タマフル ディスコ954 Macka-Chin フォークソングMIXが最高!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 715

11月9日のTBSラジオ『ウィークエンド・シャッフル』でMacka-Chinさんが披露した『パイセンたちの言葉の力に学べ!フォークソングMIX』が最高でした!ニコ動にUPされていたのでご紹介します!

インコンプリートネス・セオレム



そもそもなぜフォークソングMIXなのか?については、宇多丸さんとMacka-Chinの会話を書き起こしたので、ご参照ください。こんな感じです・

(宇多丸)当然、今日はそのニューアルバムの?

(Macka-Chin)って思ったのよ。だけど、俺、今回このアルバムを作ったんだけど、すごく言葉に重きをおいて作ってみたんですよ。自分のリリックっていうか。みんなの代弁者とまで言わないけど、やっぱり言葉っていうのがすごく大事だし、音楽って言葉で時間を使ってみんなの心に届かすものだなって思って。今回は日本語ラップの大先輩でもあるフォーク。

(宇多丸)フォーク!?なんで急にフォークなの?

(Macka-Chin)フォークって吉田拓郎さんとか、ああいう人たちの言葉って言葉が磨かれていて。短いんだけど、すごく言葉が伝わってくるっていうか。そういうのがラップに近いなって。

(宇多丸)昔のフォークソングって全然題材もラップ的なことをやってるんですよね。

(Macka-Chin)そうなの。だからラップがフォークに負けているラップもいっぱいあると思うんだよね。日本語ラップって日本語を使って音楽やってるし。言葉のパワーみたいなのをまとめていきたいなと思って。

(宇多丸)パイセンたちに学べという。

(Macka-Chin)そう。まさにパイセンたちに学ぶ、言葉の力。音楽の力みたいな。

(宇多丸)意外なところから攻めてきましたね。島倉千代子MIXという噂も流れてきていたんですが。

(Macka-Chin)もしかしたら行っちゃうかもしんないです。

(宇多丸)ということは、パイセンたちの言葉の力を学べ!Macka-Chinによる、フォークソングMIXということですね。カモーン!

<書き起こしおわり>

で、セットリストはこんな感じ。

1.花/
2.涙をふいて/三好鉄生
3.時代おくれ/河島英五
4.学生街の喫茶店/ガロ
5.ちあきなおみ/喝采
6.人生いろいろ/島倉千代子
7.迷い道/渡辺真知子
8.ウナ・セラ・ディ東京/
9.恋狂い/奥村チヨ
10.北酒場/細川たかし
11.そんなヒロシに騙されて/高田みずえ
12.やさしくなりたい/斉藤和義

やっぱり亡くなったばかりの島倉千代子さんをぶっこんできた!しかも2枚使い!ヤバスw 宇多丸さんも『こんなベースラインがドープな曲だとは・・・』って言ってたゼw 厳密にはフォークMIXじゃないけど、フィーリング重視なんで問題なし!昭和歌謡は最高や!Macka-Chin最高!間違いない!



インコンプリートネス・セオレム
インコンプリートネス・セオレム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする