ゴッドタン佐久間Pが語る おぎやはぎはモニタリングの天才

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 715


ゴッドタンの佐久間Pと松丸アナがTBSラジオ おぎやはぎのメガネびいきにゲスト出演。映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE』についておぎやはぎと語っていました。

(矢作)ってことはさ、この映画見た後に、こんな面白く撮れるんだったら、今後『キス我慢THE MOVIE』が当たったらマネするんじゃないかと思ったの。他が。

(佐久間)あー、なるほどね。

(矢作)だって一発で撮れて。ね?いいじゃん。撮りやすくて。だけどそんな簡単なもんじゃないってことね?

(佐久間)っていうのと、やっぱり劇団ひとりっていう天才と、モニタリングシステムも結局おぎやはぎとバナナマンっていうね、モニタリングの天才がいないと成立しないんですよ。

(一同)(笑)

(矢作)モニタリングの天才(笑)

(佐久間)いや、(鈴木)工務店さんと話してたんだけど、モニタリングの天才がやっぱりおぎやはぎなんじゃねーかということで。何でかっていうと、バナナマンはちょっとだけ『仕事をしよう』っていう気持ちがちゃんとあるんですよ。特に設楽さんは。なんだけど、おぎやはぎはもう完全にお客さんになれるっていう。

(一同)(爆笑)

(小木)『おー!』とかでしょ。『すげー!』とか。

(佐久間)『すげー!』とか。あんなに1回全部お客さんになれる芸人、ベテラン・中堅でいないっていう。

(矢作)これはね、本当そうなの。あのね、芸人になった時もね、みんなね、最初とんがってるでしょ?だから芸人がオーディションとかネタ見せとかある時、他の芸人がやってる時って笑わないの。みんな。

(小木)そういうもんなんですよね。若い時は。

(矢作)俺たちだけ大爆笑してたの。

(一同)(笑)

(小木)『おもしれー!』っつって。

(佐久間)そういうことだと思うんだよね。

(矢作)『あー、おもしれー!アイツ!』って。

(佐久間)たぶん芸人さんが、他の出来る芸人さんでも劇団ひとりがいいこと言った時に、『俺だったら・・・』ってちょっと残ると思うんですよ。とか思っちゃうと思うの。で、バナナマンはそれないけど、設楽さんは『この後どうすりゃいいんだろうな?』っていうの、なんとなく考えてる感じもするんだけど、でもおぎやはぎだけですよね。完全にお客さんになれるの。

(矢作)(笑)すごいね。たしかにそういう風に言われると、いないね。そんな人。

(佐久間)いない。それはいない。今日工務店さんに言われて、『そりゃそうだ』って思って。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする