さんがしっかりしてる。

(日村勇紀)野呂佳代ってやっぱ面白いんだよ。野呂佳代はいないわ。さすがに申し訳ないけど。面白かったなー、あれ。

(設楽統)なんか、たしかにラジオも来てもらったりとかしてたからね。うん。野呂佳代がAKBにいたっていう事実を知らないかな?知ってるよね、みんな。

(日村勇紀)どうかな?野呂佳代、もうバラエティーの子のイメージ、強いからね。

(設楽統)でも年末会った時にさ、聞いたらさ、野呂佳代だって紅白2回出てるんだよ。すごくない?AKBのメンバーでね。

(日村勇紀)そうだね。俺、すごい覚えてるんだけど。『野呂佳代?いねーわ!野呂佳代』って。『野呂佳代なんか』とか言ってるかもしれない。俺(笑)。

(設楽統)何回も聞いてたよね。『野呂佳代は?』とか。

(日村勇紀)いい思い出だ。うん。

(設楽統)(メールを読む)『ジャーゴナイ、ヘチマ、オークラさん、こんばんは』。

(日村勇紀)ヘチマじゃねーわ!

(設楽統)(メールを読む)『僕が紅白の副音声でいちばん楽しかったのは、「ようかい体操第一」の時に「どうして朝は眠いんだ?」の部分で設楽さんが「昨日、遅かったからじゃない?」と言った時です』(笑)。

(日村勇紀)言ってた(笑)。

(設楽統)こういうのも言ってたねー。

(日村勇紀)『どうして朝は眠いんだ?』『うん?昨日、遅かったからじゃない?』ってね。あったなー。

(設楽統)そうそうそう。

(日村勇紀)まあ、楽しんで。申し訳ないけど、いちばん楽しいかもしれないよ。俺たちのところの席。席がもう最高にいいしね。

(設楽統)そうだね。本当だよ。ありがたいよね。生で。でも、生で見てたって言ってもさ、やっぱりしゃべってるからさ、ちゃんと見てないんだよね。

(日村勇紀)まあね。正直ね。しゃべんなきゃいけない部分もあるんだけど。でも、だんだんね。それもなんかわかってくると、いいバランスになるから。

(設楽統)それで、やってみてわかったんだけど。音楽がガンガン鳴っている時はいいんだけど、本当客席にブースみたいなのが作られてたから。あそこ、みんなも見て分かるかもしれないけど、客席の中なんだよね。1階席の後ろの方なんだけど。だから、MCの人がただしゃべっている時とか、あと、静かな感じの曲の時にワーワーしゃべると、会場に響き渡るぐらい俺らの声が・・・

(日村勇紀)そうそうそう。

(設楽統)俺ら、あとさ、耳に自分たちの返しのイヤホンをつけてるの。ほいでマイクを通してしゃべっているから、結構音楽聞きながらさ、誰かとしゃべる時にしゃべりかけられるとさ、『えっ!』みたいなデカい声になるのと同じ状態なのよ。生声で自分の耳で聞いてないから、デカい声でしゃべってるんだよね。結構ね。

(日村勇紀)あとやっぱ持ち前の、舞台で鍛えられたっていう俺たちの地声。届けよう!があるから。

(設楽統)あと音楽鳴っちゃった時って大声でしゃべんないと、本当聞こえないんだよね。

(日村勇紀)本当に聞こえないのよ。

(設楽統)びっくりするぐらいデカい音にしてるんだよね。

(日村勇紀)横の設楽さんの声が聞こえないの。わかんないんだよ。何を言ったか。

(設楽統)だから耳のモニターというか、イヤホンで聞いてるから。自然に声がデカくなっているから。だから、真面目なテンションのところとかで、本当に『しゃべるの、下げてください』ってすげー言われる。それはだから、本番になるまでわからなかった。

(日村勇紀)そうそう。結構ずーっと出されるんだよね。紙で。『ちょっとトーンを抑えましょう』みたいな。

(設楽統)でも、なんでそんなことしなきゃいけないのか、わかんないわけ。

(日村勇紀)最初は。いいじゃん、楽しいんだから。

(設楽統)したら、『結構聞こえます』って。

(日村勇紀)ああ、ごめんなさい・・・って(笑)。

(設楽統)でもさ、俺らも放送してるわけだからね。

(日村勇紀)俺らも仕事だからね、これっていう。

(設楽統)そこはあったよね。本番でね。でもたしかにさ、俺らのすぐ前にもお客さんいるんだけどさ。そりゃあ千倍っていう中をね、勝ち抜いてきて俺らの近くだったら最悪だよね。最悪なのかな?ニコニコしながらやってくれていたけどね。

(日村勇紀)まあでも、ラッキーじゃない?ゲストの方も来るから。こっちにね。そういうの、近くで見れるのはラッキーな部分もあるけれども。

(設楽統)歌とかの時はいいんだけどね。

(日村勇紀)そうそうそう。しかも、盛り上がったところだといいんだけど。演歌とかの落ち着いた時にね、俺たちが意外と『来たよ、おい!』みたいな。

(設楽統)言うと、『うるせーな』みたいな。いや、面白かったなー。

(日村勇紀)たしかにそれはちょっと反省ですね。またやれたらいいけどもねー。超やりてーもん。

(設楽統)そうだね。ああいうところにさ、でもさ、ゲストの人があんなにバシバシ来るのとかもさ。まあ、それは来るとは思ってはいたけどさ。ニューヨーク・ヤンキースのマー君とかが来るとかさ、結構ギリで知ったよね。

(日村勇紀)うん。全く本当に俺たち、知らないんだよね。なんにも。サザンが出ることも知らないからね。俺たち。

(設楽統)本当、知らないんだよ。

(日村勇紀)知らないんだよ、俺たち。本当になにも。みんなと一緒だった。

(設楽統)そうだよ。中森明菜さんが『低気圧で日本を・・・』って時、『低気圧?ああ、そっかそっか』って。そういうのもあんまり知らないんだよ。

(日村勇紀)知らないんだよ。ね。

(設楽統)そりゃ知っておけよって感じ。まあ、天気悪かったけどね。いやー、そんな興奮の中だったよね。

<書き起こしおわり>
    [関連記事]
  1. バナナマン 紅白歌合戦 副音声ウラトークチャンネルを振り返る
  2. バナナマン紅白副音声 SEKAI NO OWARI『Dragon Night』悪ふざけを語る
  3. バナナマン 紅白歌合戦の打ち上げ・舞台裏・ケータリングを語る
  4. バナナマン日村 紅白歌合戦 郷ひろみモノマネ共演とヒム子を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事