さくらインターネット WordPress クイックインストール方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだか知らないうちに、利用しているさくらインターネットがWordPressのクイックインストールに対応していました。
WordPressのインストールって、簡単なんだけどUPするファイルが多くてアップロードがダルイんですよね~。
クイックインストールできたら、かなり楽なんじゃないかなぁと思い、試してみました~。

まずはさくらインターネットのサーバコントロールパネルにアクセス!

◆データベース作成
quicksakura04

WordPressをクイックインストールするには、MySQLのデータベースが必要になります。
まだ作ってない方は作成しましょう。

◆クイックインストールメニュー
quicksakura03

で、サーバコントロールパネルの左側メニューからクイックインストールを選択。
そのメニューから、「ブログ」を選択すると・・・

◆インストールメニュー
quicksakura02

MovableTypeとWordPressが選択できるので、WordPressを選びます。

◆WordPress クイックインストール
quicksakura05

で、ライセンスに同意のチェックボックスにチェックして、インストール先のドメイン・ディレクトリを選択。
さらにデータベースのパスワードを入力します。
WordPressのDBのテーブル接頭語も指定できますが、こだわりがなければデフォルトのままでOKかな。
最後に一番下のインストールボタンを押すと・・・

◆クイックインストール完了
quicksakura06

インストール完了画面が表示されておしまい。
「アプリケーションの設定へ進む」ボタンを押すと、インストールしたWordPressにアクセスしてその先の設定ができるようになっています。
ここから先は、いつものWordPressの設定ですねw

ということで、さくらインターネットのWordPressクイックインストール、かなり簡単でした!
注目したいのは、超簡単にさくらインターネットでWordPressを複数インストールできちゃうこと。
僕の利用しているさくらインターネット スタンダードプランはMySQLを1個しか持てないので、WordPressを複数インストールするにはちょっと小細工をしなくちゃいけなかったんです。(参考エントリー:さくらインターネットにWordPressを複数設置する
でも、クイックインストールしちゃえば、デフォルトでDBの接頭語をつけてくれるので特に意識しなくても複数インストール可能!
これ、すごい便利ですよ!
やるなー、さくらインターネットw



スポンサーリンク

10 comments

  1. Pingback: さくらインターネットにWordPressを複数設置する
  2. Pingback: さくらインターネットでWordPressの『クイックインストール』を使い、新たに個人Blogを立ち上げてみた。【WordPress】 | insideriver.com
  3. Pingback: コメント欄の不具合解消 | 雑多余録
  4. 小林央生

    まさに、知りたいことでした。
    ドンぴしゃり!感謝いたします。
    googleで検索しました。
    「さくらインターネット wordpress 複数 クイックインストール」
    xreaのwordpressインストールで疲れちゃいました。
    本当にありがとうございます!

  5. Pingback: 参考にさせて頂きました。 さくらインターネットにWordPressを複数設置する | miyearnZZ Labo | gozonji.jp
  6. Pingback: wordpressのインストール | webデザイン arekore
  7. Pingback: wordpressのインストール | webデザイン arekore
  8. Pingback: Wordpressで簡単に自分でHPを作成する | Qualia-Partners
  9. Pingback: Word Press of Rule 2.7 » さくらインターネットでWordPressを使う
  10. Pingback: wordpressでブログ作ってみた。 | 雑記

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>