スポンサーリンク

吉田豪 ゴーストライター問題で伊集院光・爆笑問題太田と対決した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

吉田豪さんがbay fm『with you』の中で松本ともこさんに、地上波で伊集院光さん、爆笑問題太田光さんと佐村河内ゴーストライター問題で対決した話を語っていました。

日本人なら知っておきたい 佐村河内守氏 謝罪会見全文

(松本ともこ)この2週間はいかがですか?寝てますか?

(吉田豪)寝てますよ。地上波に出たりとかしましたね。

(松本ともこ)見損なっちゃった。なに?

(吉田豪)ええとですね、突然。急遽呼ばれて急遽オンエアーされたような、『ゴーストライターは是か非か?』みたいなやつで。僕が賛成派で。

(松本ともこ)賛成派?

(吉田豪)まあ、『賛成派で出てくれ』って言われたのもあるんですけど。『全然いいですよ』って。問題はだから、反対派が爆笑問題も太田さんと伊集院光さんと、あと弁護士の人と。要は3対1ですよ。

(松本ともこ)(笑)

(吉田豪)勝てるわけ、ないじゃないですか。そんなもん。で、お客さんがジャッジするんですけど、お客さんがどっち味方するか?わかってるじゃないですか(笑)。そんなもん。ロクに知らない人間が、社会的によくない主張をするっていう(笑)。

(松本ともこ)それでよく行きましたね。

(吉田豪)行きますよ。そりゃあ。その2人と共演はしたいんで、喜んで行きますよ。行きましたけど、勝てるわけがないし。案の定、負けました(笑)。

(松本ともこ)案の定(笑)。お疲れ様でした。そうですか。

(吉田豪)知名度ない人間が3・1でやった割にはがんばったっていう(笑)。それなりには爪痕を。

(松本ともこ)まあ、そういう部分も必要だってことを一生懸命訴えたんだね。

(吉田豪)まあね。

(松本ともこ)たとえば書く仕事をしていればね。

(吉田豪)ねえ。最近、本当に厳密すぎるじゃないですか。いろんなものが。アドリブで思いついた話で、その時言ったのがだからゴーストライターのタレント本って。タレント本、9割がそうじゃないですか。で、それってプロレスみたいなものであって。伊集院さんと太田さんは本人が書いているから、『俺はガチでやってんのに、プロレスと一緒にすんな!』で怒るのはわかるんです。怒るのはわかるけど、だからってプロレスがどういうものか、はっきりしろ!ってすごいみんなが言っているっていうか。クレジットをきっちり載せろ!とか。要はプロレスがどういうものかをはっきりカミングアウトしろ!ってみんなが迫っている状態に見えて。

(松本ともこ)うんうん。

(吉田豪)いいじゃん!っていう(笑)。はっきりする人がいてもいいけど、そうでないところが大半でいいじゃんっていう。なんかね、厳しい時代だなあっていう話を。

(松本ともこ)そういうところがあってもいいじゃんっていう主張をしたんですね。3対1で。がんばったんだ(笑)。

(吉田豪)(笑)。大変でしたよ。

(松本ともこ)大変な地上波にお出になったとは。そうか。お疲れ様でございました。

(吉田豪)しかも、佐村河内会見があったから、急遽オンエアーが早まって。ロクに告知もされないままっていう。

(松本ともこ)知らなかった。見損なっちゃった。そっか。そんな吉田豪さんです。

<書き起こしおわり>

日本人なら知っておきたい 佐村河内守氏 謝罪会見全文
ゴマブックス株式会社 (2014-03-11)
売り上げランキング: 28

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする