映画評論家町山智浩 『あまちゃん』最終回後の心境を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 711

映画評論家の町山智浩がTBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』でNHK朝ドラ『あまちゃん』の最終回後の現在の心境を語っていました。

(赤江珠緒)さあ、そして町山さん。あまちゃんはどうですか?あまロスですか?

(山里亮太)あ、終わっちゃいましたよ。

(町山智浩)そうそう。最終回でしたね・・・

(山里)悲しい声で・・・

(赤江)急にトーンが。

(町山)困っちゃってね。僕、Tシャツとか持っているから。これ、これから着るのすごく微妙だなと思ってるんですよ(笑)。

(山里)いや、まだまだ終わってないですよ!僕らの中ではあまちゃんは。着ても大丈夫ですよ。

(町山)いや、僕ね、NHKに行ってね、じぇじぇじぇTシャツっていうのを買ったんですよ。

(山里)じぇじぇじぇTシャツの方を。

(町山)じぇじぇじぇTシャツって、小泉今日子さんが劇中でやっているスリーJプロダクションのマーク(‘jjj’)がね、胸にあるんですね。じぇじぇじぇって書いてあって。普通、それだけでいいじゃないですか?Tシャツって胸にじぇじぇじぇって書いてあれば。

(赤江・山里)はい。

(町山)ところがね、なぜかおへそのところにね、ウニの画が書いてあるんですよ。

(山里)あら、かわいらしいワンポイント。

(町山)でもこれ、着れないですよ。胸にじぇじぇじぇって書いてあって、おへそにウニって。着にくいよ、この服!

(赤江)(笑)。たしかに。

(山里)もうね、あまちゃんだねー。完全なあまちゃんのTシャツだってバレますからね。

(町山)これ、Tシャツデザイン全く考えていないド素人がデザインしたとしか思えないですよ。

(赤江)ジャケット羽織ってもね。カッコ悪いところにウニが・・・みたいな。なるほど。

(町山)これ、着れないですよ。相当根性ないと。

(山里)相当根性あると思いますよ。着れますよ。

(町山)本当にいっぱい買ってね。あとね、ユイちゃんとアキちゃんの人形を買って。でね、胸を押すとね、じぇじぇじぇって言うんですよ。

(赤江・山里)えー!?

(町山)じぇじぇじぇって言うんですよ。こう押すと。それも、困ったもんですよ(笑)。もう持ってても。

(山里)いや、本当にね、町山さんがね、夜な夜なね、アキちゃんとユイちゃんの胸元を押している姿・・・これ、ぞっとしますよ。

(赤江)本当本当。

(山里)見た人が、じぇじぇじぇ!ってなっちゃいますよ。

(町山)(笑)。いや、本当にね、僕、実を言うとね、1万円ぐらい買ったんですよ。いろいろ。

(山里)ええっ?それ、NHKで?

(赤江)つぎ込みましたなー。

(町山)だからこれね、いわゆる『あま損(あまぞん)』といいますね。

(赤江)(笑)

(山里)お後がよろしいようでってやつだ!

(町山)お後がよろしいようで。はい。どうしよう、これ?って思ってます。ただね、あの最終回はなんかほら、終わった感じがしないじゃないですか?

(山里)そう!

(町山)あれ、たぶんね、宮藤官九郎さんはね、ビートたけしさんが大好きだから。たけしさん、『キッズ・リターン』っていう映画があるんですよ。あれがその男の子同士の高校生の友情の話なんですけど、いろいろあって最後にね、『俺たち、終わっちゃったのかな?』って言うと、『まだ始まってもいねーよ!』って映画が終わるんですね。あれに対するオマージュだろうなって思ったんです。今回のあまちゃんの最後は。


(山里)最後のあの、トンネルを2人で駆けて行って。

(赤江)この先へ行こう!っていう。

(町山)そうなんですよ。あのミサンガが切れないっていうのが、まだまだ達成するものがあるんだからっていう。この先があるんだからっていうね、気がするんですけど。あそこね、あのトンネルのところで終わってますけど、あのトンネルの先にあった橋はね、実は地震で、津波で流されてなくなっているんですよ。

(赤江・山里)はいはい。

(町山)あのユイちゃんが閉じこめられたトンネルですよね。あれ、実話なんですけど本当の話で。あの三陸鉄道ね、そこの橋が復旧するのがね、来年の4月なんですよ。番組改編期ですよ!

(山里)あらっ!?まさか・・・

(町山)なんかやってくんねーかな!?

(山里)(爆笑)

(赤江)希望かー!町山さんの。

(山里)情報を知ってるのかと思ったら、ただの希望だったっていう(笑)。

(町山)いや、知らないんですけど(笑)。やっぱりこれ、三鉄ね。北鉄になってますけど。劇中では。の、全面開通を記念してね、なんかね、あまちゃんスペシャルやってくれないとね、このあまちゃんグッズが使い物になんなくて困るんですよ!

(山里)1万円突っ込んだ、あま損がね!

(町山)もう、あま損になっちゃうんで非常に困るので。なんかやってほしいなと思いますけどね(笑)。

(山里)でも、たしかにそれは。なにか絡めてね。

(赤江)でもたしかに本当、広がりのある終わり方でしたもんね。

(町山)ねえ、本当にね。僕ね、Tシャツとか着れなくなると、サルベーションアーミー(救世軍)とかに寄付するんですね。貧しい人たちが着れるようにね。あまちゃんシャツを着たホームレスの人がサンフランシスコを歩いたりする状態になるっていうのは、非常に考えものなので・・・

(赤江)たしかに。

(山里)そしたらそれは、町山さんからなんだなと。

(町山)もう僕が流したものになるんで。でも、すごい高かったのでね、それだけはね。いっぱい着たいんで、なんとかしたいなと思いますね(笑)。

(山里)じゃあもう1回!NHKの方、聞いてましたら是非!町山さんのために・・・

(町山)あの、へそのウニは取った方がいいですよ。デザイン上は、これ。非常に着にくいです。これ。デザイン、誰かプロの人にやってもらってください。どうでもいいんですが。はい。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする