V6井ノ原快彦 ジャニーさんとマイケル・ジャクソンBADツアーを見た話

シェアする

V6の井ノ原快彦さんがTBSラジオ『Music24/7 西寺郷太TAMAGO RADIO』にゲスト出演。ジャニーズ事務所に入ったばかりの頃、マイケル・ジャクソンのライブに行った思い出などを語っていました。


(西寺郷太)ちょっと、1コーラスずつですけど、井ノ原くんがジャニーズに入って、後ろで踊っていたという曲。思い出の曲ということで選んでもらった。ちょっと短いですけど、聞いてもらいますかね。

(井ノ原快彦)いいですね。光GENJI『ガラスの十代』。



(西寺郷太)はい。

(井ノ原快彦)最っ高だね、この曲ね。

(西寺郷太)この曲、最高なんですけど。イノッチの紹介っていうのが、また深みがありますよ。踊っていたわけでしょ?ギリギリ踊ってない?

(井ノ原快彦)これはね、6年生ぐらいだったんで。テレビ出れなかったんです。だいたい9時ぐらいから。

(西寺郷太)ありました。ありました。そういうルール。光GENJI自身が出れませんでしたからね。あの2人。僕と同じ年なんですよ。赤坂(晃)さんと佐藤(敦啓)さんは。だから出れなくて、2人だけ昼間撮ってたりね。ありましたよね。

(井ノ原快彦)そうそうそう!ありましたよね。すっごい!なんか音楽って、一気にそっち戻っちゃうね。その年代に。

(西寺郷太)だけどでも、特にそれはそうじゃないですか?平家派やってたとか。

(井ノ原快彦)なんか変な・・・バブルの時って。バブルの時、ギリギリですけど。

(西寺郷太)まあ、小学生ですからね(笑)。

(井ノ原快彦)なんか、渦巻いていた感じがする。世の中が。

(西寺郷太)特に光GENJIの周りはすごかったんじゃないですか?

(井ノ原快彦)たしかに。ここらへんは、少年隊は『まいったネ今夜』とか。この後に出てくると思うんですよ。あのなんかね、大人っぽい感じ。あの時、いくつぐらいだったんでしたっけ?少年隊。20代前半ぐらい?

(西寺郷太)1965年生まれなんで、だから本当、22・3ですね。これ、87年なんで。ガラスの十代は。87年の10月だか11月。だから本当に、マイケル・ジャクソンがBADツアーで来日してて。夏に『STAR LIGHT』が流行りの・・・本当にトップスピードで。海外は『BAD』、『FAITH』。ジョージ・マイケル。で、光GENJIがドーン!と来て、その裏で少年隊が『ABC』ですから。

(井ノ原快彦)それさ、年表になってるの?

(西寺郷太)頭のなかに入っている。

(井ノ原快彦)僕の頭のなかの年表?(笑)。

(西寺郷太)僕ちゃんの・・・僕ちゃんの年表(笑)。

(井ノ原快彦)僕ちゃんの年表。すごいよね!この時間軸。

(西寺郷太)この1987っていうのはすごい年なんですよ。自分にとっては。1つの、松本隆さんとか、筒美京平さん。作家のお二人も絶頂の。僕にとってはね。

(井ノ原快彦)だってベストテンに3曲ぐらい松本さんの作品がね、入っちゃってたりとか。

(西寺郷太)いっぱいありましたね。当時は。本当に、京平さんなんかもそれこそ、『君だけに』とか。

(井ノ原快彦)あ、そうですね。

(西寺郷太)も、この年なんで。だからたぶんその翌年じゃないですか?

(井ノ原快彦)僕が入ったのは。88年。そうですよ。それこそ、あれ、BADツアーじゃなくて。1人でやったんだよ。東京ドームでやった時・・・

(西寺郷太)BADツアーの、たぶんあなたが行かれたのは88年の。帰ってきたんですよ。最初、後楽園球場でやってて・・・その話も、超面白いからしませんか?

(井ノ原快彦)ああ、いいですよ(笑)。

ジャニーさんは『運』を試す

(西寺郷太)そのジャニーさん、『運』みたいなのを試すんですよね?すごいんですよね、あれ。

(井ノ原快彦)なんかね。試すっていうか、なんで待っててくれたのかわからないんですけど。そのコンサートに呼ばれたんですよ。マイケル・ジャクソンのコンサート。

(西寺郷太)帰ってきた88年のツアーだ。

(井ノ原快彦)そう。僕は入ったばっかりで、まだ仕事もなにもしてなかったんですけど。

(西寺郷太)ドームですよね。東京ドーム。

(井ノ原快彦)『あ、東京ドーム行けるならいいか』と思って。

(西寺郷太)電話かかってきて。急に。

(井ノ原快彦)急にかかってきたんですよ。で、母親が取って。それで、『ちょっと待って下さい。外で遊んでいるので探してきます』って。探しにいった。僕、駐車場かなんかで友達と遊んでいて。そこに母親が来て。『すぐ行こう』って。『えー、ちょっと遊んでいるから』みたいな話をして。

(西寺郷太)もう携帯もないしね。待たしてるんですよね。

(井ノ原快彦)ほんで、まあ東京ドームに行けるらしいっていうから。マイケル・ジャクソンっていうよりも・・・

(西寺郷太)ドームの方がデカかった。

(井ノ原快彦)で、『あ、行くわ』って言って。したら、僕と木村くん以外の・・・

(西寺郷太)改めて聞きますけど、木村くんってどの木村くん?

(井ノ原快彦)木村くん以外のSMAPがいたんです。

(西寺郷太)わかりました。木村拓哉さんですね。

(井ノ原快彦)木村拓哉さん以外のSMAP。で、そのメンバーで僕を含めて、社長と一緒に東京ドーム行ったんですよ。

(西寺郷太)おお!

(井ノ原快彦)木村くんは、たしか自分でチケットを取ってるから、いいって。

(西寺郷太)俺はいいよって。マイケルのチケット、俺取ったと。

(井ノ原快彦)で、そこが空いたんで僕、呼ばれた。たまたま。

(西寺郷太)一枠空いてたんですね。

(井ノ原快彦)一枠空いていた。そこで初めて・・・

(西寺郷太)むちゃくちゃ前で見たってことですよね?

(井ノ原快彦)いちばん前ですよ。

(西寺郷太)うわー!BADツアー、いちばん前!

(井ノ原快彦)本当に、マイケル・ジャクソンの汗がかかったのが印象的で。

(西寺郷太)じゃあ、あんまりチンプンカンプンな状態で、いちばん最初に見たライブがマイケルの。

(井ノ原快彦)最高峰の。日本でまあ、最高峰の東京ドームというところで。いちばん前で見ちゃったから。もう、『あー!』って思って。『こんな世界か・・・』って。思っちゃいましたよね。それから。そん時、まだ仕事してないわけだから。

(西寺郷太)踊ったりもしてない。もう本当、出だし。すごい話ですよね。

(井ノ原快彦)そうなんですよ。

(西寺郷太)それじゃあ、香取さんとか草彅さんとかみんないたということですよね?

(井ノ原快彦)そう。そん時、一緒に原宿で香取くんと降りて。同い年なんで。『いま、勉強どこまで行ってるの?』みたいな。『社会科はこんな・・・』。

(西寺郷太)(笑)。あ、そのへんの年齢がね、不思議なんですよ。

(井ノ原快彦)あー、そう。TOKIOの松岡昌宏くんと、香取慎吾くんと僕、井ノ原が3人とも同い年なんですよ。学年は一緒。

(西寺郷太)あと僕ね、雑誌の話も好きで。

(井ノ原快彦)雑誌?

(西寺郷太)ほら、マンガをジャニーさんが。みんなで読みたい!って。

(井ノ原快彦)これね、よく僕もするんだけど。みんなで読みたい!っつって。したら、『これ買ってきていいよ』っつって、お金をもらったんで、少年ジャンプをみんなで買いに行ったんですよ。したら、5人ぐらいいたのかな?1人1冊ずつ買っちゃったわけ。

(西寺郷太)同じジャンプを。

(井ノ原快彦)みんなそれぞれ、自分の時間で見たいから。そしたら、もう怒られて。ふざけるな!っつって。『お前たち、そんな贅沢するな!もう返してこい!』って。4冊、返しに行ったんですよ。お店まで。で、1冊を社長がビリッビリに破いて。破いたっていうのは、背表紙からビリッ!ってキレイに破くんですよ。で、それを5等分して。1人ずつ、読み終わったら交代しろっていう風な。この効率の良さ!

(西寺郷太)(笑)

(井ノ原快彦)これは帝国が・・・できるはずですよと思った。子供ながらにね。

<書き起こしおわり>
    [関連記事]
  1. V6井ノ原快彦と西寺郷太 少年隊・錦織一清を語る
  2. V6井ノ原快彦・西寺郷太 平家派について語り合う
  3. 西寺郷太が語る V6井ノ原快彦と初対面した時に心を掴まれた理由
  4. V6井ノ原快彦と西寺郷太 アルバム『Oh! My! Goodness!』を語る
  5. V6井ノ原快彦 音楽的ルーツを語る『好きなレーベルはURC』
  6. V6井ノ原快彦 ジャニーさんとマイケル・ジャクソンBADツアーを見た話
  7. V6井ノ原快彦が語る少年隊伝説 初対面時に度肝を抜かれた出来事
  8. 西寺郷太が井ノ原快彦に語る V6の魅力と楽曲提供する際に考えること
  9. V6井ノ原快彦おすすめ曲 藤真利子『花がたみ』
  10. V6井ノ原快彦 西寺郷太邸でマイケル・ジャクソンの兄と遭遇した話