スポンサーリンク

サミュL・コンバットREC・吉田豪が語る HKT48指原莉乃の最近のスゴさ

シェアする

サミュL・コンバットREC・吉田豪が語る 指原莉乃の最近のスゴさ
雑誌BUBKA、月1回の生放送『豪STREAM』で吉田豪さん、コンバットRECさん、編集長サミュLさんが、ここ最近のAKB・HKT48指原莉乃さんのスゴさを語っていました。

(サミュL)でも僕ね、(TOKYO IDOL FESTIVAL 2013の)HKTで良かったと思ったのが、指原(莉乃)が、指原って一応支配人っていう立場になっているから、支配人として仕事したんだなって思ったんですね。まあ、たぶん普通に48系の、普通の人がやるとあんな感じにならないと思うんですよね。

(コンバットREC)っていうかトークスキルがハンパないよね。仕切り力というか。

(サミュL)あとあそこに・・・あそこアウェイの場だってことと、もう短い時間で何やるべきか?っていうのも全部分かってて。それを分かっていることに、まあ当然なんでしょうけど、そこにちょっと感動したっていうか。

(コンバットREC)とにかくこう、『すいません、私たちなんか来ちゃって・・・』っていうへりくだりとか、ごめんなさい感も忘れずにっていうのがやっぱりね。

(サミュL)嫌味がないんですよね。

(吉田豪)もともとヲタだから、どう見られてるか?っていう自覚とかがちゃんとあるわけでしょ?

(コンバットREC)お呼びじゃないっていうのも分かってるし、ちょっとでも尊大な態度を取ったらものすごいみんなの反感を買うのも分かってるし。そういうのは、さすがだよね。さすがヲタならではのね。

(サミュL)でも慣れてるっていうか。

(コンバットREC)営業感もハンパなかったけどね(笑)。

(サミュL)地方のデパートでやってるぐらいの勢いでしたもんね。

(コンバットREC)地方のデパートでダチョウ倶楽部がやってるぐらいの営業感だったよ。さすが太田プロだね。それ引き継いでる。

(サミュL)前にいる客のTシャツをイジったりとかするアイドルは他にいないなって思ったね。コイツ、すげーなって思って。

(吉田豪)毒蝮(三太夫)感があるわけね。イジりに。

(サミュL)で、メンバーに『どの先輩に憧れてますか?』って、あるメンバーが『峯岸(みなみ)さん!』って言ったら、指原が『いやいやいやいや、あのね、峯岸さんはアイドルファンとかには嫌われるから・・・』ってサラリとそうやってギャグとかに出来るんですよね。

(吉田豪)しかも、自虐だよね。『あなたこそ!』っていうフリにもなっているっていう。

(コンバットREC)しかもさ、全員にさ、好きな先輩は?って言って自己紹介がてら『ハイハイ!ハイハイ!』って手を上げさせるのよ。どっかで見たことあるぞ?と思ったら、ドリフとかで毎週見ていた風景なのね。いかりや(長介)が『◯◯な人!』っていうと『ハイハイ!ハイハイ!』ってやるじゃん。

(吉田豪)浅草キッドとかね。『分かりません!』ってやつ(笑)。

(コンバットREC)そういう伝統も引き継いでるっていう。

(吉田豪)(TLのツイートを読む)『TIFはさっしーが曲順を決めたらしい』

(コンバットREC)あー、すごいね。じゃあ、大したもんだね。うん。

(吉田豪)あれ、anan(の吉田豪 指原莉乃インタビュー)読んだ?見た?

(サミュL)あれ?もう発売されたんですか?

(吉田豪)出てるよ。冷てー。出てるよ!

(サミュL)うわっ、すぐチェックします!いや、僕ずっと名古屋いたんで。

(コンバットREC)名古屋、anan売ってるだろ。普通に。

(サミュL)遅いんですよ。

(吉田豪)ネットニュースになってたじゃん!指原がananでこんなこと言ってるとか。

(コンバットREC)中部だけ指原のインタビューがないとか、そんなことないでしょ。

(サミュL)本当ね、違うんです。東京にいるからみんな、普通にこういう風に思ってるんですけど、地方にいるとその感覚、なくなっていくんですよ。

(コンバットREC)別に名古屋ってさ、入荷日だろ。離島とかじゃないんだからさ(笑)。沖縄とか石垣島とか、そういうんじゃないんだからさ。

(サミュL)ええー、嘘。超遅れてた。

(吉田豪)これですよ。もう、まとめガンガンなってるじゃん。『悪口を言われてお金が入ってくる。人からどんなことを言われても気にしない』とか。(7月)24日の話だよ。

(サミュL)あっ、じゃあ俺、ちょうど名古屋にいた頃だ。なるほどねー。

(コンバットREC)こういうの言うと、怒る人もいるけど。でもこう言うしかないじゃん。今の立場だと。ね。

(サミュL)そうだね。

(コンバットREC)別にそんなに増長してるわけじゃなくて、こう言うしかないっていう状況だと思うけどね。今ね。いろんな辻褄考えるとね。

(サミュL)どうでした?原稿チェックとか。

(吉田豪)いや、ほぼ大丈夫だった。

(コンバットREC)ええー!?ああ、そう?

(吉田豪)少しぐらい。だから恋愛禁止条例の話を、指原がコメントしてるのが、さすがにちょっとアレだっていうので俺の発言に変えられたりとかあったけど、それぐらいだよね。ほぼ大丈夫だった。だから、ああ、こんなに何でも聞いていいし、ほぼ通る人なんだって思って。だって秋元康批判にしか見えないところとかも結構あったよ。

(サミュL)えっ、そうなんですか?ちなみに何文字ぐらいなんですか?

(吉田豪)何文字だろう?6000ぐらいかな?

(サミュL)結構ありますね。あ、これやべーな。早くチェックしないと。

(吉田豪)もう買えないよ。たぶん。24日発売号だと。先週(発売)だよね。

(サミュL)えっ?まだ買えますよね?

(コンバットREC)amazonとかで買えばいいんじゃない?

(サミュL)ananって毎週なんですか?

(吉田豪)週刊だよね。たぶん。

(コンバットREC)2週間にいっぺんじゃないの?

(サミュL)隔週ぐらいだと思ってた。

(吉田豪)(TLのツイートを読む)『ananの指原のインタビュー、よかったですね』。ほら、褒めてくれてるのに・・・

(サミュL)いやいやいや・・・

<書き起こしおわり>

an・an (アン・アン) 2013年 7/31号 [雑誌]
an・an (アン・アン) 2013年 7/31号(吉田豪 指原莉乃インタビュー掲載号)

BUBKA (ブブカ) 2013年 09月号
BUBKA (ブブカ) 2013年 09月号

スポンサーリンク

シェアする

フォローする