マキタスポーツが語る 田原俊彦『It’s BAD』の魅力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

マキタスポーツさんがTBSラジオ『東京ポッド許可局』で田原俊彦さんの『It’s BAD』をかけ、その魅力について語っていました。


(サンキュータツオ)ここで1曲。今週はマキタ局員の選曲です。

(マキタスポーツ)はい。まずはこちらをお聞きください。



(マキタスポーツ)この曲はですね、田原俊ちゃんの『It’s BAD』という曲なんですよね。

(プチ鹿島)やっぱり!

(サンキュータツオ)知らないわ、俺。

(マキタスポーツ)あ、知らない?これね、80年代後期にですね、トシちゃんが全盛期にリリースした曲なんですけど。久保田利伸さんが作曲していて。

(サンキュータツオ)ええっ!?すごい。

(マキタスポーツ)爆発的なこの歌唱力。で、すごいじゃないですか。トシちゃんって。僕ね、トシちゃんってすごく芸能界の中で貴重な芸能物としてですね。で、いま本当に開き直って、すごく面白いことになってるじゃないですか。この間、ガキの使いかなんかに出てて。『なーやみごとーはなんにもない♪』って歌ってて。人様が作った、自分のからかわれたネタをあっけらかんにやっていて。大爆笑してしまったんですけど。今日、トシちゃんは全部味にしているところとか、やっぱりすごいところですね。

(プチ鹿島)いや、だから80年代。僕の大まかなイメージでやっぱり男でトシちゃんがいて、対で松田聖子がいて。どっちも大ボケというか。突っ込まれても王道。だからすごい時代だったですよね。

(マキタスポーツ)そうですよね。だから『It’s BAD』という曲がですね、たしかね、歌謡番組で見たんですけど、いちばん最初に出てきた時にね、ラップを歌謡曲に持ち込んだ、これかなり先駆けの曲なんですよ。

(サンキュータツオ)あ、そうなんだ。

(マキタスポーツ)『BAD BAD BAD BAD♪』はいいですよ。その後に、『ド!レスの色をッ♪』ってやった時に俺、『あっ、ヤバい!』って思って。俺、布団かぶっちゃったんだから。

(プチ鹿島)(笑)

(マキタスポーツ)かぶっちゃったんだけど・・・

(サンキュータツオ)それでも、久保田利伸さんがそれをいち早く導入したというか。

(マキタスポーツ)で、久保田利伸さんは作曲で関わっているんですけど。後々、久保田利伸さんがセルフカバーで歌っているのを見たんですけど。めちゃくちゃやっぱりラップ上手いんですよ。グルービーですよ。もう、めちゃくちゃかっこいいんですけど、物足りないんです。



(プチ鹿島)なるほど。

(サンキュータツオ)もうこの薬味が乗っちゃってるから。トシちゃんの。

(マキタスポーツ)完全にトシちゃんのそういう味を知っちゃったから。もう物足りなく感じるっていう。変な逆転現象みたいなのを味わうことになるんですけど。これは歌謡の人でも芸能人の中でも、かなり埋もれてしまっているんですが。ちょっと評価したいということで紹介しました。

<書き起こしおわり>