宇多丸 ライムスター新曲解説 ナイスミドル [ダーティーサイエンス]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 712

ダーティーサイエンス(初回生産限定盤)(DVD付)

ライムスター宇多丸さんが新作アルバム ダーティーサイエンス収録曲をラジオで宇宙初オンエアー!今回はDJ VIBLAMプロデュースの「ナイスミドル」です。宇多丸さんがラジオ ウィークエンド・シャッフルでお話されていたことを、例によってざっくり書き起こしてみましがYO!

ええと、ここでやはりこの番組、2週間ぶりになりますけど来年1月30日発売ライムスター ニュー・アルバム ダーティーサイエンスから新曲を次々と宇宙初オンエアーするというシリーズ、先週ちょっとスペシャルウィークで中断してしまいましたが・・・まずは、最初は「ゆめのしま」というね、イリシットツボイプロデュースの「ゆめのしま」。これビデオがね、そろそろ出来て見れたりするんじゃないかと思いますけど。あとDJ JINプロデュースの「Deejay Deejay」という曲を、すでに2曲オンエアーしているわけですけど、今夜、また新しい曲を宇宙初オンエアーしたいと思います。

今夜はですね、ちょっと季節的にクリスマスに近いということで、ある種クリスマスっぽいか?というサウンドの曲をかけようかと思っています。DJ VIBLAM、三田っちことDJ VIBLAMさんプロデュースの曲、宇宙初オンエアーしようかと思っております。ダーティーサイエンス、もちろんサンプリング中心にした、ダーティーなサウンドという今回のコンセプトにも合致しているけど、同時にメロウな感じのね、皆さんのお好きな時代の「ザ・90’s HIP HOP感」もありますというような曲ですね。

是非聴いていただきたいのはサウンドの面では、DJ VIBLAMさんがスタジオにいた数時間の間ここしか気にしていなかったという「鈴の音」。この鈴の音がまたクリスマスっぽさを演出すると思うんですね。シャンシャンシャンシャン。と、同時に90年代HIP HOP、LARGE PROFESSORのサウンドなんかを彷彿とするみたいな鈴の音、どっから鈴の音が鳴り始めて、どこで止まるのか、このあたりを気にして聴いていくといいんじゃないかなと思います。

あと、歌詞の面に関しては、タイトル「ナイスミドル」という曲なんですけどね、この時点でダブル・ミーニングなんですよね。HIP HOP詳しい方が聴けばサビの感じで、「あっ、そういうコンセプトね。」ということが分かる。まあ、パッと聴きはラブ・ソングに聴こえると思うんですが・・・というね。ちなみに今、ダーティーサイエンス、アルバム用の取材をいっぱい受けてて、あるロック雑誌の取材で「今回のアルバムはほぼ全曲がダブル・ミーニング、トリプル・ミーニングで全部進む曲が多いですね。」って言われていて、「それは我々なりの今の世界認識みたいなものが二重三重になっているのを現しているのかもしれませんね。」なんて話もしてたんですよ。それはすごく分かりやすいパターンだと思います。ダブル・ミーニング、トリプル・ミーニング。

はい、ではDJ VIBLAMプロデュース ライムスターで宇宙初オンエアーです。「ナイスミドル」!


【ニコニコ動画】RHYMESTER – ナイスミドル

<曲おわり>
はい、ということでDJ VIBLAMプロデュース、ダーティーサイエンス アルバムよりライムスター「ナイスミドル」、宇宙初オンエアーさせていただきました。何のダブル・ミーニング、トリプル・ミーニングなのかは、90年代HIP HOPに詳しいお父さんに聞いてみてください!そんな人がいるかは分かりませんが。
<書き起こしおわり>

みんな大好き、90年代HIP HOP的なトラック、カッコイイっすねーw
久しぶりにこういうの聴いたけど、やっぱりいいわ!間違い無いっす!

ダーティーサイエンス(初回生産限定盤)(DVD付)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする