西寺郷太が語る ティト・ジャクソンが自宅に遊びに来た話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

NONA REEVES西寺郷太さんがTBSラジオ『西寺郷太のたまごレディオ』で、マイケル・ジャクソンの兄、ティト・ジャクソンさんが西寺さんの家に遊びに来た話をしていました。TRICERATOPS和田唱さんとのトークの中で、こんな風に語っていました。ティト・ジャクソンの息子たちのグループ3Tの曲、『WHY』(feat.マイケル・ジャクソン)を聞いた後のトークです。



(西寺郷太)はい(笑)。

(和田唱)Tell me why♪

(西寺)マイケルが、そのケンカに勝とうとする感じが一番最後に(笑)。甥っ子を差し置いて。

(和田)最後、マイケルが締めるのね(笑)。

(西寺)いいですね。

(和田)曲、いい曲だね。

(西寺)いや、名曲ですよ。3T feat.Michael Jacksonで、『WHY』。聞いてもらいましたけど。いや、なんか今日の雰囲気にもあってましたよ。フルでこんなかかるの、なかなかないですよ。

(和田)ないだろうね。

(西寺)3Tも喜んでくれると思います。先週、先々週ですかね?ティト・ジャクソン。お父さんとは4回会ってっていう話はちょこちょこしてるんですけど。一緒にご飯食べたり、家にも遊びに来て。あの、ティトって本当に優しい、いい人なんですよ。

(和田)そこまでは言っていいのね。

(西寺)言っていいんです。

(和田)家に遊びに来たってすごいよね。ティト・ジャクソンって、あのジャクソン5で、エド・サリバン・ショーとか出ていたジャクソン5の、こっちから見て一番左でギター弾いていたあのお兄ちゃんが、郷太くん家に遊びに来たって。



(西寺)俺んちのベランダでシガー吸ってんですから。

(和田)あ、シガー。葉巻ね。

(西寺)葉巻みたいな。

(和田)そうか。葉巻、やるんだ。

(西寺)僕の周りの人たち、みんな僕がマイケル好きで、ジャクソンズのファンで、テレビとかも出ているのもずっと、おばちゃんとか応援してくれてるんですよ。下手したら、この番組聞いているぐらい、結構『街の名士』って言われてて。俺。

(和田)(笑)

(西寺)俺が歩いてると、本当友達とかと歩いてると、『郷太くーん!』とか言って、結構おばさんたちが寄ってくるの。クリーニング屋のおばさんとかが、『どうも、郷太くん。この前わたしが洗ったスーツで出たわね!』みたいな。ここ、東京ですか?って言われるぐらいですよ。そのおばさんたちが、もう騒然ですよ。『ジャクソンズ来てる!』言うて。『ベランダで煙草吸うてる!』言うて。

(和田)いやー、すごい話だね。すごい話が展開してるんすよ。だから。

(西寺)めちゃめちゃ仲良くなりましたよ。その、本当にミュージシャンなんですよ。ティトっていう人は。リアル。

(和田)あの、兄弟の中でも1番そういう感じ、あるよね。だって、日本、年1くらいで来てる・・・

(西寺)ブルーノートでライブやってね。あ、いまジェーン・スーさんがトップ5のね・・・あれ、エピックで働いていたらしいですよ。トライセラ担当だったって。デビューのころ。あ、(ザ・トップ5)パーソナリティーのジェーン・スーさん・・・

(和田)ご無沙汰しています。出会ってますよね。どうも。

(西寺)一緒にね、Negiccoっていうアイドルグループの曲を書いたりして。俺が曲書いて、(ジェーン・スーさんが)歌詞書かれて。

(和田)次、僕に(曲)書かせてください。

(西寺)(笑)

(和田)そういうの、決める人ではない?

(西寺)そういうの決める人では基本的にないですけど。でも和田くんに会いに来ましたよ。ジェーン・スーさん。

<書き起こしおわり>



ヴィクトリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事