爆笑問題太田が感動した 工藤公康 子供野球教室での言葉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

爆笑問題の太田光さんがTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』の中で、元プロ野球選手の工藤公康さんが子供野球教室で子供たちに言った言葉に感動した話をしていました。


(太田光)この間、西武の工藤がね、子供たちに野球を教えてるんだよ。で、野球の良さっていうのはなにか?っていうとね、工藤さん曰くだよ、『野球っていうのは全員が上手くなくてもできるんだよ』っていう。要するに協力してできるんだよっつって。で、子供たちは座っているわけ。

(田中裕二)うんうん。

(太田光)で、野球のあれ・・・『君、野球は?』『僕、まだぜんぜん・・・』って。自信がない子がいて。守備に自信がないっていう子がいて。工藤さんが『じゃあちょっと・・・』っつって。球をピューンって投げて。まあ、割とパシン!と捕るわけ。『おっ、いいじゃない。いいじゃない』ってもう1回ピューンって。で、『もうちょっとスピード出してみようか』って。プシューッつって。

(田中裕二)うん。

(太田光)で、今度だいぶその子に近づくのね。で、『ここで僕がおもいっきり、もっとスピードを出して投げたら、捕れる自信あるか?』っつって。『ないです』っつって。『ないだろ?じゃあちょっと、グラブ構えてみ?』っつって。『捕れる自信ないだろ?』ってピシャーッ!っつったら、そのグラブにパシーン!って入るんだよ。

(田中裕二)おお!

(太田光)で、『要はこういうことなんだ。野球は君がダメでも、こっちがそこに投げれば成立するんだよ』って言うわけ。で、俺それ、『うわーっ、すげーっ!』って思ったら、それ、夢。俺の。

(田中裕二)えっ?夢!?ええええーーーーっ!?

(太田光)すごくない?

(田中裕二)ええーーっ!?夢!?

(太田光)起きて感動してんだよ。すっげー!工藤!とか思ってさ。

(田中裕二)(爆笑)。えっ、夢なの!?すっげーなー!

(太田光)工藤ってやっぱすげーんだ!って思って起きたんだよ(笑)。

(田中裕二)夢(笑)。

(太田光)すごくない?

(田中裕二)すげー!いいね、それ。

(太田光)ね。

(田中裕二)いや、すごいわ。

(太田光)やっぱプロって違うなと思いながらさ。感動して目が覚めた。

(田中裕二)いい夢見たね。それね。

(太田光)いい夢見た。

(田中裕二)なんだ、その工藤。って夢かー!(笑)。あ、そう。

(太田光)その時、清原もいて。

(田中裕二)聞きたいね。その夢。

(太田光)だからその、清原もそうやって子供たちと教えてて。俺は本当心から『あ、よかったなー』と思っているのよ。だからすっごい幸せな状況(笑)。

(田中裕二)幸せな状況。なんだろうね?なんか西武に思い出があるんだろうね?

(太田光)別にないんだけど。なんでそんな夢見たんだかわかんないんだけど。

(田中裕二)へー!すごいね。いいなー、その夢。あ、本当にありそうな気がするしね。

(太田光)すごいよね。

(田中裕二)ね。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする