菊地成孔 ソロモン流ロイヤルホスト西田統括料理長特集に言及する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ロイヤルホストに詳しい菊地成孔さんがTBSラジオ『粋な夜電波』の中で、TV東京『ソロモン流』でロイヤルホストの西田統括料理長が特集されていたことについて言及しました。リスナーからのメールに対して、このように答えています。

ロイヤルホスト商品企画 西田さん

(菊地成孔)(リスナーからのメールを読んだ後で)まあまあ、小耳に挟んではおりました。『ソロモン流』という番組、私、不勉強にしてテレビをあまり見ないので、どういう番組か知らないんですが。まあ、ロイヤルホストの全貌が社長さんの含めて、いわゆるマスコミ稼働をし始めたっていうことですよね。ただ、この番組をシーズン1から聞いて頂いているみなさん。これはボクシングの階級で言うとスーパーヘビー級になるわけですが。スーパーヘビー級のみなさまならご存知の通り、私はシーズン1から。つまり、2011年の4月から番組のメインの話題としてロイヤルホストについて、特にメニューについてですね。メニューを読むことでロイヤルホストがわかってくるという話を3年間、し続けて参りまして。

まあそれによって、最初から西田氏がどういう方か、そして社長さんがいかにメニューを全て統括しているか、ということを連呼してきたわけですね。推測という形でです。推測というよりも、メニューを通して確信したことなんですが。まあみなさん、ゲラゲラ笑いまして。面白いことを言う奴だなといったようなことになったわけですけども。やはりそれは全て事実だったわけで。私は裏話が嫌いでございまして。『実は知ってるよ』『俺、聞いたことあるんだよね』『◯◯と友達で』とかなんとか言って、いろんな形で裏話を開陳しては、なにか貴重な情報であるかのように言いますけど。

だいたい真実っていうのは表に全部出てますから。ロイホのメニューをじっくり。そのかわり、穴が開くほど見つめて。読んで移入して解釈しなければわかりませんけど。表で全てがわかるというのがね、私の結論ですね。と、気がついたらあれ?これ、前口上じゃないですね。メールを読んでいるコーナーになってました。なんでこんな内容が前倒しに上に来てるのか?ですよね。それはどうしてかというと、前口上を書いてないから。こういったようにですね、聞くとすぐわかるわけですね。つまり、裏情報を知らなくても、『あの日、菊地が2本録りで。前後にいろいろ休暇が入っていたので、前口上を書く時間がなかったんだよね』っていうことは、いまこのブースにいる数名の人物であれば知っているわけですね。

これを誰かに話す。すると、私が今回前口上が、今年の2回目の放送だというのに前口上がないということが、裏情報として伝わるわけですけども。そんな情報なくてもですね、先週からじっくり聞いていればですね、どうやら書いてないんじゃないか?っていうことがわかると。これがまあ、表情報から裏を知るというですね、本当の人間の健全な情報の取り方だと思いますね。というわけで、音楽もぶっちぎってしまい、前口上もぶっちぎってしまいました(笑)。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事