テリー伊藤・玉袋筋太郎が語る 元気が出るテレビ早朝バズーカ企画

シェアする

テリー伊藤さんがTBSラジオ『小林悠たまむすび』にゲスト出演。玉袋筋太郎さんと天才たけしの元気が出るテレビの名物企画、早朝バズーカについて語っていました。

天才・たけしの元気が出るテレビ !! DVD-BOX (初回生産限定)

(テリー伊藤)ねるとんとか、ああいうの。大学時代にやってたんですよ。

(玉袋筋太郎)もうすでにやっていた。

(テリー伊藤)もうすでに自分ではやっていたの。

(玉袋筋太郎)それを焼きなおして。うまく成功させたと。

(テリー伊藤)そうなのよ。それ、いちばん最初に僕がやったのは、元気が出るテレビでやったんですよ。たけしさん。たけしさんがまた・・・

(玉袋筋太郎)でもね、伊藤さんのその企画も最高ですよ。早朝バズーカとかね。

(テリー伊藤)早朝バズーカ。

(玉袋筋太郎)このね、早朝バズーカって、人が寝てるんだよ。タレントが。そこに行ってね、バズーカを持ってって、ドカン!って撃つわけですよ。でもその早朝バズーカを考えたのがテリーさんなんだけど。そのヒントが早朝ソープっていう。これ!

(小林悠)(笑)。そうなんですってね。

(テリー伊藤)知ってる?早朝ソープって。

(玉袋筋太郎)(笑)

(小林悠)そういうことを早朝にするんですか?

(テリー伊藤)そうです。

(玉袋筋太郎)だから風俗営業法があって。風営法が改定されて。

(テリー伊藤)風俗っていうのは夜やっちゃいけないんですよ。だから、日の出から日の入りまでって。でも、一応だから、12時までなんですよ。いまでもそうですよ。だからやっちゃいけないんですよ。ただ、早朝からはできたんですよ。

(小林悠)不思議ですね。

(テリー伊藤)僕、新聞見てて。早朝なんてね。どういうイメージある?

(小林悠)すごく、なんだろう?コーヒーとかクロワッサンとか。

(テリー伊藤)でしょ?だからどっちかっていうと、TBSラジオよりはFMのJ-WAVEとかのイメージがするでしょ?そういうイメージ、するじゃない。そこなんだよ!なんだ、こんな爽やかな『早朝』っていうところに『ソープ』というものを持ってきたんだ!って。まさに、カツ味噌汁なんですよ!

(玉袋・小林)カツ味噌汁!

(テリー伊藤)爽やかなね、本当だったらわかめのところにカツが入って。ギトギトになっちゃって。衣がはがれちゃうんだから!ものすごいことになってんだよ!だからね、これはもう早朝ソープ。このミスマッチ。いちご大福に通じる。あれもミスマッチでしょ?

(小林悠)いまじゃ普通ですけどね。

(テリー伊藤)考えた人、すごいじゃないですか。よし!これは早朝ソープに負けないもの、ないか?そしたらもう、早朝バズーカしかない!って。

(玉袋・小林)(笑)

(テリー伊藤)あと、もう1個考えたの。『早朝釜山港へ帰れ』。

(玉袋筋太郎)(笑)

(テリー伊藤)下らないでしょ?いいでしょ?

(玉袋筋太郎)くだらねー(笑)。早朝釜山港へ帰れ(笑)。

(テリー伊藤)知ってる?釜山港へ帰れって。

(小林悠)歌ですよね?

(テリー伊藤)チョー・ヨンピルさんですよ!

(小林悠)なんでそれが早朝なんですか?

(テリー伊藤)あんな釜山港へ帰れなんてさ、あんなの朝から歌う歌じゃないぜ。それこそ、玉ちゃんのスナックで11時ぐらいから歌う歌だよ。だれが歌うよ、朝起きた瞬間に!釜山港へ帰れなんて。バカじゃないの!

(玉袋筋太郎)(笑)。くだらねー。

(テリー伊藤)早朝釜山港へ帰れ(笑)。面白いでしょ?

(玉袋筋太郎)面白い!これですよ!

(小林悠)じゃあ、寝てる人の横で釜山港へ帰れを歌う。

(テリー伊藤)釜山港へ帰れを20人ぐらいで歌うんですよ。ぜんぜん朝、目覚めがよくないんですよ。

(玉袋筋太郎)早朝ヘビもあったからね。早朝蒸しタオルも。早朝ニードロップっつーのも(笑)。ストロング金剛さんがいきなりニードロップしてくるって(笑)。

(小林悠)(笑)

(テリー伊藤)面白いよな!

(玉袋筋太郎)おもしれー。そうなんだよ。

<書き起こしおわり>