西寺郷太と小西康陽 知り合ってから現在までの思い出を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

小西康陽さんがTBSラジオ『西寺郷太TAMAGO RADIO』にゲスト出演。まずはお二人が知り合ってから現在に至るまでの様々な思い出話をされていました。

アイドルばかり聴かないで

(西寺郷太)ここからは『音楽教えてカパチ先生』。毎週ゲストをお迎えして様々な角度から音楽の魅力を掘り下げていくコーナーです。今夜のゲストは音楽家の小西康陽さんです。よろしくお願いします。

(小西康陽)よろしくお願いします。

(西寺郷太)あの、大声出してすいません(笑)。一応、大声出す前に謝る人もいるんですけど(笑)。同期の仲間とかは単純にびっくりさせるんですけど。はい。今回は来て頂いて非常に喜んでおります。

(小西康陽)こちらこそ。光栄です。

(西寺郷太)あの、最近で言うとNegiccoというアイドルグループの曲で小西さんが曲を書かれたり、僕が曲を書いたりっていうのがあるんですけど。今日は最初のあたりの出会いというか。知り合った頃の話からちょっと導入しながら、小西さんが小学生ぐらいの頃からいまに至るまでの、その膨大だと思うんですけど、いろんな影響を受けた音楽なんかについて話してもらおうかなと思っております。よろしくお願いします。

(小西康陽)よろしくお願いします。

(西寺郷太)いちばん最初は、お仕事という意味では『DJ!DJ!』のリミックスですよね。あの時、僕らもこういう言い方するとあれなんですけど、『やってくれるかな?やってもらえるんだろうか?』って思ってオファーをさせてもらったんですけど。そしたら快く引き受けてくださって。駒沢のハートビートっていうスタジオで。

(小西康陽)そうそう。あん時さ、メンバーの人みんな来ちゃって。びっくりしちゃって。

(西寺郷太)ああ。あんまり来ないんですか?

(小西康陽)ぜんぜん来ないことの方が多いですよ。

(西寺郷太)リミックスとか。あれ、なんだったんでしょうね?なんか最後に確認っていうか。『聞きに行っていいですか?』ってなったんですかね。

(小西康陽)ですかね?いや、結構ずっといたよ。小松さんとか(笑)。

(西寺郷太)小松?単純に興味あったんだと思います(笑)。あの、なによりもスタジオが割りと好きな。後ろで見てたいみたいな。たぶんでも、小西さんもリスペクトする先輩のスタジオとかね、そういう興味あると思うんですけど。たぶんもしかしたら僕らも。なんか秘密を知りたいと思って行ったのかもしんないですけど。アッパーな曲で。ちょうどあの頃、ピチカート・ファイヴ。小西さんの組まれていたピチカート・ファイヴとYOU THE ROCK★さんも、同時に『東京の合唱』っていう曲を録られてましたもんね。

(小西康陽)そうですね。

(西寺郷太)あの同時期にいろいろ。さっきの深田(恭子)さんの曲もそうですけど。2000年から2001年あたりとかに知り合わせていただいて。でもいちばん僕が覚えているのは2年前ぐらいに、僕の誕生日の『郷太祭り』っていうのに、これもまたダメ元でというか、『出てくれませんか?』ってオファーしたら、『いいよ』って言ってくださって。岡村靖幸さんと一緒に小西さんも(笑)。もう三宿WEBが超満員で。

(小西康陽)そう。すごかった。あれは。

(西寺郷太)楽しい夜で。すごいあれは感謝してるんですけど。

(小西康陽)なんか気軽にDJするつもりで行ったら、超満員で(笑)。『しまった!』みたいな感じになって。

(西寺郷太)いやいや。それで『DJ!DJ!』をかけていただいて。その時も。楽しい夜だったんですが。

(小西康陽)僕の12インチシングルは郷太くんのサインが入ってますよね。

(西寺郷太)あれもびっくりしたんですけど(笑)。新宿のOTOでDJをしている小西さんのDJかなにかを見に行った時に、小西さんから僕にレコードを持ってきてくれて。

(小西康陽)そうそう。いや、あれはね、たしか新木場の。

(西寺郷太)新木場?コースト?

(小西康陽)コースト。

(西寺郷太)あ、そうでしたっけ?

(小西康陽)そうそう。ミッツィーさん仕切りのさ。

(西寺郷太)あ、ミッツィーさんの。申し訳ないと改め、男子音楽厨房を始めたDJのミッツィーさん。あ、そうですか。そっかそっか。何度かあの後、クラブではお会いすることもあるんで。ちょっと記憶が混ざってますけども。それで、まさにミッツィーさんの流れの中でここ最近のお仕事の話とミックスしてくるんですけど。新潟でミッツィーさんがやられていたPLANETというクラブに小西さんは2年ぐらい前に呼ばれて。それでそこで・・・

(小西康陽)connieさんと会い。

(西寺郷太)connieさんという。この番組にも出ていただきましたけど。Negiccoのプロデューサー。それで、曲を作る。connieさんは、これ、ちょっとややこしいですけど。connieさんは小西さんの大ファンなんですよね。本当に、ピチカート・ファイヴだったり。で、僕、NONAのこともすごく好きだと言って。それで彼が曲をそれぞれにたのむというような流れの中で、2013年。シングルを出すということがありまして。

(小西康陽)そうですね。

(西寺郷太)ただあの、聞くところによると、小西さんは去年、映画をすごく見られていて。本当にこのNegiccoの『アイドルばかり聴かないで』というさっきも説明したこの曲とか。結構作品数をあまり、リリースが少なかった年だったって自分で文章書かれているのを見たんですが。

(小西康陽)うん。ほとんど仕事しなかった。

(西寺郷太)なんか、映画を500本以上見たって(笑)。

(小西康陽)そう。

(西寺郷太)聞いたんですけど。すごいですよね。500本ということは、1日に2本とか3本見る日もあるってことですよね?

(小西康陽)でしたね。

(西寺郷太)ほー!大学生の頃、よく映画を見られていたという話はよく本に書かれてますけど。

(小西康陽)うん。で、逆に音楽の仕事をするようになってから、全く見に行かなくなっちゃって。僕、家でもぜんぜんDVDとか見ないから。だから本当に久しぶりに映画見ました。

(西寺郷太)でもなんか、それも読んだんですけど。『家にそういう映画チャンネルがあると危ない』って(笑)。

(小西康陽)そう。危ない。

(西寺郷太)ずっと見ちゃうから。危険だから導入してないっていう話も聞いたことがあるんですけど。いや、そういう流れの中で、去年。この曲を作られたということですよね。まずこれ1曲、紹介してもらっていいですか?

(小西康陽)はい。じゃあNegiccoで『アイドルばかり聴かないで』。



<書き起こしおわり>
    [関連記事]
  1. 西寺郷太と小西康陽 知り合ってから現在までの思い出を語る
  2. 小西康陽のアイドル楽曲プロデュース術 NEGICCOと深田恭子を語る
  3. 小西康陽が語る 自身の音楽ルーツと滝廉太郎『花』
  4. 小西康陽 ビートルズ『YESTERDAY』とポール・マッカトニーを語る
  5. 小西康陽の作詞術『自分で作った曲の作詞はゼロ秒・推敲はしない』
  6. 小西康陽の作詞術『歌詞カードを見なくてもわかる曲にする』
  7. 小西康陽が語る 少女時代『GEE』と掟ポルシェのDJのスゴさ
  8. 小西康陽と西寺郷太 NEGICCOプロデューサーCONNIEについて語り合う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする