宇多丸が語る 申し訳ないとファイナルツアー大阪 m.c.A・T異常空間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

ライムスター宇多丸さんがTBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』で申し訳ないとファイナルツアー大阪で起きたm.c.A・Tさんによる異常空間をミッツィー申し訳さんと振り返っていました。


(宇多丸)先週の日曜日、大阪で。

(ミッツィー申し訳)大阪で。

(宇多丸)申し訳ファイナルツアー大阪、行ってきました。私も久しぶりに地方でやらせていただいて。

(ミッツィー申し訳)そうですね。結構もう明きましたよね。土曜日が始まってから、なかなかできなかったですね。

(宇多丸)そうですね。でもすごい楽しかったですよ。

(ミッツィー申し訳)あれはね、異常空間ですね。

(宇多丸)なにがスゴかったって、まずやっぱりm.c.A・Tさんを中心とした異常空間っていうことですね。藤井隆さん、出ていただいて。素晴らしいライブ。嶋野百恵とかも出てもらったんだけど。まず楽屋で、やおらm.c.A・Tさんが床にドン!って座って。床に座ったm.c.A・Tさんを車座で藤井さんとかが取り囲んで。なんか飲み会っていうか、重い人生の話をm.c.A・Tさんがし始めて。それもすごい面白かったし。あとA・Tさん、メインのライブと別に最後にね、ぶっかまして。

(ミッツィー申し訳)またね。

(宇多丸)A・Tタイムを。A・Tフィールドを。

A・Tタイム

(ミッツィー申し訳)これはね、昔あった広島でのすごい時があったんですけど。それの再現が。

(宇多丸)あの桑田佳祐さんのモノマネをしまくった時ですね(笑)。なにが僕笑ったって、A・Tさんの横でtofubeatsくんとokadadaくんっていう若手の。

(ミッツィー申し訳)あと、オノマトペ大臣。

(宇多丸)オノマトペ大臣。若手DJですごい人気もあるし素晴らしいんだけど、どっちかって言えば見た目フリーター感あふれる(笑)。

(ミッツィー申し訳)あまり金ありそうじゃないですね。

(宇多丸)フリーター感あふれる若者たちがA・TさんのサイドキックMC。

(ミッツィー申し訳)あの、関西DA PUMPって呼んでます。我々。

(宇多丸)関西DA PUMPを演じて。なんかラップしてましたよね。あれとかがすごい・・・異常空間でしたね。

(ミッツィー申し訳)で、最終の最後の日に嶋野百恵さんとかも加わざるを得ない感じ。

(宇多丸)だってA・Tさんが、舞台上にいる出演者を全員紹介するのかと思ったんですよ。『嶋野百恵!』って。で、ワーッ!って。それしか言わないっていう・・・え!?モエだけですか!?っていう(笑)。とかね。あと最後、『ごきげんだぜっ!』ね。最高でしたね。最高なバージョンでしたね。

(ミッツィー申し訳)出演者全員による『ごきげんだぜっ!』。相当ごきげんでしたね(笑)。

(宇多丸)ある意味究極のアイドルライブでしたね。

(ミッツィー申し訳)完全にアイドルでしたね。

(宇多丸)素晴らしかったですね。その後、朝まで飲みあげたりしましたが。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする