スポンサーリンク

吉田豪 アニソン・デスメタルカヴァー曲特集『Anison Heavy Groove』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

吉田豪さんがbay fm『with you』でアニメソングのヘビーメタルカヴァー曲を特集。Anison Heavy Grooveのアルバムから選曲しています。


(松本ともこ)このヘドバンが増刷記念ということで。

(吉田豪)で、これがベビーメタルというアイドルとデスメタルを融合させたグループがあるんですけど。

(松本ともこ)何と何?

(吉田豪)アイドルとデスメタル。それの巻頭大特集なんですけど。そんな感じで今回の選曲をしてみたんですよ。

(松本ともこ)お願いします。まずはじゃあ・・・

(吉田豪)これがですね、この4月にリリースされたアニソンのデスメタルのカヴァー・アルバムがあるんですよ。そのユニットが、Anison Heavy Grooveっていう。

(松本ともこ)でもそれって、すごい組み合わせですね。

(吉田豪)『The Whispers From The Lost Paradise』っていうタイトルのカヴァー・アルバムが4月に出たんですが・・・

(松本ともこ)売れてるの?

(吉田豪)まあ、全く話題にもなってないんですよ。検索してもAmazonの告知ページぐらいしか出てこないぐらいの。あとは告知用の動画がアップされているぐらいで。

(松本ともこ)アニソンって言ったら、きっと大人気の・・・

(吉田豪)いや、アニソンカヴァーって死ぬほど出てるんですよ。で、僕片っ端から買ってるんですけど、いいのって2・30枚に1枚ぐらいの(笑)。本当に当たりの少ないジャンルで。最近だと、今年7月にフュージョンの結構大物バンドの方々がアニソンのカヴァーしているアルバムとか、いろいろ面白いのが出てるんですけど。まあ、デスメタルアプローチ。プラス、萌えとデスメタルの融合という意味でベビーメタルに近いんですよ、これ。

(松本ともこ)もう萌えとデスメタルが融合して、ベビーメタル?

(吉田豪)ベビーメタル。ちょっとこのAmazonの商品説明だけでも、買う気をなくすような感じの(笑)。

(松本ともこ)ちょっと、言ってくださいよ。

(吉田豪)『ジャ○アン超え確実の灼熱のアニソン地獄リサイタル!狂気の断末魔を聴け!! 』『PSPでリリースされたガンダムのゲーム主題歌などをてがけている超強力バンドのメンバーが参加! の超人気アニメソング・スピンオフ・プロジェクト! 原曲の萌えな歌詞をデスヴォイスがつぶやくという思わず吹き・・・』もうとにかくそんなような感じで。

(松本ともこ)デス声でつぶやかれるんだ・・・

(吉田豪)なんかね、ジャイアン超え云々とか書かれてね、聞くか?っていう話じゃないですか(笑)。もうちょっと、なんかね、興味を持つ説明文書きゃいいのにっていう。

(松本ともこ)でも、それだけいろいろあるのね?その中でご紹介しようと思ったのは?

(吉田豪)まあとにかくこういう安直なカヴァー・アルバムとか死ぬほど多いんですよ。それこそ選曲を見た時点で、たとえばエヴァンゲリオンの『残酷な天使のテーゼ』とか、ドラゴンボールの主題歌とか、そういうのをカヴァーしてると、『ああ、ここの人たちはアニメに愛がないんだろうな』って思うんですよ。わかりやすいヒット作のわかりやすい主題歌を並べてみました、みたいな。

(松本ともこ)なるほどね。

(吉田豪)ここは選曲もいいし、アレンジもいいし。ちゃんと愛のある仕事をしてる感じがして。

(松本ともこ)そこだ。

(吉田豪)そうです。そこなんです。なのでちょっと1曲聞いてみましょうかね。まず、前山田健一さん。『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』っていう曲。これの原曲の方から。

(松本ともこ)優しい。じゃあ原曲の方からお願いします。



(松本ともこ)ヒャダイン。『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』。いいですね、オリジナルは。

(吉田豪)前山田さんが渋谷系にインスパイアされた曲なんですけど。これがデスメタルインスパイアになるとこうなるっていうのを聞いてみましょうっていうね。『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』のAnison Heavy Grooveヴァージョンです。
スポンサーリンク

Anison Heavy Groove『ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C』


※動画2:30あたりよりスタートします

(松本ともこ)いやー、本物ですね!

(吉田豪)かっこいいですよね。

(松本ともこ)ね。すごいなー。びっくりしたけど。

(吉田豪)本当に、コンセプト、正解!っていう感じで。

(松本ともこ)ということで、お送りしているのが先ほどのヒャダインの曲をヘビメタヴァージョンにしたっていうことで。Anison Heavy Grooveによるカヴァー・アルバムですね。『The Whispers From The Lost Paradise』からいま1曲をお届けしています。

(吉田豪)もう1曲、聞いちゃっていいですかね?

(松本ともこ)是非。

(吉田豪)ええとですね、僕がアニソンでトップクラスで大好きな曲があるんですよ。化物語っていうアニメの10話のオープニングテーマだった、花澤香菜さんの『恋愛サーキュレーション』っていう曲があるんですけど。

(松本ともこ)ぜんぜん知らないです。

(吉田豪)いや、素晴らしいですよ。まあとりあえず、その原曲をちょっとだけ聞きましょう。



(松本ともこ)もう文句なくかわいいですよ。花澤香菜。

(吉田豪)花澤香菜さん、本当アルバムとかも素晴らしいんですが。こういうキャラソン。アニメの中で歌っているようなやつも、ほぼ名曲なんですよ。これがまあ、トップクラスの。『恋愛サーキュレーション』、僕好きすぎていろんな方のカヴァーヴァージョンとか集めてたんですけど。まあ、Anison Heavy Grooveは素晴らしい仕事をしてますよ。

(松本ともこ)もう既に『恋愛サーキュレーション』、カヴァーされてるんですね。

(吉田豪)何度も。それこそ、アイドル界からなにから。小桃音まいさんとか、いろんな人がやってるんですけど。ちょっと、当然デスメタルになるとどうなるか?聞きたいじゃないですか。

(松本ともこ)ちょっと・・・インパクトありそう。じゃあ、行きましょうか。

(吉田豪)はい。Anison Heavy Grooveで『恋愛サーキュレーション』。

Anison Heavy Groove『恋愛サーキュレーション』


※動画5:00あたりよりスタートします

(松本ともこ)豪ちゃんが原曲の花澤香菜さんの曲を聞かせてくれて本当によかったって私は思いました。

(吉田豪)(笑)。清涼剤のようなね、素晴らしい曲だって。

(松本ともこ)『恋愛サーキュレーション』がどういう曲だったかがわかる(笑)。でもあれですよね。Anison Heavy Groove、この人たちと女の子の声と、どんな人たちかわからないですね。

(吉田豪)全くわからないですね。何の情報もないです。はい。

(松本ともこ)へー。私まで声、低くなっちゃった。すごいなー。

(吉田豪)せっかくなんであれですよね。僕が恋愛サーキュレーションが大好きで、いろいろ聞いた結果いちばん好きなヴァージョンを聴いてみましょうか。シンガポールの声優アイドルユニットがいたんですよ。Sea☆Aっていう。が、もう解散しちゃったんですけど、アルバムも出してるんですが、それに恋愛サーキュレーションのソロ。これをヴァレリーっていうメンバーがソロで歌ってるんですが。

(松本ともこ)吉田豪さんは海外のものもチェックしてた?

(吉田豪)日本デビュー、ちゃんとしてますからね。で、これがアレンジ完璧ですよ。アコースティック化してます。

(松本ともこ)ちょっと待って(笑)。気持ちが整わないと。

(吉田豪)声質も素晴らしいですね。というわけで、Sea☆Aのヴァージョンで、恋愛サーキュレーション。

Sea☆A『恋愛サーキュレーション』



(松本ともこ)なんかあの・・・心がまた癒やされているような。そんな感じです。

(吉田豪)ですよね。嵐の後に、毛布に包まれたような(笑)。

(松本ともこ)そうそう。さっき、なんかね、ブワーッ!って滝に打たれてたんだけど、またこう涼しい風が吹いて。彼女たちはもう解散しちゃったよというね。Sea☆A。

(吉田豪)はい。

(松本ともこ)恋愛サーキュレーションがそんなに豪さん好きで。

(吉田豪)好きですね。

(松本ともこ)いろんなヴァージョン、全部集めてたと。その中でもAnison Heavy Grooveの愛のあるカヴァー・アルバムがよかったと。

(吉田豪)そうですね。

(松本ともこ)でもあんまり宣伝はされていません。

(吉田豪)宣伝されていないどころか、情報もないのでね。たぶんライブもなにもやってないだろうけどっていう。

(松本ともこ)この人たちが何者なのかもわからないけど、きっと愛を持ってずっとやられてるんでしょう。

(吉田豪)そうなんですかね。まあ、愛を持った企画物ですよ。本当。

(松本ともこ)本当ですね。でも、さっき言ったようにアニソンでもいろんな企画があって、20枚から30枚のうちの1枚にキタコレ!っていうのがあるっていう。結構遠い道ですよね。

(吉田豪)アニソンダンスカヴァー・アルバムみたいなの、だいたい全部買ってますからね(笑)。

(松本ともこ)そういうの、どう?アニソンダンスカヴァーものとか。

(吉田豪)いやー、当たりは少ないですよ、そりゃあ(笑)。

(松本ともこ)当たりは少ないと。

(吉田豪)萌えダンスとか、萌えレゲエとか、いろいろあるんですよ。ぜんぜんレゲエじゃないんですよ(笑)。聞いたら。

(松本ともこ)萌え系だって、結構クラブ系にアレンジしたりとか、いろいろあるじゃないですか?でもなかなかいいのはないと。

(吉田豪)アニメへの愛情と音楽への愛情の両方があることって、まずないですからね(笑)。だいたいどっちかじゃないですか。

(松本ともこ)そうなると今日はみなさんの中でも、えっ!?はじめて知った!って。Anison Heavy Grooveによるこれがカヴァーということで。

(吉田豪)わざわざ僕、twitterでもつぶやいてませんでしたからね。twitterでも告知もなにもせず。

(松本ともこ)しよう!しましょうよ!

(吉田豪)ネタにするまで寝かしておこうと思ったんで。

(松本ともこ)そうですか。今日、気になった方は是非つぶやいてください。『The Whispers From The Lost Paradise』をフィーチャーしました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする