スポンサーリンク

吉田豪・松本ともこ ストリームと小西克哉の思い出を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

吉田豪さんと松本ともこさんがbayfm『with you』の中で、TBSラジオ『ストリーム』と小西克哉さんについて思い出を語っていました。


(松本ともこ)この2週間はいかがでしたか?

(吉田豪)『人間コク宝サブカル伝』というね、新刊が発売されまして。

(松本ともこ)大好評だそうですよ。

(吉田豪)大好評ですかね。後書きでマッピーの名前も出てきますよ。

(松本ともこ)本当!?ちょっとー!怖いんだけど!

(吉田豪)小島慶子さんの話の流れで。正直、水道橋博士と町山(智浩)さんが総括してくれてるんですけど。どうも『小島さんは理解できなかった』みたいな話の流れで、僕が『同じ女性でもマッピーは理解できるんですよ』って言って、町山さんが『松本ともこさんは面白かった。俺が下さないギャグを言うと、小西(克哉)さんがヒヒッ!と笑って、松本さんがイヤー!っていう。あれが最高の展開だったのよ!』っていう。

(松本ともこ)ヒヒッ!と笑って、イヤー!っていうってさ。

(吉田豪)まあ、下ネタとかですよね。

(松本ともこ)聞いたことが無い方にとっては、私ってどういうことを・・・この・・・

(吉田豪)いや、いいリアクションを取ってくれていたっていう。

(松本ともこ)(笑)。でもさ、それが全部生放送で。その場でしかわからないことが次々起こるわけですよ。毎日。その中で起こったことだから、いま振り返ると、汗が出る(笑)。

(吉田豪)まあでも、最高のキャッチボールができていたっていう風に、当時のストリームを知っていた人たちが評価してるっていう。おめでとうございます!っていうね。

(松本ともこ)いやー、昨日だってデイ・キャッチ!聞いてましたよ。

(吉田豪)なんでこんな他局の話を(笑)。

(松本ともこ)まあ、小西克哉さんは本当素晴らしいジャーナリストですから。酔っ払らいのおじさんのところも、ふんだんに盛り込まれているので。

(吉田豪)酒飲んでのインタビューでね。酔っぱらい部分しか出てないですからね。

(松本ともこ)でも、飲んでインタビューする設定っていうのは、豪ちゃんが考えたんですか?

(吉田豪)いや、なんか飲みたいって向こうが言ったんで(笑)。

(松本ともこ)飲みたい!?インタビューされるんだから、ちゃんとしていけばいいのに!

(吉田豪)印象的なのが、当時松本ともこさんと僕が一緒にやっていた番組の最終回で、マッピーが感極まって泣いた時に、小西さんがそれを見て爆笑したんですよ(笑)。

(松本ともこ)最終回でね(笑)。

(吉田豪)人として酷いっていう(笑)。

(松本ともこ)酷かったなー。もう私、あれからね、かなりね、いろんな自分にとっての大事な番組とかそういう時、涙が出ない女になって。あれ、最後。

(吉田豪)なるほど。また笑われるんじゃないか?って(笑)。

(松本ともこ)(笑)。また笑われるんだったら、泣かない女になっちゃいました。

(吉田豪)その話をつっこんだら、小西さん、『俺はね、親が死んだ時だって泣かなかったんだよ!』って。

(松本ともこ)酷い(笑)。またそんなこと、言ってるの?

(吉田豪)面白い。

(松本ともこ)あの、人間コク宝サブカル伝も、本当でも・・・アンディ(安東弘樹)も出てるし。

(吉田豪)TBSの安東アナね。

(松本ともこ)そう。他局の話ばっかり(笑)。

(吉田豪)狂ってますよー。この人も。ほぼTBS批判とかしてますから。

(松本ともこ)あ、そう。アンディは私、本当大好きだから。

(吉田豪)真面目をこじらせておかしくなった人ですね。すごい面白い。

(松本ともこ)(笑)。でも立派じゃない。立派にやっている。いや、まあちょっと帯をね、取ったところにもすごい人がいる。

(吉田豪)帯を取ると犯罪者がいっぱい出てくるんですよ(笑)。

(松本ともこ)ちょっとちょっと!そういうことを言わない!出した方にも失礼じゃないですか。

(吉田豪)前科のある方々ね。

(松本ともこ)そうね。ある方がね。是非。この続きはもう、生放送では語れません!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする