伊集院光が語る ローカル路線バス乗り継ぎの旅のブレない面白さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

伊集院光さんがTBSラジオ『深夜の馬鹿力』の中で、TV東京の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』の大人気番組になってもブレない魅力と面白さについて語っていました。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 枕崎編

(伊集院光)あとはバスの旅。すごかったね。なんか、去年。2013年自分がしたフリートークの中でいいなと思ったのがあったら投票してくださいって、たくさんご投票いただいてありがとうございました。してもらった中に書いてあって思い出したんだけど、俺も去年度のはじめぐらいにバスの旅がすげー面白い!って話をしていて。

伊集院光 ローカル路線バス乗り継ぎの旅と蛭子能収のスゴさを語る
伊集院光さんがTBSラジオ 深夜の馬鹿力でテレビ東京で放映されている『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』シリーズを熱く語っていました。こんな感じです。 (伊集院光)アメリ...

あの段階でもう、バスマニアとかテレ東の土スペ好きな人にはかなり火、ついてたんだけど。今回はもはや並びトップだったよね。めちゃイケのスペシャルとかあるんだよ?めちゃイケのスペシャルよりも・・・今回、どっからどこだっけ?割りといままでのコースの中でも地味だった館山から会津若松みたいな感じの。またムカつくのが、僕の前に座っている構成の渡辺くんは電車マニアであり、バスマニアであり、地理マニアだから。こいつ、ある程度のところまで行くと、『もうここはつながんねー』みたいなことを言うのね。『ここのバスは連結していない』みたいな。わかんないからね。言っとくけど、蛭子さんよりもお前にムカついてるからね!その次に蛭子さんにムカついてるからね。

ブレないマドンナ選び

だって、ネタバレないでしょ?そこのネタバレされちゃうと、なんなのそれ!?みたいになるじゃないですか。で、まあ今回は蛭子さんと太川陽介さんと、いつもマドンナ枠って気になるんですけど、マドンナ枠がちはるっていう。とっても・・・あそこをね、奢らないのがいいのと、DVD出るんですよ。DVD出るぐらいの人気コンテンツ。並びで正月特番がある中で、人気番組を押しのけてトップの数字。しかも今どき、13.いくつですよ。取るような。通しで13.いくつ取るような番組になっても、マドンナがいま、ちはるというこのブレなさですよ!このブレなさがもうブラボー!なんです。

そして今回も、カミさん横にいて見てるじゃないですか。そうするとね、蛭子さんがまあ、イラつくことを・・・人間性を疑うようなことを蛭子さんがすげー言うんです。相変わらず言うんです。でいて、その度に、もう!ってなるんです。その度にカミさんが、『じゃあ見なきゃいいじゃん!』っていうことを反応するんだけど、違うんだよね。あのね、僕は人気コンテンツになればなるほどそこを危惧するんですけど。蛭子さんはムカつかれ続けるべきだし、腹立ってみんなね、蛭子さんがいなかったらもっと見やすいって思うはずです。思うと思うんです。

今回、さすがの太川さんもちょっとキレるんじゃないかな?みたいな。『太川さんはいつも子供じみてる』みたいな話を急に蛭子さんが説教はじめて。太川陽介さん、いったん飲み込んで、『それを蛭子さん、言わないでよー』みたいな。肩に軽いグーパンチ入れているところあって。あれ、俺なら顔面の中央を履いていた下駄でぶん殴ってると思うんですよ。どうやったって。なぜ下駄履きでバスの旅に出かけたのかはわかりませんが、いってるぐらいのところですよ。ポッケに入っていたメリケンサックをちゃんと装着して、顔面のど真ん中を思いっきり打ち抜いているところですよ。それと蛭子さんの家の前に置いてあった、暮れに出た古新聞の横んところに消えかかっていたタバコをそっと置いて出かけるぐらいのことはやられてもしょうがないぐらいの蛭子さんの態度なんですけど。

これ、間違っちゃいけないのが、メジャーコンテンツになると、ものを言う人も増えるじゃないですか。そうすると、まかり間違って『蛭子さん、いない』っていう選択を取っちゃうと、ぜんぜん面白くないんです。だから蛭子さんはあそこにいて・・・いまテレビってそういうこと、起こりがちなんですよ。テレビの中にいる憎まれ役みたいなのを、『あいつ、ムカつく!』って言ってるうちに、スポンサーさんとかテレビ局の上の人とかが気をつかってその人を抜いちゃうっていうケースが本当にあるから。本当に抜いちゃダメなんです!本当に抜いちゃったら、すんなりゴールしちゃうから(笑)。蛭子さんがいないと、普通に名物の紹介できちゃうから。

もうね、あの感じなんだよね。蛭子さんにイラつきながら、必要以上に太川陽介さんが好きになっていくっていう感じで。なんか土スペもいろんなの当たってるからさ。いろんなあの手のシリーズやるんだけどさ。ちょっと前に高速バスを使っていろんな県をまたいで目的地に行くみたいなのをやってたんだけど。そん時は、その蛭子さん的要素をダンディー坂野くんにとりあえず任せようとしたっぽいんだけど。ダンディーくん程度では蛭子さんみたいな空気の壊し方はぜんぜん出来ないから。だからダンディーさんは障壁になってないんだよね。だからこれも難しくって。じゃあ、蛭子さんみたいな役割の人を探そうと思って入れても無理だから、おそらく偶然入って偶然伸びていって。あと現場の人たちが上手なさじ加減でやってると思うんですけど。そんなでほぼ正月は終わりましたかね。

<書き起こし終わり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする