スポンサーリンク

SIMI LAB MARIA・大谷能生・菊地成孔 高校生ラップ選手権を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

SIMI LABのMARIAさんやJAZZ DOMMUNISTERSの大谷能生さん、菊地成孔さんらがblock.fm『SUMMITimes』で高校生ラップ選手権について、ゆるーく話していました。当日聞きながら実況ツイートしたので、メモ的にご紹介。


[補足]第四回高校生ラップ選手権で審査員をつとめたMARIAさん。審査員席で紗羅マリーさんとMC漢 a.k.a GAMIさんに挟まれていたMARIAさんは、紗羅マリーさんよりもMC漢さんに近しい感覚を抱いた模様。シルエット的にってwww

SIMI LAB MARIA MC漢 紗羅マリー


[補足]大谷能生さんは、『高校生ラップ選手権』って言うけど、実際は高校に行ってないヤツばっかり出場している。『1年間放浪していた』ヤツが絶対高校生なわけないじゃん!と指摘していましたw


[補足]レゲエ風のスタイルを持つ大阪のラッパーかしわくんがお気に入りのMARIAさん。高校生ラップ選手権だけじゃなく、高校生ラガマフィン選手権なども開催すべき!と話していました。この話はさらに盛り上がり、中学生や小学生の大会も開催すべき!とか、レゲエもトースティングに特化した大会を開催すべき!など、どんどん細分化w 最終的には、菊地成孔さんが、『小学生の声変わりしていない甲高い声でトースティングする、小学生トースティング選手権がいい!ボンボクラッ!』と無茶なことを話していましたwww


[補足]SUMMITダーマスさん(?)が鎮座ドープネスから聞いた高校生ラップ選手権の感想について。MARIAさんが女子高生ラッパーりぼんちゃんに対して発した『オーガズムが足りない』というコメントでお腹いっぱいになった鎮座ドープネスさんは、『ここがこの番組のクライマックスだろう』と判断してテレビを消した模様。

ちなみに、鎮座ドープネスさんがハイライトと思ったMARIAさんのりぼんちゃんへのコメントを書き起こしてみました。

SIMI LAB MARIA 高校生ラップ選手権コメント

(MARIA)りぼんちゃん、普通に、なんだろうね・・・まあこれからの話なんですけど、セックスはしてこう!やっぱりそこ、気持よくなってオーガズムいくことで感受性、もっと豊かになるから。そしたら今回、勝ててたから。絶対。セックスしてこう!

(小籔一豊)なるほど。りぼんちゃんはストイックにラップを突き詰めようとしている。でも、MARIAさんさんからすると、それは間違いだと。

(MARIA)もっと感じよう!

(小籔一豊)もっと感じよう!?そうですか・・・

<書き起こしおわり>

<おまけ>当日のSUMMITimes TLのまとめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする