V6井ノ原快彦が語る少年隊伝説 初対面時に度肝を抜かれた出来事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

V6の井ノ原快彦さんがTBSラジオ『Music24/7 西寺郷太TAMAGO RADIO』にゲスト出演。初めて少年隊と会った時に起きた、度肝を抜かれた出来事を語っていました。


(西寺郷太)いや、面白い話がね、多々あるんですけど。これ、いまいい話をいっぱい聞かせてもらいましたけど。どうしましょうかね?1曲。こっちをかけましょうか。せっかくなんでこの曲を。影響を受けた曲ということで。

(井ノ原快彦)じゃあちょっと聞いていただきましょう。少年隊で『バラードのように眠れ』。



(西寺郷太)はい。少年隊で『バラードのように眠れ』。これは井ノ原くんの選曲リストでこれがあがってきたんですけど。

(井ノ原快彦)『ため息でスピンして せつなさでターンして』。あれがすっごい残っていて。子供の時に。

(西寺郷太)これはまだ、本当に入る前ですよね?好きだったころですよね?

(井ノ原快彦)そうそう。姉が聞いていて。『ちょっと、もう1回聞かせて』って。何回も聞いたのを覚えていて。だから初めて会った時に、『あっ、この人たちか』って思って。

(西寺郷太)どうだったんですか?初めて少年隊に会った時っていうのは。

(井ノ原快彦)もう、ものすごい強烈に残ってますよ。あのね、その時に少年忍者って人たちがバックダンサーをやってたんですけど。東山くん・・・長くなるけど?

(西寺郷太)あと5秒ぐらいなんで、あとでしゃべってもらっていいですか?はい、井ノ原快彦さんにはこの後も引き続き、お付き合いいただきます!

(CM明け)

(西寺郷太)その少年隊のメンバーと初めて会った時の話、短くしていただけますか?

(井ノ原快彦)あとどれぐらいあるんですか?

(西寺郷太)あと・・・50秒。

少年隊 東山紀之VS忍者 高木延秀のバク宙対決

(井ノ原快彦)それが、少年忍者っていうのに高木くんっていう人がいたんだけど。とにかくバク転の高さが自慢の人だったんですよ。高木くんと東山くんが天井にバク宙した時に足がつくか、つかないか?っていう勝負をしてたんですよ。

(西寺郷太)ええーっ!?最初に会った時に?すごいね(笑)。お侍さん?(爆笑)。

(井ノ原快彦)『刀を抜け!』みたいな感じで。で、高木くん、バーン!って。天井に足がついたんですよ。

(西寺郷太)ええっ!?

(井ノ原快彦)むちゃくちゃ高かったんですよ。で、『負けたよ!』って。東山くんも相当高かったんですけどね。それを目の前で見たのが。

(西寺郷太)あ、東山さんに勝ったんですね。

(井ノ原快彦)勝ったんですよ。

(西寺郷太)へー!ちょっと続きも聞かせてもらいますけど。

(CM明け)

(西寺郷太)いやー、でもさっきの話もすごいですけど。そんな勝負をするっていうね。バク転。

(井ノ原快彦)もうバブルの時って、みんなおかしかったんだろうね。

(西寺郷太)バブル、関係ないんじゃないですか(笑)。

(井ノ原快彦)(笑)

(西寺郷太)でも、それこそ少年隊のやっていたドラマとかでも、錦織さんがずーっとバク転で。それこそ50メートルぐらいドドドドドッ!って競争して。みんなでやったりとかするね、シーンとかがあったりするから。

(井ノ原快彦)おかしいよね。むちゃくちゃインパクトがあったよね。昔ってね。

(西寺郷太)ありましたよ。あの運動能力の高さといいますかね。

(井ノ原快彦)ハンパじゃないですよね。

<書き起こしおわり>

    [関連記事]
  1. V6井ノ原快彦と西寺郷太 少年隊・錦織一清を語る
  2. V6井ノ原快彦・西寺郷太 平家派について語り合う
  3. 西寺郷太が語る V6井ノ原快彦と初対面した時に心を掴まれた理由
  4. V6井ノ原快彦と西寺郷太 アルバム『Oh! My! Goodness!』を語る
  5. V6井ノ原快彦 音楽的ルーツを語る『好きなレーベルはURC』
  6. V6井ノ原快彦 ジャニーさんとマイケル・ジャクソンBADツアーを見た話
  7. V6井ノ原快彦が語る少年隊伝説 初対面時に度肝を抜かれた出来事
  8. 西寺郷太が井ノ原快彦に語る V6の魅力と楽曲提供する際に考えること
  9. V6井ノ原快彦おすすめ曲 藤真利子『花がたみ』
  10. V6井ノ原快彦 西寺郷太邸でマイケル・ジャクソンの兄と遭遇した話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする