タマフル軍歌特集 辻田真佐憲が選ぶ おかしな日本軍歌ベスト5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 712

TBSラジオ『ウィークエンドシャッフル』で軍歌研究家の辻田真佐憲さんが宇多丸さんに軍歌を紹介。数ある日本の軍歌の中でも、とりわけおかしなことになっている作品をチョイスしています。


(宇多丸)TBSラジオ ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル、今夜は『聞け!人類史上最強のポップスを。あなたの知らない軍歌の世界』特集をお送りしております。今夜のサウンドナビゲーターは軍歌研究家の辻田真佐憲さんです。よろしくお願いします。

(辻田真佐憲)よろしくお願いします。

(宇多丸)はい、というわけで後半。わが国の歌たちを聞いていってもらいましょう。こんな感じです!

(MC RYUナレーション)Pick up Japanese GUNKA!

(宇多丸)はい。またRYUに登場して・・・FM番組調にお送りしております。ここからはピックアップ・ジャパニーズ軍歌のコーナー。いわゆるJ軍歌のコーナーです。J-Gです。ここも本題に入る前に、日本にとって軍歌とはどんな存在だったのかを辻田さんに教えていただこうと思います。

(辻田)そうですね。ここで主に紹介するのは1930年代と40年代の曲ですね。

(宇多丸)1930年代と40年代。当然、戦争の機運が高まっている時期ですね。

(辻田)そうなんですね。1931年満州事変、1937年日中戦争、1941年太平洋戦争的な、受験的な知識もありますけど。まあ、戦争の時代ですよね。しかし、この時代は同時に日本が音楽大国でもあったんですね。

(宇多丸)ほおー。

1935年 日本のレコード製造数が世界トップになる

(辻田)具体的に言うと、たとえば1920年代、その前ですけど。から1930年代初頭にかけて、いまにあるようなレコード会社。たとえばキング、コロンビア、ビクター、テイチク、ポリドールみたいなのができた時代で。で、それがいまにつながっているわけです。で、しかも1935年にはですね、日本のレコードの製造数って世界トップになるんです。

(宇多丸)へー!あ、それは知らなかったですね。

(辻田)輸出も含めてなんですけど。製造しているのは単純に世界トップだっていう風に当時の内務省の検閲官が言ってるんですね。新聞で。

(宇多丸)じゃあ、音楽産業全体が盛り上がっていたというか。

(辻田)そうですね。かなり、世界的に見ても大きな音楽産業のある国で。たとえば、当時の音楽雑誌の数って20誌以上あったりとかですね。フランスよりも音楽雑誌の発行が早かったりとか。つまり、音楽大国としてすごい盛り上がっていて。レコード会社も規模が大きく、そして歌手とかもいっぱい養っている中で戦争がドーン!ときたわけですよ。つまり、必然的に軍歌大国になると。

(宇多丸)なるほどなるほど。

(辻田)で、普通のね、勇ましい軍歌もあったんですけど、ちょっとおかしくなっちゃってですね。変な曲を作ってしまうってことがあって。

(宇多丸)やっぱりね、いっぱい作るとその中にはね、変なのも混ざってきちゃうっていう(笑)。

(辻田)そうです。やっぱり規格なので毎年、ダメだなと思っても作らざるを得ないんですよ。どうしても。作らないと会社が潰れちゃうんで。

(宇多丸)回していくためには。

(辻田)そうですね。で、今回はそういった意味ではおかしな軍歌っていうのを選抜してみたので。

(宇多丸)変わり種を。

(辻田)そうですね。で、日本軍歌の多様性っていうのを聞いていただければなという風に思っております。

(宇多丸)ちょっとみなさんがイメージしてるのとは違うかもしれないっていうことですね。はい。それではそんな日本の軍歌の中から、辻田さんがレコメンドするナンバーを聞いていきたいと思います。まずはどんな?

(辻田)えー、萌え軍歌。

(宇多丸)萌え。いわゆる今でいう『萌え』ですね。

(辻田)女の子萌えみたいな。少女軍歌みたいな。

(宇多丸)萌え・・・そんなのがあるんですか?

(辻田)あるんです。『太平洋行進曲』って、曲自体はすごく有名な・・・有名っていうか私の中でですけど(笑)。

(宇多丸)(笑)。ご存知!ご存知!みたいな。

(辻田)ご存知。海軍の軍歌の中でいちばん有名な曲の内の(ひとつ)なんですけど。まあ、普通は男の人が歌ったものなんですが、それを女の子がカヴァーしたっていうのがありまして。私が勝手に萌え軍歌と名づけてるんですけど。

(宇多丸)歌声そのものに萌え要素があると。

(辻田)はい。聞いていただければ萌えの素晴らしさというのはわかっていただけるかなと。

(宇多丸)はい。では聞いていただきましょう。萌え軍歌で『太平洋行進曲』です。

萌え軍歌『太平洋行進曲』

(曲がかかる ※動画なし)

(宇多丸)ああー。

(辻田)素晴らしい。これは、芸術だと思うんですね。

(宇多丸)いや、いいですね。なんかね。

(辻田)キリストとか遥かに越えてる感じがします。ギューンと。

(宇多丸)いやいやいや。あ、なるほどね。歌が始まった瞬間に、ちょっと脱臼感があるっていうか。これがやっぱりいいですね。

(辻田)当時こういう曲、いっぱいありまして。太平洋行進曲だけではなくて、それこそ子供のオリジナル曲っていうんですか。これはカヴァーですけど。たとえばオリジナルの曲だと、まあ酷いのだと『お手々つないで日独伊』とかですね。

(宇多丸)(笑)。

(辻田)普通ね、手をつなぐと野道とかに行くはずなんですけど、なぜか戦前の日本では日独伊にいってしまっているという。

(宇多丸)嫌だなー。それ。

(辻田)残念な感じになってしまっていて。

(宇多丸)でも子供もね、やっぱりそういう、巻き込まれちゃっているっていうこともありますし。あとやっぱり女の子にね、『お国のために戦って!』って言われると、やっぱり『オーイ!』ってね。僕、よく思いますもん。萌え文化がそれに利用されたら怖いぞって思ったら、実際利用されていたわけですね。

(辻田)そうなんですよ。だから、最近だとそれこそ、ミリ萌え。萌えとミリタリーをくっつけた、それこそ『艦これ』みたいなのがありますけど。そういうのは実は、いまだと『キモいオタクの妄想でしょ?』って言われて、『はい、スイマセン』って感じなんですけど。当時は実はあったんですよ。しかもこれは動員に使われることもあるんだということですよね。

(宇多丸)子供たちも動員されていくと。

(辻田)そうですね。

(宇多丸)はい。ということで、萌え軍歌にジャンル分けしてもらいました。太平洋行進曲をお聞きいただきました。それでは次のナンバーをお願いします。

(辻田)次はですね、失敗軍歌ということで。

(宇多丸)失敗?ちょっと待って下さい。戦争、軍歌で失敗しちゃいけないんじゃないですか?だって。

(辻田)実はこれ、大失敗して。太平洋戦争が始まった時に、当時のNHKが歌謡番組をやっていたんですね。それを心機一転して、国民合唱だったかな?っていう風に番組を変えて、その最初の曲として作った、すごいやる気に満ち溢れた。歌詞は当時の大政翼賛会のですね、標語。『此の一戦なにがなんでもやり抜くぞ』っていうのに、曲をつけた。で、当時一流の作曲家だった信時潔とかですね。『海ゆかば』っていう軍歌を作曲している人なんですけど。

(宇多丸)はい。

(辻田)まあすごい気合の入った曲なんですよ。ところが、実際これを聞いてみると、『此の一戦なにがなんでもやり抜くぞ』っていう短い歌詞を延々と繰り返すだけという、完全に頭のおかしい楽曲になっていて。で、あまりにも不人気すぎて途中で打ち切りになったと。放送が。っていうのをちょっと聞いていただこうかなと思っております。

(宇多丸)失敗軍歌ということでございます。『此の一戦』、お聞きください。

失敗軍歌『此の一戦』

(曲がかかる ※動画なし)

(曲の歌詞)『此の一戦!此の一戦!なーにがなーんでもやり抜くぞ!』

(宇多丸)(笑)

(辻田)実に残念な感じになっている。

(宇多丸)どこまで続くの?これ。

(辻田)これは4分間、延々と続きます。

(宇多丸)ええー・・・この一言(此の一戦 なにがなんでもやり抜くぞ)しかないんですか?本当に。

(辻田)そうなんです。これは完全にもう、負けそうな感じがしますね。

(宇多丸)(笑)。あの、なにかが萎えてきますよね。やっぱりね。

(辻田)完全に戦意が後退しますよね。で、実際不評で、当時の音楽雑誌にも酷いと。酷評の例でいうと、たとえば『ああいうものを日本の文化として持つことが極めて低級だと思う』とかですね。あとはまあ、当時の言葉をそのまま使うとですね、『橋の袂で乞食があたかも一銭くれとねだっているような歌だ』とか。

(宇多丸)(笑)。やめなさい、そのたとえは。

(辻田)ボロクソですね。

(宇多丸)まあ、浅ましい。とにかく。しつこいわと。でも、あれですね。軍歌的に作られたものが、全体にそのありがたいものとして崇められていたわけでもなくて。批評の対象ですらあったと。

(辻田)酷い曲はやっぱりね、潰されるんですよ。やっぱり軍歌のイメージって上から無理やりドスンと与えられて、国民全員嫌々歌わされていたっていうイメージがあるかもしれないんですけど。そうじゃなくて、ダメな曲は粛清されるわけですよ。割と。で、いい曲だけが残るというシステムっていうのは、実は戦時中も機能していたと。

(宇多丸)(笑)。まだ歌ってるんですけど。

(辻田)これ、延々に続きますよ。

(宇多丸)でもこれさ、構成とかさ、女声が入ってきたり、ちょっとアシッド感がありますよね。

(辻田)たぶん芸術としてはいいと思うんですけど。

(宇多丸)なんか繰り返し感。ちょっとハウスミュージック的な・・・

(辻田)そうですね。でも軍歌としてはどうなのよ?っていう問題が。

(宇多丸)トランス感があります。ボーッとしてくるっていう。

(辻田)で、それこそ当時の雑誌のだと、批評家の方が床屋にいたと。で、髪切ってたらラジオからこの曲が流れてきたと。で、床屋のオヤジが無言でラジオに近づいてパチン!とスイッチを切ってしまった。不人気の象徴であるって。

(宇多丸)(笑)。あー、それはもう、まごうことなき失敗ですね。失敗軍歌ッて言うって大丈夫か?と思ったけど、当時の人からも烙印を押されてるんだっていうことですね。此の一戦(笑)。

(辻田)これ以上ね、我々もかけるとヤバいので。

(宇多丸)僕も頭、くらくらしてきました。次のナンバー、行きましょう。次は何でしょうか?

(辻田)次はですね、黒歴史。詩人の黒歴史といいますか。作詞した人にとって完全な黒歴史になってしまったといいますかね。

(宇多丸)ああ、書いたことを後からほじくり返さないでくれという。

(辻田)もうやめてくれと。

(宇多丸)その件はもう、若気の至りでございましたと。

(辻田)そうなんです。作詞したのが北原白秋という、割と有名な詩人なんですけども。タイトルがですね、『万歳ヒットラー・ユーゲント』。

(宇多丸)やっちゃったな・・・

(辻田)ヤバい!要するに、当時防共協定を結んでいて、同盟国だったんで。

(宇多丸)そりゃそうだ。しょうがないですけどね。

(辻田)そうですね。で、ヒットラー・ユーゲント、日本に来たんですよ。それを歓迎するために作ったのがこの曲と。

(宇多丸)まあ、当時のね、日本の立場。別に全然しょうがないんだけど。未来人の特権としては、やっちまったなと。

(辻田)ただちょっと白秋先生、やりすぎじゃね?っていう。

(宇多丸)おっ、やりすぎちゃってる。

(辻田)このやりすぎちゃってる感じを聞いていただこうかなと思いまして。

(宇多丸)ええ。それじゃあもう、実際にまずは聞いた感じ。

(辻田)そうですね。聞いていただければわかると思います。

(宇多丸)はい。では、『万歳ヒットラー・ユーゲント』。

北原白秋『万歳ヒットラー・ユーゲント』



(辻田)まあ、最初はいいんです。オチなんです。最後が面白い。

(宇多丸)オチが酷い。

(辻田)オチだけです。

(宇多丸)憧れだったでしょうからね。当時はね。

(辻田)そうですね。

(宇多丸)『輝くハーケンクロイツ』。

(辻田)ヤバい感じですね。

(宇多丸)すいませんね!これ、分析用ですから。

(辻田)全くその通りですね。で、これしかも当時、ヒットラー・ユーゲントの人たち来た時に、ハーケンクロイツって日本語発音はダサくね?っていうのが問題になって。で、もっとドイツ語っぽく歌おうよっていう風に入ったんですよ。介入が。で、白秋先生、ブチ切れ。『これは大和魂で作った歌詞なんだ』と。

(宇多丸)ハーケンクロイツでいいんだと。

(辻田)(曲に合せて)来ましたね。万歳。

(曲の歌詞)『万歳!ナチス』

(辻田)っていう感じですね。ここだけです。

(宇多丸)(笑)。『ナーチースー♪』って(笑)。嫌ですよ!歌うのも嫌だよ!もう、ちょっと。

(辻田)こういう発音が日本人っぽいからやめろよと。恥ずかしいっていう。

(宇多丸)『ナーチースー』ってノペーッとした音の乗せ方ね。

(辻田)そうなんですよ。ただ、白秋先生はブチ切れて。これが日本語なんだと。

(宇多丸)J-POP風の乗せ方とか、嫌だと。横文字発音とか嫌だと。

(辻田)『ドイツごときの巻き舌で巻かれてなるものか!』とかですね。当時新聞に発表しちゃってですね。

(宇多丸)『ごとき』って言っちゃあね。だって迎える曲なのにね。

(辻田)そうなんですよ。白秋先生ね、この時期完全にナショナリストになってしまっていて。こんな曲ばっか作ってたんですよ。

(宇多丸)あー。でも、ナショナリスト。バランスが良くないですね。いろいろね。

(辻田)そうなんですよね。この酷い歌詞だと思うんですけど。

(宇多丸)これ、素で言ってキツいっていうのがありますけどね。

(辻田)まあ、白秋先生戦時中に死んでしまったので。まあ戦後にいろいろと引っ張らなくてよかったんですけど。

(宇多丸)たしかに。これ、後から叩かれちゃいますね。こんなのね。

(辻田)戦後言い訳不能ですよ、これ。

(宇多丸)まあ、ホロコーストとか知らなかったから・・・とかね。言い訳は一応あるかもしれませんけどね。はい、ということで北原白秋先生作詞の『万歳ヒットラー・ユーゲント』でございました。

(辻田)そうですね。

(宇多丸)はい。では次、行きましょうかね?

(辻田)次ですね、シャウトする軍歌。

(宇多丸)シャウト。まあ、勇ましく声張ったりとかはするんでしょうけど。

(辻田)最後にですね、まあ途中まで歌ってるんですよ。ところが最後に突然叫びだす。

(宇多丸)叫ぶ。本当に文字通り。

(辻田)そうですね。で、タイトルは『進め一億火の玉だ』。

(宇多丸)すでにもう勢いがありますからね。

(辻田)これ、ちなみに戦争始まったばっかりの時の曲なんですけども。なぜかもう負けそうな雰囲気・・・

(宇多丸)まずさ、始まったばっかりで『一億』とか言われちゃうと、なんかね・・・

(辻田)燃え上がってますからね。

(宇多丸)もう総力戦な感じがちょっとしちゃってますけども。

(辻田)燃えてますからね。火の玉ってどういうことなんだ?って思いますけどね。

(宇多丸)じゃあちょっと聞いてみましょう。はい。『進め一億火の玉だ』。

『進め一億火の玉だ』

[参考リンク]進め一億火の玉だ

(辻田)まあ、途中までは普通の曲なんですけども。当時、大政翼賛会が作詞したものなんですね。ここから、だんだんシャウトが始まってくる。

(宇多丸)ん・・・?

(曲の歌詞・シャウト)『進め!一億火の玉だ!行くぞ一億!どんと行くぞ!』

(宇多丸)最初からちょっと・・・緒戦からちょっと・・・

(辻田)負けそうですよね。

(宇多丸)テンションが高くなりすぎているっていう。

(辻田)まだこの頃、日本勝っていたはずなんですけど。もうすでに・・・

(宇多丸)悲壮感がね。

(辻田)完全に追い詰められているというね。

(宇多丸)悲壮感、日本人好きだからなー。そういうの、あるのかな?

(辻田)初めからこう、負けそうな雰囲気を漂わせている。っていうか、こういう曲、多いんですけどね。米英DISっていうんですかね。『アメリカ爆撃』もそうですし。『目指すはワシントン』とかですね。『行くはロンドン』とか『叩き潰せ米英』とかですね、そんな曲いっぱいあってですね。私もここ来るまで、『叩き潰せ米英』を聞いてきたわけですが(笑)。まあ、気分は盛り上がる。でも、当時の人はたまったもんじゃないですね。灰になっちゃいましたからね。

(宇多丸)本当ね・・・

(辻田)という感じですね。

(宇多丸)じゃあちょっと、ラストに。

(辻田)行きますか?最後はですね、キャラソン。

(宇多丸)キャラソン?

(辻田)軍神=キャラ。

(宇多丸)軍の神と書いて軍神。

(辻田)そうですね。当時、そういった人が新聞で讃えられて、キャラクター化されてしまったんですね。

(宇多丸)なるほど。ヒーロー化というかね。

(辻田)そうですね。その典型的な例が、肉弾三勇士。爆弾三勇士とも言いますけど。これは『肉弾三勇士の歌』というですね、当時朝日新聞が作った歌。軍歌ですね。

(宇多丸)じゃあ、聞きましょうか。『肉弾三勇士の歌』。

『肉弾三勇士の歌』



(宇多丸)まあ、ヒーローもののテーマソングのような。

(辻田)まあ、当時としてはヒーローですね。作曲は山田耕筰ですね。

(宇多丸)あ、山田耕筰。やっぱりすごい人が。

(辻田)山田耕筰も戦時中、ちょっと軍歌作りすぎちゃって。軍服着て刀引っさげて大暴れしたので、戦後いろいろと痛い目にあったんですけど。

(宇多丸)あー、これやっぱね。

(辻田)これは朝日新聞が募集してですね、なんと歌詞の応募が12万あったと。

(宇多丸)公募で。

(辻田)そうですね。で、こういうのが当時流行りで。いろんな人を、国民一般から歌詞を募集するっていうのが流行っていてですね。そのきっかけとなったのが、この企画。

(宇多丸)ああ、なるほど。

(辻田)ちなみにこの年はオリンピックの年でもあって。この年はロス五輪ですね。バロン西とか言われていたあたり。つまり、バロン西もキャラクターなんですよ。オリンピックの。それと同じ感じで、この肉弾三勇士っていうのもキャラクターだったと。つまり、キャラクターとして当時のマスメディアがプロデュースしたのを、大衆が消費するっていう、その形式が実は軍歌の中にあらわれていると。

(宇多丸)なるほどなるほど。

(辻田)メディアミックス。だからそれは現代にもつながる問題で。だから決して戦時中の軍歌っていうのが異常な世界ではないという。その象徴なのかなっていう。としてこの曲を紹介・・・

(宇多丸)まあ、さっきの萌えといいね、全然現在の我々と地続きの。要するにそりゃそうですよね。当時の日本人も普通に暮らして。

(辻田)そうですね。やっぱりさっきのレコード会社もそうですけど、1920年代初頭から大衆文化っていうのが広がってきて。それとの連続性が現代につながってあるということなのかなという風に思いますね。

(宇多丸)そういうのを実感する意味でも、軍歌研究、そして軍歌放送ね。J軍歌放送。これ、意義があるんじゃないかということですかね。

(辻田)意義はね、バリバリありますけどね。

(宇多丸)じゃあ辻田さん、あっという間に時間が来てしまったんですけどね。ということで、今日はこの番組的にはかなり攻めた聞き面になったと思いますが。本当に辻田さん、ありがとうございました。

(辻田)こちらこそ、ありがとうございました。

<書き起こしおわり>
辻田真佐憲 軍国音頭の世界を語る
軍歌研究科の辻田真佐憲さんがDOMMUNE『DJフクタケ「ヤバ歌謡/音頭」5時間特集』の『ヤバ歌謡×音頭トーク』に出演。軍国主義をテーマにした音頭、軍国音頭についてDJフクタケさん...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする