マツコ・デラックス 志村けん・さんま・ダウンタウンとの共演を語る

シェアする

マツコ・デラックスさんがTBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』に出演。いままで共演してきた志村けんさんや明石家さんまさん、ダウンタウンさんなどについてこのように話していました。


(山里亮太)(リスナーからのメールを読む)『マツコさんが共演する際に、いまだに緊張する人は誰ですか?』。います?

(マツコ・デラックス)いや、いるよ。私、山ちゃんともあくまでもエンターテイメントですからこうしてるけど。私は芸人さんと共演する時はすごい緊張してるよ。

(山里亮太)なんでですか?

(マツコ・デラックス)それはやっぱり芸人さんの・・・今日はさ、山ちゃんとこういうテイでやってるから、『引き出し禁止』とかさ。そういう風なノリでやっちゃってるけど。『引き出し禁止』なんて言えない。普通。それはやっぱり芸人さんのずっと培ってきたルールとかさ、美意識とかさ、様式美みたいなのがあるわけじゃない?それを崩してまで自己主張したいと私、思わないのよ。

(山里亮太)はー。たしかにすごい気を遣ってくれているっていうか。すごい芸人さんを愛してくれてるっていうか。

芸人へのリスペクト

(マツコ・デラックス)私は芸人さんに対してはリスペクトがあるから。だからできるのよ。だから、別にそんななんか番宣に来た女優に合わせようとかは思ってないわよ。それはだから別に女優さん・・・もちろん好きな女優さんもいるけど。別に女優という職業に対して芸人という職業ほどリスペクトはないから。それはだから緊張せずにいられるわけよ。どんなすごい女優さんとか来ても。

(山里亮太)はいはい。

(マツコ・デラックス)でも、芸人さんはね。やっぱりだから、それこそ志村けんさんとバカ殿でツーショットでコントやった時とか、自分でもビックリしたんだけどカットかかった後、泣いちゃった。

(山里亮太)えっ!?

(マツコ・デラックス)たぶん緊張しててだと思うんだけど。

(山里亮太)開放されて?へー!

(マツコ・デラックス)あと、志村けんと2人だけでコントやってる!っていうのが急にこみ上げてきちゃって。あと、さんまさんとだって『ホンマでっか』、もう何年もやらしてもらってるけど。ここ最近よ。緊張しなくなったの。いつさんまさんにふられるか?とか、もうドキドキしてやってた。

(山里亮太)はー!

(マツコ・デラックス)だからずーっと見てくださっている方はわかると思うけど、私最初口数少なかったと思うのよ。たぶんね、ギャラに見合ったこと、やってなかった。最初は。やっと最近、自分で何かいうことが怖くなくなってきた。たとえちょっとそれが失敗しちゃったなと思っても、心をくじくことなく次に行けるようになってきた。

(山里亮太)へー!

(マツコ・デラックス)前は、1回しくじっちゃうと、もう黙っちゃってたもん。

(山里亮太)さんまさんの前でしくじっちゃった!ってことですか?

(マツコ・デラックス)あと、さんまさんのそういう流儀みたいなものを私が崩してしまったっていうのがね、すごい怖くて。それこそだから、『笑ってはいけない』とかも、もう7年ぐらいださせてもらっているけど。あれだって最初、やっぱり・・・ダウンタウンを笑わせなきゃいけないっていう。もう最初とか本当、残尿感がすごくて。何度おしっこ行っても、もう。大変だった。最初は。

(山里亮太)緊張しまくって。この前なんかもね、何個も變化して。コントやったり。

(マツコ・デラックス)だからあれ、収録がのびちゃったから1個カットになったんだけど、私本当は4つやる予定だったのよ。だけど結局、3つだったけど。もう、ほとんど素顔を晒したのよ。私。それぐらいのことをさ。もう7年もやっていると、たいがいのことをやっても笑ってくれないから。次、じゃあもうチンコ出すしかないのかな?みたいな。

(山里亮太)(笑)

(マツコ・デラックス)もうすごい・・・毎回怖い。あのシーズンになってくると、それこそ電波少年みたいなものよね。『うわっ、ディレクター来た!』みたいな。

(山里亮太)お決まりの人がいるんですか。

(マツコ・デラックス)だからもう必ず、『もう今年はやりたくない』って言って。『いや、やってください』から始まるのよ。結構だから、芸人さんに対してはそうよ。

(山里亮太)で、やっぱり笑ってはいけないでもホンマでっかでも、自分がさんまさんとかダウンタウンさんとかが笑った時、快感みたいなの、あるんですか?うれしいな!って。

(マツコ・デラックス)そんな余裕はないわよ。

(山里亮太)安堵みたいな感じですか?

(マツコ・デラックス)うーん・・・安堵というか、なんにも感情がない。もう。また次、行かなきゃ!っていうのがあるから。だから1回、さんまさんがなんかすっごいそこにいるメンバー。先生方も含めて全員がすっごい完全なスタイルを構築した日があったのよ。そん時にさんまさんが『これ、バルセロナみたいやな』って言ってくれたの。サッカーの。

(山里亮太)はー!はいはいはい。

(マツコ・デラックス)トスを出して、アシストをして、ゴールしてっていうのがたぶんさんまさんの中でその日は完璧に見えたんだろうね。それを言ってくれた日は、家に帰って泣いた。ああ、やっとなんか・・・何年かかったんだろう?3年・4年やって、ああ、その言葉、やっともらえた!っていうのがあって。

(山里亮太)へー!

(マツコ・デラックス)意外とあれよ。ちゃんと仕事してんのよ。

(山里亮太)いえいえ、僕は何一つ疑ってないですよ。

(マツコ・デラックス)なんか好き勝手にべらべらしゃべって、ギャラ泥棒みたいにどうせ思ってるだろ?

(山里亮太)思ってませんよ!

(マツコ・デラックス)意外と私、あれよ。小心者よ。

(山里亮太)いや、でも好き勝手に言っている時もあれば、そういう時もあるんですね。芸人と一緒になる時はそうなっちゃうんですね。

(マツコ・デラックス)芸人さんの時はそうだね。

(山里亮太)じゃあ、一緒にホンマでっかやっているブラマヨさんとか、どうですか?どうっすか?っていうのはあれですけど。

(マツコ・デラックス)すっごいわよ。すごい。私、だからさんまさんがいてくれて。で、横にいる女もさ、島崎和歌子と磯野貴理子でしょ?そいでブラマヨさんじゃない。あれはスキル、上がった気がする。あの番組をやってて。ただただフリートークをするだけじゃない、間合いだとか掛け合いだとかっていうものを勉強させてもらった。すっごい人たちだからさ。で、あの先生方もあれでしょ?だからもう戦場に行くみたいな感じで。本当に、もういまだから言えるけど、ホンマでっかの収録の時、憂鬱だったもん。毎回。

(山里亮太)あ、そうですか!

(マツコ・デラックス)怖くて。最近やっと、ちょっと楽しめるようになってきた。やっぱりすごいよ、もう。磯野貴理子とかがなんか・・・ウワーッ!ってなってると、ついていくのが・・・いま、あれよ?名詞として『磯野貴理子』って言っただけで。私、いつもは『貴理さん』って呼んでるわよ。

(山里亮太)ああ、もちろん。

(マツコ・デラックス)やっぱりほら、ちょっとついていくのが大変だったよ。最初。あと、ブラマヨさんがポーン!と入れちゃうから。もうその後に私は何にも言えなくなるわけよ。いまはそのブラマヨさんが言ったことに対して、『なんだコノヤロー!』って言えるようになったけど。それをこう、崩しちゃいけない。で、さんまさんがどう出るか?も見なきゃいけないっていうのがあるから。そこに入って行けなかったのよね。最初。

(山里亮太)はー!

(マツコ・デラックス)だからもう、やっと最近。あの小杉さんとか吉田さんが言ったことに対して、クサしたりすることがようやくできるようになってきたぐらい。

(山里亮太)へー!僕も、2・3度ホンマでっか、お邪魔させてもらったんですけど。まあ、ぜんぜん動けないですね。もう。あそこは。ガッチリきまってて。

(マツコ・デラックス)ちょっともう、すごいね。もうずっとやってるからっていうのもあるけど。さんまさんとブラマヨさんと貴理さんか和歌ちゃんと私っていうのの役目みたいなのがだんだんわかってくるじゃない?芸人さんじゃないけど、ちょっと芸人さんの世界に足を踏み入れることができたような喜びはあれで感じる。

(山里亮太)たしかにあそこでちゃんとウケて、亀高さんに褒められた時はうれしかったもんなー。僕も。でも1回だけなんだよな、それが。すごいですもんね。

(マツコ・デラックス)亀ちゃん、褒めてるよ。

(山里亮太)本当ですか?亀高さんも言ってくれたらいいのに。

(マツコ・デラックス)『今日、山里おもしろかったー!』とか、楽屋で言ってるよ。

(山里亮太)あら!すいません(笑)。

(マツコ・デラックス)でも、半分は怒ってるよ。

(山里亮太)そうなんだ・・・やっぱ怒ってるんだ。結局。

(マツコ・デラックス)半分なんだからいいじゃないのよ!

(山里亮太)そうですよね。半分褒められて。

(マツコ・デラックス)そうだよ。

(山里亮太)すいません(笑)。

(マツコ・デラックス)いえいえ。

<書き起こしおわり>
マツコ・デラックスが語る 5時に夢中!が奇跡的番組である理由
マツコ・デラックスさんがTBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』に出演。ご自身が長年コメンテーターをつとめる5時に夢中!について、このように語っていました。 (山里亮太)...