ブーム終焉間近? 粋な夜電波 第四時韓流最高会議

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 729

TBSラジオ 菊地成孔の粋な夜電波で少女時代の曲を出した時に開催される韓流最高会議。今回も社会学者の韓東賢さんとDCPRGの田中教順さん(田中ちゃん)を迎えて開催されました!




今回は韓流ブーム爛熟期もギリのギリ。
「えー、K-POPまだ全然イケてるんですけど。ファンミーティング~!」な皆さんから、「いやー、一時期はハマってねぇ・・・」なんていうすっかりお見限りの皆さん、そして「最初からあんなもん、絶対に認めねぇ!」という明るいナショナル、みんなのナショナルな皆さん、「ちゅーかもう、エレクトロでマイナーキーでダンストラック聴くこと自体が飽き飽きだよ!」というご説ごもっともの音楽ファンの皆様まで、プルコギみてーにしてガッツリ、もう鍋みてーにガッツリひとつに入りまして、一緒になってお楽しみいただく放送になりました。(菊地成孔さん 前口上より)

さすがに日本でのK-POPブームは終わりに近づきつつある現在。今回の韓流大会議は参加されているお三方のテンションもそれなりでした。
今回は特に田中ちゃんのテンションの低さが超印象的。市井のK-POP愛好家、ストリートのK-POP顧問として紹介されているにも関わらず、「個人的なところを申し上げると、(マイ)ブームは終わりかけている・・・」「gee/genieの頃のウォー!という感じは無くなった」などと語り、終始低めの沈んだトーンでお話されていました。

4集:I Got A Boy (韓国盤)
今回はクール・セクシー路線を廃し、ハイヒールを脱ぎジャージを着て、きゃりーぱみゅぱみゅ的・ストリート的になってしまった少女時代の韓国版新作「I Got A Boy」および、いろいろやり尽くしてしまったK-POPの現在がトピック。

「とにかく、さっきの口上でも言いましたが、エレクトロでマイナーでキーが変わらないっていう曲で、とにかく何十曲もいいのやっちゃったんで、あと残されているのは転調とナントカっていくつか音楽的技法残されて・・・要するに詰将棋みたいに考えると、いくつかしかないですね。少女時代、さすがだなと思うのは、一応そこを打ってるんで、まあまあそこはさすがですよねといいながらも、今日の田中ちゃんの沈みっぷりですよね。なんといいますか、忸怩たる思いで着席しているという・・・(菊地成孔)」

「まさにそこなんですよね。ちょっと(K-POPが日本に入ってきた)最初のほうって、韓国の人たちがどうやったら日本に響くかなという試行錯誤の跡が見えたんですけど、大体こうすると一定数来るんだな、日本の人はっていうのが分かってきちゃって、やや『作業ゲー』みたいになっちゃって。それを打破するか否かの過渡期にあるのかもしれないですね。(田中教順)」

と非常に興味深いことが話されておりました。第一回から第四回までの大きな変化が感じられて、とてもおもしろかったですYO!
是非過去の韓流最高会議も聞いてみてくださいw

過去の少女時代特集・韓流最高会議については↓へどうぞ。
菊地成孔の粋な夜電波 少女時代特集が神回だった!
菊地成孔の粋な夜電波 少女時代特集第二弾がまたまた神回!マジでヤバイw
菊地成孔の粋な夜電波 第二次韓流会議 ゲスト:韓東賢
第三次韓流最高会議
※第80回放送分をご参照ください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする