スポンサーリンク

ジェーン・スーが語る 東京いい男MAP・30代女子のすべきこと TOKYO FM アポロン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 746

ジェーン・スーさんがTOKYO FMお昼の番組『アポロン』に出演!30代女子の齊藤美絵さんを相手に、『東京いい男MAP』『30代女子が愛の為にやっておくべきこと』というテーマについてお話されていました。


以下、書き起こしです。

(齊藤美絵)齊藤美絵がお送りしております、TOKYO FM アポロン。今週のアポロンは『必殺!愛の仕事人』。そこに隠された秘密の愛。毎日愛の仕事人が、秘密の愛をバッタバッタと発いてくださいます。まず、今日はこの方です。愛の仕事人、もしくはラジオ界のマツコ・デラックス。ジェーン・スーさんがこっそり教える『東京いい男MAP』。

(BGM)Kaoma ランバダ 愛のテーマ



(齊藤美絵)ランバダですか!?早速ご紹介しましょう。ある時は音楽プロデューサー、またある時はラジオのDJ、しかしその実態はアラサー愛の伝道師。ジェーン・スーさんです。こんにちは。

(ジェーン・スー)こんにちは。よろしくお願いします。

(齊藤美絵)よくお越しくださいました。よろしくお願いします。

(ジェーン・スー)はじめまして。よろしくお願いします。

(齊藤美絵)あの、TOKYO FMは初。

(ジェーン・スー)そうなんですよ。もうビックリしました。こんなに景色のいい所で、こんな品のない人間が昼から出ていいのかと。

(齊藤美絵)いやいや、とんでもないです。

(ジェーン・スー)ちょっと不安なんですけど。

(齊藤美絵)いや、レモンイエローのワンピースが素敵で。

(ジェーン・スー)ありがとうございます。

(齊藤美絵)よろしくお願いします。

(ジェーン・スー)よろしくお願いしま・・・ちょっと怖がってませんか?大丈夫ですか?

(齊藤美絵)私ね、『姉さん』に弱いんですよ。

(ジェーン・スー)そうなんですか。大丈夫ですよ。噛み付くにはちょっと距離があるんで大丈夫です。はい。

(齊藤美絵)噛み付いてください!さあ、まずTOKYO FMアポロンリスナーの方へ、ジェーン・スーさん、TOKYO FM初ということなので、簡単にご紹介させていただきますと、ジェーン・スーというお名前はいわゆる芸名といいますか・・・

(ジェーン・スー)そうですね。元をただすとmixiをやってた時の名前がジェーン・スーで、もっと元をただすと、友だちとふざけてつけあった、ホテルを予約する時に外人のフリをするんで、ふざけてつけあった名前がジェーン・スーなんですよ。

(齊藤美絵)でも、今はじめてお会いして、『ジェーン・スーさん』って言われたらジェーン・スーさんだなと思いますもんね。日本名は分からないというか。

(ジェーン・スー)そうですよね。名前なんかどうでもいいんだなってよく分かりますけど。自分でつけて。

(齊藤美絵)まさに、日本生まれ日本育ちのアラフォーの素敵なお姉さま。幅広いジャンルでご活躍されているんですが、何と言ってもブログやラジオでの30代女子への辛口トークが素晴らしいんです!タイトルだけ引用させていただいていいですか?

(ジェーン・スー)はい。ブログですね。

(齊藤美絵)ご本人許可。[貴様いつまで女子でいるつもりだ問題][女子会には二種類あってだな][三十路の心得10箇条]・・・姉さん。

(ジェーン・スー)そうなんですよ。そんな感じのブログを書いてまして。日頃ふつふつと思っていることだったりとか、プライベートで女友達とファミレスで延々朝までしゃべっているようなことをブログに書きまして、宇宙に放つという、一銭にもならない行為を日夜やっているわけですけども。

(齊藤美絵)で、このBGMでお届けしてる『ランバダ』もジェーン・スーさんがアラサー女子におすすめする『お出かけ前BGM』・・・

(ジェーン・スー)そうなんですよ。何をやってるかと言いますと、アラサー女子というのはですね、いろいろガチガチになって、前も後ろも右も横も分からないような状態で肩肘張って生きてるのを見てると、アタタタタ・・・となりまして。ま、そこから約10年ですね、年上の私が『その道は通ってきたよ』ということで、『肩の力を抜きなさい』・・・『抜きなさい』なんて偉そうなことは言えないですね。『抜いたらどうかね?』ぐらいの感じの『(肩の力を)抜いたらどうかね?』ソングの一つが『ランバダ』ですね。

(齊藤美絵)うーん。

(ジェーン・スー)テンションも上がるし、力もどうでもよくなるっていうか。

(齊藤美絵)たしかに、『ランバダ』が助けてくれる感じはありますね。

(ジェーン・スー)そうですよね。すごく深刻なことで悩んでいても、爆音でこれを聴いてると『ま、いっかな?』っていう。音楽には素晴らしい力があるっていう。

(齊藤美絵)助けられる感じ。で、そんなジェーン・スーさん、勝手に『ラジオ界のマツコ・デラックス』とご紹介したんですが。大丈夫ですか?

(ジェーン・スー)ありがとうございます。大丈夫です。ま、マツコ・デラックスさんなんて、そんな巨匠にたとえていただくのは本当に申し訳ないんですけど。

(齊藤美絵)でも全然サイズはマツコ・デラックスでもないですし、性別も・・・

(ジェーン・スー)ギリギリ違うぐらいなんですけどね。

(齊藤美絵)寄り添ってる?あ、そうですか。

(ジェーン・スー)あの、マツコさんは本当に『シャーマン』だと思うんで。私はシャーマン要素は全然ないんで。本当にただのその辺の中年ですから。

(齊藤美絵)いやいや、もう本当今日はお話を伺うのがとにかく楽しみで。ワクワクして来たんですが、早速『必殺!愛の仕事人』が関わるいろんな秘密の愛ということで、ジェーン・スーさんには『東京いい男MAP』、広い東京のどこにいい男が今いるのか?伺いたいんですが。いい男ってどこにいるんですか?

(ジェーン・スー)これね、結論から申しますと、そんなMAPは無いです。

(齊藤美絵)おっ?えっ?東銀座にいるとか・・・神田に最近いるとか・・・

(ジェーン・スー)無いですね。戸越銀座にいるとかもないですし。

(齊藤美絵)戸越銀座もいない。いるかもしれない・・・

(ジェーン・スー)東雲とかもいない。

(齊藤美絵)東雲、いそうですけどね。

(ジェーン・スー)東雲(しののめ)、読める人が少ないってのもありますけどね・・・いないんですよ!結論から言うと、『東京いい男MAP』、『うわ、すごい。おしゃれだな。さすが!』と思ったんですけど、まあ考えたんですけど、無いですね。何でかって言うと、ここで一つ、齊藤さんに質問をさせてください。齊藤さんのお友達が「彼氏できたんだ」と言って、「こんな人」っていう話をした時に、「あら、いい男じゃん!」っていう反応を返す場合、どんなタイプの人だったら「あら、いい男じゃん!」って返します?

(齊藤美絵)なんか「話を聞いてくれるんだ」とか「分かってくれるんだ」っていう人には・・・『いい彼じゃん』って思いますね。

(ジェーン・スー)そうですよね。で、『いい男』ってなったらどうなります?

(齊藤美絵)『いい男』・・・目がキラキラしてる。つい最近、友だちの彼紹介してもらったんですけど、目がキラキラしてまして、『いい男だな』って。

(ジェーン・スー)『目がキラキラした』っていう人、よくいますよね。『純粋な』とかそういう意味ですよね。結局、ちょっと僭越ながら私が申し上げますと、大概の女性が『いい男』として挙げるスペックだったりとか要素だったりとかっていうのは、単純に自分にとって都合のいいっていう要素でしかないんじゃないかなと思ってまして。

(齊藤美絵)ほう。

(ジェーン・スー)たとえば分かりやすく言うと、昔言っていた『三高』みたいな。『稼ぎがいい』とか『背が高い』とか『学歴が高い』。あと、『優しい』とか。そういう・・・

(齊藤美絵)自分にとってね。

(ジェーン・スー)そうなんですよ。『稼ぎがいい』っていうのは、自分が楽を出来るとか見栄が張れるとか。『優しい』っていうのも、自分がワガママを言えるっていうことだったり、好都合ってことだったりとか。あと、『浮気しない人がいいな』、それも自分が大した努力をせずに保険がかけられるっていうことだったりとか。

(齊藤美絵)・・・黙っちゃった、今。

(ジェーン・スー)もうちょっと齊藤さんより上に行きますと、『長男じゃない』っていうのがだいたい条件に出てくる。

(齊藤美絵)あー、なるほどね!聞きます聞きます。

(ジェーン・スー)結局、先方の親の世話をしたくないっていうことですから。とかね。などなど女が楽できたりとか、世間体を保てたりとか。とにかく自分を甘やかしてくれる人っていうような人を『いい男』って言いがちだなと、ちょっと老婆心ながら思っておりまして、そんなものは地図上には表せないじゃないですか。

(齊藤美絵)申し訳ないです。はい。

(ジェーン・スー)いえいえいえ。逆にね、これを逆さにしてみましょう。性別を。この手のスペックっていうのを女の人が男性から求められると、大体のアラサー女子はキレるんですよ。

(齊藤美絵)(笑)

(ジェーン・スー)たとえば『料理がうまい』『子供が好き』『キレイ』『かわいい』『明るい』『素直』『男性経験が少ない』とか。「何言ってんの!」「そっちの都合のいいことじゃん!」って言うじゃないですか。

(齊藤美絵)言いますね。

(ジェーン・スー)だから、そういうことでお互い言っていると、どんどんお互いいがみあっていくようなことになってしまうので、『いい男』っていう最大公約数の概念を一回忘れたほうがいいんじゃないかなと。

(齊藤美絵)一回捨てる。

(ジェーン・スー)そうなんですよ。それによってかなりの遠回りになる可能性があるので。そうなると、数だけモテたいっていうことであれば、雑誌を鵜呑みにして最大公約数。男性はだいたい明るくてかわいい子が好きですから。明るくてかわいい子がどうしても嫌いだっていう人はそんなにいないので、明るくてかわいい子を目指していれば、だいたい網に魚は引っかかりますよね。

(齊藤美絵)もう・・・『いい男MAP』なんてタイトルをつけた時点で申し訳ないっていうのが・・・

(ジェーン・スー)いえいえいえ。みなさん、そこから始めますからね。

(齊藤美絵)でも、やっぱりジェーン・スーさん、聞きたいのが30代女子。愛の為に今、何をやっておくべきか?これちょっと、次の秘密で教えてもらってもいいですか?

(ジェーン・スー)はい。是非是非お願いします。

(中略)

(齊藤美絵)今週のアポロンは『必殺!愛の仕事人』。そこに隠された秘密の愛。様々な秘密の愛を聞いてますので。知りたいことがあれば是非、書いて送ってもらいたいのですが、初日の今日はラジオ界のマツコ・デラックスこと、ジェーン・スーさんに教えてもらう秘密の愛。こちらです。『30代女子 齊藤美絵が愛の為にやっておくべきこと』。

(BGM)Jennifer Lopez On The Floor ft. Pitbull



(齊藤美絵)先ほど、『いい男MAPじゃない。自分を知ることが大事だ』と教えていただきましたが、アラサー愛の伝道師、ラジオ界のマツコ・デラックスこと、ジェーン・スーさんに今度は私、30代女子。世の30代女子、愛の為に今、何をやっておくべきか、教えてもらいたいんですが。

(ジェーン・スー)はい。まず、『女子』って言うことをやめることから始めていただいて。

(齊藤美絵)(爆笑)あーでもね、これ、分かる!

(ジェーン・スー)これね、やっぱりね、歳とり始めると『女子』って自分で言うんですよね。

(齊藤美絵)ちょっとね、自分で言っててもくすぐったいんですもん。

(ジェーン・スー)あのね、ホルモンが無くなってくると『女子』って言い始めるから。『女子』っていう言葉はホルモン注射じゃないんで。みなさん、お気をつけいただきたいのと・・・

(齊藤美絵)なんて言えばいいですか?

(ジェーン・スー)いや、『女性』とか『女』とか。『女子』っていう意味がたとえば『少女』っていう意味と同義だった場合には、少女っていうのは自分の中にずーっと一緒にいるもんだと思うんで、それは全然あっていいと思うんですよ。それをなくす必要は全然ないと思うんですけど、ただほら、フィルターかけて行ったほうがいいかな?っていう。自分のどれぐらい親しい人まで自分の『女子』というか『少女性』っていうのを理解してもらえばいいかなっていうあたりまで考えたりとか。あと一番大事なのは、『自分の棚卸し』ですね。

(齊藤美絵)棚卸し!?どういうことですか?

(ジェーン・スー)自分の中で在庫がグッチャグチャになっているわけじゃないですか。自分という商店の在庫が。何が何個あって、今何が足りなくて、どのへんが売れ筋でとかいうのをちゃんと棚卸しして把握する。

(齊藤美絵)・・・全く把握できてないですね。たしかに。どうすればいいんですか?

(ジェーン・スー)あのですね、『人にこう見られたい自分』っていうのがあるじゃないですか。特に30代とかになるとあると思うんですけど、それってだいたい自分のコンプレックスの真逆だったりするので、その辺りから考えたりだとか、あとお友達に聞いたりとか、そういうことをしながら。あと、嫌いなタイプの女性っていますよね。『アタシ、コイツ大っ嫌い!このタレント!』っていうの。だいたいああいうのって、自分のコンプレックスの裏返しとか、自分がこういうところが足りなくて嫌だなって思っているところを刺激してきたりとかする相手だったりすることが多いので、その辺注意していただいて。実際やっちゃいけないよって、やらない方がいいよってことでいうと・・・

(齊藤美絵)いまやっておくべきじゃなくて、やらないことも教えていただけるんですね。

(ジェーン・スー)そうですね。あの、『人を裁かないこと』。

(齊藤美絵)『裁く』・・・と、いいますと?

(ジェーン・スー)『あの人、ああだけど普通こうだよね?』とか、『あれは非常識!』とか。

(齊藤美絵)女子会・・・じゃなくて女性会で良くね・・・

(ジェーン・スー)『女子会』は『女子会』でいいんですけど。

(齊藤美絵)もう今、すごい気をつけちゃって(笑)。

(ジェーン・スー)いや、いいんです。大丈夫です。別に私警察じゃないんで。逮捕とか出来ないんで大丈夫です。あの、『普通こうでしょ?』とか『あの人、すごい◯◯で非常識だよね!』とか。『ありえない!』とか。そうバッサバッサと人を裁きがちになるんですけど、なんかね、まことしやかにやるんですけど、単純に傷ついただけだったりとか、利己的な願望が裏切られたことが悲しかったりとかっていうだけなのに、すごいまことしやかに、『あの人はこういうところ、ダメ!』とか言うんですよね。まず、『人を裁かない』。これが一つと、あとは『食わず嫌いをやめる』。

(齊藤美絵)食わず嫌い・・・食べ物?

(ジェーン・スー)いや、食べてから好きか嫌いかを決めましょうっていうのが大きなテーマで。たとえば運動だったり恋愛でも違うタイプの人だったりとか、習い事とか。「私、インドアだから・・・」って言って行かなかった音楽フェスに行ってみるとか。今までやらなかったこと、20代のうちに食わず嫌いでやらなかったことっていうのを、オープンな気持ちでやってみると、改めて自分の思考とか好みっていうのがしっかり分かるようになるので、そこで出会いとかもありますからね。

(齊藤美絵)やらないって決めない。

(ジェーン・スー)決めない。とにかく頑なです!30代の女って。怖い!もう本当・・・同世代の男性、みんな怖がってますからね。

(齊藤美絵)怖い!?怖かった?ああ、頷かれてる!

(ジェーン・スー)怖いですよー。30代の女、一番怖いですから。

(齊藤美絵)なんかね、腫れ物に触っちゃいけないみたいな感じで見られてるなってちょっと感じるんですよ。どこまで言っていいのかなっていう。

(ジェーン・スー)人に懐かない犬みたいですから。手を差し伸べると、シャッ!って。でもそれはなぜかっていうと、すごい傷ついたりとか、もう二度と傷つきたくなかったりするわけじゃないですか。

(齊藤美絵)ああ、そうですね。

(ジェーン・スー)その気持をちゃんと吐露していった方がいいんじゃないかなと。

(齊藤美絵)もう言っちゃうっていう。

(ジェーン・スー)素直に。自分に。一番むずかしいですけど。私と同じ轍を踏まないように。

(齊藤美絵)そうなんですか(笑)?

(ジェーン・スー)そうなんです。私、これに気づいたのがつい数年前なんで。

(齊藤美絵)やっぱり変わって行かれますか?そうやった結果。

(ジェーン・スー)そうですね。圧倒的に変わりますね。

(齊藤美絵)ジェーン・スーさんの恋愛はどうなっていきました?

(ジェーン・スー)最初はやっぱりひどかったですね。自分の足りないところをガンガン人で補完するような恋愛ばっかりしてたりとか。

(齊藤美絵)人で補完!パートナーだったり。

(ジェーン・スー)そうです。パートナーの長所で補完したりとか。あとやっぱり裏切られた時に、まことしやかに責め立てたりとかいうのは、よくやってましたねー。そうすると、『中年こじれ島』っていう島に行って。

(齊藤美絵)何ですか、それ!?

(ジェーン・スー)あの、こじれた中年がみんな集まって、もうパンパンなんですよ。もうアラフォーでパンパンなんで、今アラサーの人たちは来てほしくない!

(齊藤美絵)来るなと。

(ジェーン・スー)カニバリズムが始まる寸前なんで、来ていただきたくないんで、ここはみなさん、自助効果でしっかりやってくださいっていう。

(齊藤美絵)もう手に汗握るっていう・・・

(ジェーン・スー)大丈夫ですか?すいません。

(齊藤美絵)あの・・・はい、気をつけます!もうこの瞬間から。

(ジェーン・スー)もっと仲良くしたいですけどね、齊藤さんと。

(齊藤美絵)よろしくお願いします!

(ジェーン・スー)背筋が伸びてますね。

(齊藤美絵)はい。

<書き起こしおわり>

ジェーン・スーさんがよくお話されていることがコンパクトにまとまっていていい感じっすね。
そして、TBSラジオ 高橋芳朗HAPPY SADでやっていたランバダBGM攻撃が再び実行されていて、個人的にツボでした。
さりげなくジェニファー・ロペスのOn The Floor ft. Pitbullかけるところも一緒だしw この曲の破壊力はパネェぜwww

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする