スポンサーリンク

タモリとマツコ・デラックス 東京の東側・東京右半分を語り合う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

笑っていいとも!のテレフォンショッキングにマツコ・デラックスさんが出演。地形マニアのタモリさんと、東京の東側、東京右半分について語り合っていました。

タモリとマツコ・デラックス 東京の東側・東京右半分を語り合う

(タモリ)なに持ってきたの?

(マツコ・デラックス)あ、違うのよ。私。いい?いきなり入っちゃって。

(タモリ)お土産?

(マツコ・デラックス)お土産ではないの。タモリさんがいま、東京の東側に興味があるって聞いて。

(タモリ)そうなんですよ。

(マツコ・デラックス)ちょっと東京の東側について語ろうと思って。一応、東部八区の地図を持ってきたのよ、私。

(タモリ)(笑)

(マツコ・デラックス)まずは23区でどのへんにタモリさんが興味あるのか?ね。(地図を取り出す)

(タモリ)あのね、『東京右半分』っていう本があるんですよ。で、俺は地形に興味があるから、平野部は一切興味がないんです。だからいままで、下町はまったく興味なかったんだけど、その本を読んで、えらい面白い店がいっぱいあるんですよね。

スポンサーリンク

都築響一『東京右半分』


(マツコ・デラックス)あ、お店なの?

(タモリ)えっ?なんに興味ある?

(マツコ・デラックス)だからまたタモリさん、平坦なところに興味がわきはじめたのかと思ったのよ。

(タモリ)すこし、わきはじめた。それも含めて。俺、今度からずっとあっちに行ってみようかと思って。

(マツコ・デラックス)もうね、江東区なんて高低差ゼロだからね。なんっにも。ずーっと坂、なんにもないのよ。で、どのへんが興味あります?(地図を広げる)

(タモリ)おすすめ、どのへん?

(マツコ・デラックス)おすすめ!?

(タモリ)おすすめ!

(マツコ・デラックス)私もでも、東京東部全部背負いきれないからな・・・

(タモリ)いや、大丈夫でしょう?(マツコの背中をさする)

(マツコ・デラックス)大丈夫か?(笑)。大丈夫よね。タモリさん、どのへんに興味あるのよ?

(タモリ)どのへんがおすすめですか?おすすめ。

(マツコ・デラックス)おすすめ・・・やっぱり、なんか邪魔ね、マイク・・・やっぱりね、この・・・

(タモリ)台東区?

(マツコ・デラックス)ううん。このへんのスカイツリーの奥側とか。あとね、このへんの。このへんも結構ディープ東京よ。

(タモリ)小岩。小岩はディープ東京。

(マツコ・デラックス)小岩の人、ごめんなさいね。

(タモリ)そっか。行ってみよう。まず、このへん?墨田区。

(マツコ・デラックス)どこにそのお店、あるの?

(タモリ)各方面に散らばっているんですよ。珍しいお店が。

(マツコ・デラックス)たとえばどんなお店?

(タモリ)えー?放送で言えないようなお店が。

(マツコ・デラックス)放送で言えないお店?私も放送で言えないお店、いっぱい知ってる。東部。

(タモリ)(笑)

(マツコ・デラックス)錦糸町とか、たぶんいいとも1時間では言い切れないぐらい。

(タモリ)あ、本当?たとえばマニアックな店が多いんですよ。ラジカセを専門に扱っているお店とか。

(マツコ・デラックス)どこにあるの?それ。

(タモリ)それ、どっかね。忘れましたよ。

(マツコ・デラックス)どっか、このへん?

(タモリ)このへんに。もう本当にディープな店が。バーでもディープな店で。

(マツコ・デラックス)ディープよ。だから私、昔競馬が好きだった時あるんだけど。場外馬券売り場、あるでしょ?WINS。あれひとつ取ったって、やっぱりね、新橋と錦糸町だと景色が違うのよ。

(タモリ)あー。

(マツコ・デラックス)錦糸町のWINSにいる、デイリースポーツずーっと持ったババア、元気かな?

(タモリ)(笑)

(マツコ・デラックス)行くたびにいるのよ。中二階のところに。踊り場のところにずーっといるの。馬券買っているのか買ってねーんだかわかんないババアが。ずーっとデイリースポーツ見てんのよ。

(タモリ)(笑)。そう。

(マツコ・デラックス)元気かな?あれ。もうちょっと仲良くしておけば良かった・・・

(CM入りの音楽が鳴る)

(タモリ)あらら(笑)。

<書き起こしおわり>
[関連リンク]
タモリとマツコ・デラックス 注目の東京再開発エリアを語り合う
タモリ マツコ・デラックス 能町みね子 東京の地理と地名を語る
タモリ マツコ・デラックス 渋谷再開発を熱く語り合う
都築響一が東京右半分に惹かれた理由『若い人が右半分に移っている』
都築響一が語る 東京右半分 ワールドワイドな右半分の魅力
都築響一が語る東京右半分 マーケティング不可能な右半分の魅力

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする