スポンサーリンク

吉幾三 元祖日本語ラップ 俺ら東京さ行くだ誕生秘話 水道橋博士の80年代伝説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

最近アツい番組、「水道橋博士の80年代伝説」。CSの歌謡ポップスチャンネルでやっている番組なんですが、これが超面白いんですよねw 中でも吉幾三さんがゲストの回はすげースイングしてました。その中で、元祖日本語ラップ「俺ら東京さ行くだ」の誕生について語られている部分が非常に興味深かったっす!

(水道橋博士)「俺ら東京さ行くだ」って、日本の原始ラップじゃないかっていう説ってずっとあったんですけど、実際そうなんですね?

(吉幾三)あのね、ニューヨークにいる、日本人なんだけども、僕のよく知っている板前さんの先輩、僕よりも随分先輩の人が、ニューヨークでジャパニーズレストラン出すから来てくれって引きぬかれていった。その人が「知らないと思うけどこんな歌が今流行っているんだ」って5枚だか10枚だか、アルバムを送ってくれたんですよ。レコード。その中で、今で言うラップっていう、ただ英語でしゃべっている、後ろでズン・ダッタ・ズンッて(ビートが)入っていたの。それを聴いて、「なんだこれ?これが歌か?」と。その中にまた、ちゃんとブラックミュージック音楽があって、聴いていて、それを聴いていたせいもあるんでしょうね。なんとなく・・・これ(俺ら東京さ行くだ)、ギターで作ったと思うんだけど、やっているときにそういう(ラップ的な)フレーズになってきたのね。

(水道橋博士)だからこう、偶然にラップを後からつけたっていう解釈する人もいたけれど、そうじゃなくてラップを既に、ラップと呼んではいなかったけれど聴いて、そこで解釈していたということですね。

(吉幾三)ですね。

スポンサーリンク

番組終わりでの吉幾三コメント

さらに番組の締めで吉幾三さんはこんなことも話していました。

(吉幾三)(ラッパー的なハンドサインを出しながら)あーそいでー、言っておくけどー、こっちカメラ?言っとくけど、俺60になるんだけどー、分かった?アレ、ラッパーの連中よ、いい?俺、ラッパーだから、そこんところ、俺の演歌聴いても、「違うんだよ。吉は本当はラッパーなんだよ!」って言ってくれれば、チョーありがてーし。ヨロシク!

ラッパー吉幾三のハンドサイン
↑吉幾三さんのハンドサイン。鬼パネェ!

いやー、元祖日本語ラッパーのIKUZO、マジでパネェっす。最後のラッパー宣言、マジで爆笑しました!っていうかこれ以外の吉田豪さん、掟ポルシェさんを交えたトークも全部おもしろかった!特にサラ金・借金話(掟ポルシェは月に収入が20万円しかないのに14万円返済していた など)が最高w

打ち解ける吉幾三と掟ポルシェ
↑借金トークで打ち解ける吉幾三さんと掟ポルシェさん。飲み過ぎ注意! マジでビッグリスペクト、イクゾー・ヨシ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事