菊地成孔 ロイヤルホスト新グランドメニューを熱く語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

菊地成孔さんがTBSラジオ『荻上チキSession22』に2回めの出演。前回同様、今回も荻上チキさん、南部広美さん相手にロイヤルホストとそのメニューの魅力を熱く語っていました。
※前回の模様 菊地成孔 荻上チキにロイヤルホストの魅力を熱く語る

菊地成孔 ロイヤルホスト新グランドメニューを熱く語る
(荻上チキ)TBSラジオをキーステーションにお送りしているセッション22、ここからはセッション袋とじ。今夜のお客様はジャズ・ミュージシャンの菊地成孔さんです。よろしくお願いします。

(菊地成孔)はい、よろしくお願いします。

(南部広美)よろしくお願いします。

(荻上チキ)前回に続いてロイヤルホストの話をしにやってきたぜ!ということなんですけれども。

(菊地成孔)『やってきたぜ!』っていうのは(笑)。まあ、送り込まれた、配属されたんですよ。ロイホの話してくださいって。はい。

(荻上チキ)あれからまた、行ってますか?ロイヤルホストには。

(菊地成孔)まあ、同じ調子に・・・それなりに行ってますけど。グランドメニューが変わったんですよね。

(南部広美)そうなんですよね。『よね』って、最近私も行きだして。

(荻上チキ)みたいですね。

(南部広美)なんか大きくこう、ロイヤルホストの入り口のところに、はためいてるじゃないですか。

(菊地成孔)はためいてますよ。はい。

(南部広美)で、『グランドメニュー、新しくなります!』って。新しくなってから、まだ行ってないですけど(笑)。

(菊地成孔)ああ・・・

(荻上チキ)どうなりました?新しくなって。

(菊地成孔)まあ、そうね・・・長谷川さん(番組プロデューサー)に伝えたいのは、自分がやっているもう1つの番組のネタをこっちに流すんですか?っていうね。

(荻上・南部)(笑)

(菊地成孔)ロンダリングっていうんですかね?ロンダリングじゃねーか。

(南部広美)でも、2度楽しめるっていうことですね。

(荻上チキ)2度言うのか、それとも先出しなのか?どちらにしてもってところ、ありますよね。

(菊地成孔)まあまあ、そうですよね。グラタンが3つあるんですよ。それでね、グラタン・ドリアが3つあるんですけど、2つは小さいんですよ。

(荻上チキ)サイズが。

(菊地成孔)はい。それに関して、『小さいグラタン』ってシールが貼ってあるんですね。

『小さいグラタン』のシール

小さいグラタン 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上チキ)(笑)

(南部広美)本当に。写真撮ってきていただいて、いま見てますけど(笑)。

(菊地成孔)これ、貼りすぎですよね。

(荻上チキ)『小さなグラタン』って(笑)。

(菊地成孔)さらにですね、特にこの『小さなグラタン』の右の方のグラタンね、に関して南部さんに見ていただきたいんですけど・・・

(南部広美)メニュー、本当に写真・・・(笑)。

(菊地成孔)これ、『小さなグラタン』ってシール貼ってある上に、名前自体が『ちょっと小さな海老とチキンのグラタン』で、さらに『直径11cmのスモールサイズ』って書いてあるんですよ。

(荻上チキ)(笑)

(南部広美)小さいことが・・・(笑)

(菊地成孔)これだけの空間に小さい、こんなに小さいって・・・

(南部広美)『小さい』が4回ぐらい(笑)

(荻上チキ)4アピールですか。

(南部広美)アピールされてて(笑)。『HOT注意』もありますね。

(菊地成孔)『HOT注意』もあります。『HOT注意』もね、シールなんですよ。でね、気まぐれに貼ってるんですよ。全部熱いものに貼ってあるわけじゃないんですよね。まあとにかくね、1分や2分では話せないんですけどね。あの・・・ここですよね。『心地よいダイニングで豊かな時を過ごす からだにやさしいコックがひとつひとつ手間をかけてつくる料理 健康においしさをプラスして』っつって、全体的にヘルシーな料理ってことを打ち出したいってことが分かるんですけど、『からだにやさしいコックがひとつひとつ手間をかけてつくる料理 健康においしさをプラスして』はちょっと違いますよね。

からだにやさしいコック 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上チキ)言葉のかかり方、違いますね。

(菊地成孔)『からだにやさしい』・・・えっとね、『健康においしさをプラスした からだにやさしい料理を コックがひとつひとつ手間をかけています』っていうのが、まあ一応分かる日本語なんですね。こういう形になってるんですね。だから、ひとつのポエジーっていうか、詩の形になってるんですよね。

(南部広美)『いつも輝いている自分を “Sunshine Partner(サンシャイン パートナー)”』って書いてありますけど、下に(笑)。ちょっと・・・

(菊地成孔)そうですよ。はい。

(南部広美)(笑いがツボに入る)

(菊地成孔)これ、ヤバイですよ。あとね、南部さんに入ったんでどんどん行きますけど、ビフテキの特集になってるんですけどね、今回のビフテキの特集の最大の特徴はですね、プリントミス、出力ミスで牛の目が赤いっていう。

(荻上・南部)(爆笑)

(菊地成孔)これ、ヤバイですよ。あのー、生放送中に見せるものじゃなくて申し訳ないんですけど、目が赤いです。これ。

ビフテキ特集 牛の目が赤い

赤い目の牛 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上チキ)あの、よく昔の写真とかで、カメラで撮ると目が赤くなるってあのまんまですね。

(菊地成孔)いや、っていうかね、その赤目じゃないんです。これはね、足してんの。(写真を)アップしてみましょうか?

(荻上チキ)明らかにカラーリング、おかしいですね、これ。

(菊地成孔)これね、添えてるんですね。赤目を。

(南部広美)本当です!つけてる(笑)。赤、足してるんだよ(笑)。

(菊地成孔)これね、なんで添えてるのかが分かんないんですよ。

(南部広美)新しくなったメニューですよね?

(菊地成孔)これ、新しいメニューですよ。まあ、中西部の牛は目が赤いと言いたい。中西部はHEART LAND(ハートランド)と言って、そこで育っている牛は特別だって言って、北米の地図の中で中西部を限定してるんですけど、ほとんど中西部だっていう。

アメリカ地図の大部分が中西部

巨大なアメリカ中西部 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上・南部)(爆笑)

(荻上チキ)アメリカの3分の2ぐらい中西部ですよ、これ(笑)。

(菊地成孔)これはね、サブの人も笑ってますけど、見たら笑ってるどころじゃ済まない。これ、ヤバイですよ。これ。この牛ぜんぶが中西部の牛なんですけど・・・

(荻上チキ)これ、みんなに見せたいわー。

(南部広美)菊地さん、ヒドい・・・(笑)しゃべれないよ・・・(笑)

(菊地成孔)まだまだありますよ!スペシャルセットがね、『A・C・スペシャル』。Bがない!っていう。

セットメニュー 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上・南部)(爆笑)

(荻上チキ)なんでだよ!

(南部広美)本当だ、ない!

(菊地成孔)Bはね、ライスを選択しない人がBなの。

(南部広美)っていうか、この前までありましたよね?Bってね。

(菊地成孔)ありましたよ。あの、ライスがないのがBなんで、それはあるページのすごい隅っこの方に追いやられてるんです。

(荻上チキ)いじめんなよ、ライス好きを・・・(笑)

(菊地成孔)全体の・・・あれですよ。

(南部広美)私、この前Bたのんだから(笑)。Bが抜けてる(笑)。

(荻上チキ)追いやられたね。

(菊地成孔)こんなもんじゃないんですけどね。あんまり・・・いちばん売れてる、いまいちばん推してるハンバーグが『ハンバーグJapan』っていうんですよ。どうしてハンバーグJapanっていうのかな?って思って、理由が分かんなかったんで調査に出たんですけど。事前に『和風』っていうのがあったからだっていう。

ハンバーグJapan

ハンバーグJapan 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上チキ)(笑)

(菊地成孔)それとの差別化を図るために『Japan』って言うしかないっていうことから、今回『ハンバーグJapan』になったっていう。まあ、こんなもんでいかがですかね?

(荻上チキ)じゃあ、和風ハンバーグはおろしたやつとかをかけたりするんですよね?たぶん。

(菊地成孔)和風ハンバーグはもう、ずっと昔からあったんですけど、『和』を推したいハンバーグが新製品で出た時に、和風ハンバーグのバリエーションじゃ弱いと思ったんですよ。とにかくロイホは溢れてかみまくってるんで。溢れすぎちゃって。なので、『ハンバーグJapan』って言うしかなかったんだっていう選択肢をロイホは取った上に、全体の成績が上がってるっていうことですね。

(荻上チキ)コピーライティングのスキルがすごいですよね。でも。

(菊地成孔)まあ、まとめて見たら体に悪いですよね。本当にね。牛の赤目はちょっと夢に出てきそうです。まあ、是非実際、店頭にっていうかロイホに食べに行かれて、確認していただきたいです。

(荻上チキ)何個つっこめるか?っていうね。ちょっとしたディズニーランドですよね。ミッキーを発見する感覚で、つっこみポイントを探すっていう。

(菊地成孔)これはもうね、氷山の一角に過ぎませんから。

(南部広美)ダメだ、私。なに聞いてもおかしくなっちゃってる。ちょっと(笑)。

(中略)

(荻上チキ)僕、たぶん1人でロイヤルホスト行っても、いちいちつっこまないと思うんですよ。くたびれてるから。日常に。だから・・・

(菊地成孔)いや、僕もクッタクタですよ(笑)。暇してるからつっこんでるんじゃないですよ(笑)。

(荻上チキ)そういうこと言ってるわけじゃないけど(笑)。わざわざ目に入ってこないと思うんですよ。発見しないですよ、そもそも。

(菊地成孔)でも、ロイヤルホストのグランドメニューは社長が実際作ってるんですけど、入り口で配ってるのには業者が入ってるんですね。

(南部広美)持って来てるから(笑)!

(菊地成孔)ちゃんとしてるんですよ。こっちは全く破綻がないの。『なんなの?この2WAY?』って思いますよね。

(荻上チキ)なんでハンバーガーがキャラクターなんだろう?ぐらい思いますけど。そんぐらいですかね。

(菊地成孔)これはね、たぶん作っている業者がモスバーガーとおんなじ業者だと思うんですね(笑)。いやいや、これはね、言葉を失います。本当に。店内は社長チェックなんですよ。だからデザイン会社入ってないと思うんですけど、入り口のキャッシャーで配っているこの紙だけはね、ちゃんとキチッとデザイン会社通してるんです。ここ丸く切ったりとか。

(南部広美)本当だ。

(菊地成孔)別人格ですよね。

(荻上・南部)(笑)

(荻上チキ)表向きの顔はこうってことですね。

(南部広美)じゃあ、あのさっき見せていただいたグランドメニューのあれは、社長さんのフレイバーというか・・・

(菊地成孔)まあ、私の予想と同時に高い、いろんな見識眼のある方の意見を総合すると、やっぱり業者は通ってないってことですね。最後のチェックは社長ですよ。だから『ここ、入れよう』とかね。『小さいグラタン、書かなきゃ!』って後でシール貼ったりしてるんで。

(荻上チキ)ロイホの社長にインタビューしてみたいですね。どういう思いでこれをやってるのか?とか。

(南部広美)菊地さんと対談してほしい。

(荻上チキ)対談。でもこう、伝説じゃないですけど、会ったら逆に終わり感みたいなの、ないですか?

(菊地成孔)ありますよ。だからなるべくそんな、会いたくないですよね(笑)。

(荻上チキ)分かっちゃうとつまんないものも、あったりするじゃないですか。

(菊地成孔)ありますあります。

(荻上チキ)『実は僕はかくかくしかじかで』って種明かしするとね、ショボくなったりしますからね。

(南部広美)たしかにまあ、触れないでいる、この距離のあるところで楽しみたいっていうのはあるかもしれない。

(荻上チキ)そうそうそう。菊地さん、他のファミレスには行かないんですか?

(菊地成孔)行きますよ。

(南部広美)たとえば?

(菊地成孔)たとえば・・・だいたいくまなく行きますよ。まあ、ファミレスばっかり行ってるわけじゃないんですけど。ファミレスはやっぱり、私メニューが混乱してるのが好きなんです。

(荻上チキ)雑多な感じですか?

(菊地成孔)あの、店長が書いてるメニューってあるじゃないですか?東京にはなかなかもうないですけど、地方行ったりすると定食屋さんとかで店長が書いてるじゃないですか。私が子供のころ、千葉県の銚子市なんですけど、近くに洋食屋があったんですよ。そこの店長さんが・・・千葉県銚子市の洋食屋の店長さんで昭和40年代の方ですけど、メニューに手書きでね、『夜のランチ』って書いてたの。

(南部広美)(笑)

(菊地成孔)『夜のランチセットA・B・C』って書いてあって、その店長さんは『ランチ』っていう言葉を『フライの盛り合わせ』っていう意味だと思ったの。

(荻上チキ)なるほどね。

(菊地成孔)うん。と、解釈したの。どっかのランチがフライの盛り合わせだったんでしょうね。なんで、それ以降ランチっていうのフライの盛り合わせだと考えて、夜、ウチがフライの盛り合わせを出す時に『ランチ』って言ったんですよ。『夜のランチ』。まあ、隠微ですよね。

(荻上チキ)『夜の』ってなると。

(菊地成孔)『夜のランチ』。これに衝撃を受けてから、やっぱり探すようになっちゃいましたね。手書きのメニューは。

(南部広美)原体験はそこだったっていう。

(菊地成孔)そこです。はい。だから、ロイヤルホストみたいな全国展開してるね、お店がそんなことになっているとは、つゆとも思わないんで。パッと読んで捨てちゃうじゃないですか。たのむもんだけたのんで。チェックして『あっ!』って気がついたんです。ほころびに。そこが活字こそ印字してるけど、店長が書いてる!って思った時から、バーッ!っとあとはもう・・・流れる石のごとくですよね。

(南部広美)じゃあ、今回のグランドメニューが変わるっていうのは、菊地さん的にはすっごい楽しみにしてたことなんじゃないですか?

(菊地成孔)そうです。かなり楽しみですよ。

(荻上チキ)間違い探しみたいなもんだもんね。

(菊地成孔)あの、『iPad買うのに3日並びました』とかね、まあ個人の感想ですけど、『バカじゃないの?』って思ってたんですね。ですけど、グランドメニューが今日から変わるっていう時はもう私、寝るのが遅いんで、朝8時とかに寝るんで、もうその日ばかりはロイホの前グルグル回ったりして。

(荻上・南部)(爆笑)

(菊地成孔)グランドメニューを最初に読みたいんで。はい。で、見たところ牛の目は赤いはね、グラタンは小さいはで、もうバンザイ!ですよ。

(南部広美)『黒☓黒ハンバーグ』の『黒』は・・・

(菊地成孔)『黒☓黒ハンバーグ』の『黒』は、下4つある転々の1個が赤くなってね、ガス火をイメージさせてるってこととかですね。そういうことですね。

黒☓黒ハンバーグ

黒☓黒ハンバーグ 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上チキ)なんでそうなのか?っていうことは、分かんないですけどね。

(菊地成孔)おすすめグラスワインの赤と白が夫婦よろしく寄り添っていた時代があったんですよ。これもね、ほとんどの人は気がつかないの。ある日ね、また元に戻っていたんです(笑)。

おすすめグラスワイン 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上・南部)(笑)

(菊地成孔)こういう推移を見てくんですよ。やっぱり。はい。

(荻上チキ)それ、見比べないと気づかないですよね。

(菊地成孔)気づかないですね。とにかく、食べたいものを選んで注文したら(メニューを)返しちゃうと面白く無いですよね。

(荻上チキ)たしかに、手書きの、地方とかだとね、腰砕けのメニューとかあるじゃないですか。そういったのに気づくと『地方きたな』って感じがしますけどね。

(菊地成孔)ヤバイですよ。『夜のランチ』、ヤバイです。本当に。

(荻上チキ)ナポリタンとスパゲッティだけ2つあるとか。なんかその地域の海の家とかで変なメニュー、あったりするじゃないですか。

(菊地成孔)ありますね。

(荻上チキ)それってやっぱり、つっこみ面倒くさいんですよね。『またまた・・・』みたいな。

(菊地成孔)それ、面倒くさいですね。ま、いっぱいあります。とにかく・

(荻上チキ)格調高いロイホでってなると・・・いや、菊地さんの言い方が面白いんだと思う。

(菊地成孔)いやいやいや・・・気がついたら全員分かりますよ。

(荻上チキ)たぶん明日、面白いんだろうなってロイホ行ったら、すっごい僕、覚めると思いますね。

(菊地成孔)そうなんですか?えっ、だって中西部がこんなに広いのに、覚めるんですか?おかしいじゃないですか、それは。牛の目が赤々と照ってるのに、覚めてるんですか?それでいいんですか?(笑)

(荻上チキ)たぶん僕の人生なんですよ、それが。

(菊地成孔)本当ですか?あの、最近のロイホはまず運ばれてくると、紙がね、グリーンで何も印刷されてないから、なんか今までガサガサといろいろあったのにおかしいな?って思ったら、グランドメニューの上にあるこれに合わせてるんですよね。

(荻上チキ)あー。

(菊地成孔)シルクのテーブルクロス。

シルクのテーブルクロス 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上チキ)ナイフとフォークを乗せてるやつ。

(菊地成孔)そうそう。それとこの紙が合わせられてるっていう。同じ色なんですよ。

(荻上チキ)色味だけ。

(菊地成孔)まあ、これも合ってるんですけど。こういうことに気がつく。

(南部広美)あー、こだわり。

(菊地成孔)こだわり。それがね、アボカドまでつながってるんですね(笑)

(南部広美)アボカドメニュー、あるある!ありますね。

(菊地成孔)アボカドメニューの隣に、いつの間にかサーモンがきてたの、知ってました?南部さん。これはこうだったんですよ。

(南部広美)あっ!そう。ひとつでしたよ。サーモンが増えたんですね!

(菊地成孔)なのにも関わらず、名前がね、『アボカド&シュリンプボート』っていう名前で、サーモンのサの字も入ってない。

アボカドメニュー 菊地成孔 ロイヤルホスト

(荻上・南部)(爆笑)

(菊地成孔)分かんない。これは。やっぱりなんかの愛がこうしてるの。

(南部広美)シュリンプでした。シュリンプでした。サーモンが乗って・・・ああ・・・

(荻上チキ)どうなの?最初コンセプトがあって、さらにサーモンも乗っけちゃったのか・・・

(菊地成孔)なんかサーモンにしたんですけど、ネーミングの際に忘れてたんですよ。そこですよね。やっぱり。だから覚めてはいられないと思いますよ(笑)。

(南部広美)いやー、もういろいろありますけど・・・

<書き起こしおわり>