スポンサーリンク

ジェーン・スー 未婚のプロ予備軍に贈る言葉『自分の船は自分で漕いだ方が楽しい』

シェアする

ジェーン・スーさんがJ-WAVE『Hello World』にゲスト出演。DJ TAROさんと『未婚』についてトークし、未婚のプロ予備軍の女性に伝えたいメッセージを話しました。

ジェーン・スー今後の夢を語る『都営団地一棟買って共同生活したい』

(DJ TARO)続いてもう1個(twitterを)いってみましょうか。『結婚はタイミングだと思いますが、いかがでしょうか?』。

(ジェーン・スー)これね、よく言うんですよ。結婚した人に聞くと、『いや、タイミングかな?』みたいなことを言うんですけど。『タイミングってなんだよ?』っていう話で。なんかね、ラーメン屋の秘伝のタレみたいな感じです。漏れて来ないんですよ。外に情報が。

(DJ TARO)(爆笑)

(ジェーン・スー)あいつらだけが持っている秘伝のタレみたいな感じでずーっと代々・・・鰻つけるタレとかもそうですけど。レシピが回ってこないんですよ。未婚のプロには。やっぱりね、結婚できる人たちだけには、そっと教えてもらえるタイミング。私たちには感知できないなにかがあるんですね。

(DJ TARO)ものがね、あるってことですね。

(ジェーン・スー)だから『タイミングですよ、結婚は』って言われたら、『そうですか・・・』としか言いようがないっていう。

(DJ TARO)(笑)。でも今後、未婚のプロはどんな道を進んでいくんですか?

(ジェーン・スー)もうね、それなりに楽しい毎日を続けていくと思いますよ。結婚するかもしれないし。

(DJ TARO)そう。『しない』って言ってるわけじゃないんですよね。それは、レシピがないからわかんないけど、そういうきっかけが来た時にはそっちに乗る可能性もあるよと。

(ジェーン・スー)フッと隣の人からレシピを渡されることもあるかもしれないですから。そしたら結婚するかもしれないです。

(DJ TARO)それまでは考えてもしょうがないから、楽しんで・・・でも、楽しんでいる女性の方が僕は光り輝いて見えるんで。その方が、そういう人はフッとね、素敵だなっていう風になるんじゃないかなと。

(ジェーン・スー)みんなね、意外と彼氏はいたりとかするので。別にこう、結婚しないっていうのは恋愛してないってことではなくて。ただただ、自分の生活を手放せないっていう問題で。

(DJ TARO)エンジョイしたいっていうね。じゃあ、未婚のプロの予備軍の女性に伝えたいメッセージってございますか?

(ジェーン・スー)やっぱり、なんにせよ、自分の人生を主体的に、自分の船っていうのの舵を自分で取るっていうのがいちばん楽しいですから。人に人生を丸投げしない。やっぱり婚活をしている女性とかでちょっと気になるのは、余計なお世話ですけど、次の実家を見つけようとしてるんじゃないの?っていうような。稼ぎがどうとか、住むところがどうとかっていう人は結構いるので、そういうのはどうかな?自分の船は自分で漕いだ方が楽しいよっていう。

(DJ TARO)漕ぎなさいよということですね。わかりました。

<書き起こしおわり>