スポンサーリンク

今田耕司 東野幸治に半沢直樹の魅力を熱く語る

シェアする

今田耕司さんと東野幸治さんがニッポン放送 オールナイトニッポンゴールドに出演。今田耕司さんが夢中になっているドラマ『半沢直樹』の魅力を熱く語っていました。


(今田耕司)どっちの話する?『半沢(直樹)』?『あまちゃん』?

(東野幸治)いや、僕あの、半沢は『行列(のできる法律相談所)』の裏やから見てないことになってるんですよ(笑)。

(今田)ええー!?あ、あー!

(東野)でも半沢ってめっちゃ面白いんでしょ?

(今田)めっちゃおもろいよ!

(東野)あの、ほんこんさんが!ほんこんさんがうるさいぐらい。

(今田)ほんこんさんのつぶやき、今の楽しみ半沢だけらしいで!


(東野)(笑)

(今田)今の人生の楽しみが。

(東野)でしょ?

(今田)めちゃくちゃおもろい。

(東野)もう、男しか出て来えへんし。上戸彩ちゃんぐらいでしょ?女の子。

(今田)まあ、せやね。言ったら、なんて言うんですかね?いわゆる今までのドラマのセオリーじゃなくて、しっかり作りこんでるというか。人気者はもちろん人気者なんですけど。いわゆる、いま旬な感じやないねん。たしかな人ばっかりや。

(東野)でも、ホンマにいよいよ本物の時代になった。あの、沢村一樹さんのテレ朝の病院のやつ(DOCTORS 2)もすごい人気なんでしょ?

(今田)人気やな。

(東野)もうじゃあこれから、本物のドラマの時代になってくるんちゃいますの?えらい渋いドラマの時代になるやろうなー(笑)。

(今田)でも、ホンマおもろいねん。

(東野)なにが一番面白いんですか?その半沢は。

(今田)いや、やっぱりね、よく言われてるのは勧善懲悪というか。最後にビシッ!っとスッキリさせてくれるんですよ。もう気持ちいい。悪者が倒されるんですよ。悪者もまた、いいんですよ!悪さが。

(東野)なんか今日、ちらっと昼間の番組見たら、第二部はじまって『あいつが帰って来た!』みたいなので、片岡愛之助さん。

(今田)せやねん。国税や!『半沢はん!』、これね、(サバンナ)高橋の赤井(英和)さん、秀逸やから。『半沢はん!国税に抑えられてます!』っていう。サバンナの赤井さん。

(東野)俺が見たのはたまたま、壇蜜さんが道頓堀でっていう回は見たんですけど。なかなか全部は見てませんから。

(今田)いや、もうこれね、行列が・・・そうか。タイムリーが終わったら、まとめて見たらもう・・・

(東野)あ、面白いっすか?

(今田)いや、だから久しぶりちゃう?

(東野)だって行く現場現場のタレントとかも、言うたら中堅やし。スタッフも中堅ですけど。みんな、『もう2回見てる』とか。もうそんな声ばっかり聞こえてくる。

(今田)俺も寝る前にもう1回見たわ。あそこだけ見たい!っていうのが出てくんの。

(東野)あ、いいセリフみたいなのが。

(今田)いいセリフっていうかね、口汚く半沢が罵るところがあんねん。『やってこい!』みたいなね。それはね、優しかったりするねんけど。だから悪いヤツに対して口汚く言って、ビシッと決める。俺、金八先生以来に、セリフ書きだそうかな思って。いま。

(東野)あー!なるほど。空で言えるように。

(今田)金八以来。空で言えるように。まだちょっとね、専門的な。あの、『バンカー』っていう言葉、使いたいんやけど。

(東野)あっ、銀行の。言いますね。

(今田)銀行員のこと、バンカーって言うねん。

(東野)銀行員のこと、バンカーって言うんですか?

(今田)『もしも僕がバンカーでおれたら・・・』みたいなね。あの、同期でまた協力している3人組がいい感じなんですよ。

(東野)へえー。

(今田)あの、ミッチー(及川光博)ともう1人ね。役者さんおられるんですけど。その人はちょっと左遷で飛ばされたりとか。精神をちょっと病みかけてるのよ。でも、ええとこでいつも半沢が声をかけて。剣道でいっぱい汗流したら、したたり落ちてた血が逆に戻ってったりとかするねん。汚れてたキャンパスが・・・

(東野)ぜんぜんわからへん!なにを笑ってるのか、ぜんぜんわからへん。

(今田)アカン!これ、アカン!続けてたらまたファンレターで『ちょっと長かったです』って(笑)。

(東野)せやねん。その半沢がすごいから、次の木村拓哉さんも大変ですよね。

<書き起こしおわり>

東野幸治 お笑いナタリーの目に余るRG贔屓に苦言を呈す
今田耕司さんと東野幸治さんがニッポン放送 オールナイトニッポンゴールドに出演。東野幸治さんがお笑いナタリーのレイザーラモンRGさんに対する愛が強すぎる件を指摘し、苦言を呈しました。...