ジェーン・スーが見抜く GAMBOとTHE SECRETの共通点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 711

ザ・シークレット
2012年12月1日放送のライムスター宇多丸 ウィークエンド・シャッフル。特集はアメリカからやってきた全く新しい概念というか哲学、「GAMBO」特集でした。
大人になったらあまりあけすけに話すことの出来ない、ひたすら身勝手で都合のいい「GAMBO」を、リミッターを外して存分に語らおう!眠れる願望力に火をつけよう!そんな、オトナの自己解放型コーナー「GAMBO」を、高橋芳朗さん、小荒井P、しまおまほさん、BUBKA編集長サミュLさん、ジェーン・スーさんといった番組お馴染みの方々が語るこの特集、ちょう面白かったですね!
中でも素晴らしかったのがジェーン・スーさん。的確な分析力で「GAMBO」を定義付けておりました。そんなジェーン・スーさんによるGAMBO分析部分をざっくり書き起こしてみましたYO!

(宇多丸)ジェーン・スーさん、GAMBOを言う前に、GAMBOを定義付けていただいたと・・・

(ジェーン・スー)『GAMBOって何だろう?』ってすごく考えたんですよ。自分の願望何だろう?うーん?って考えた時に、GAMBO何だろう?って思って。結構マジメなんで、(放送の)PODCASTとか全部聴いたんですね。いろいろ。

(宇多丸)みなさんのGAMBOね。

(ジェーン・スー)で、なぜ人にはGAMBOがあるんだろうと考えたところ、人は誰でも今より幸せになりたいんだと。で、今より不幸になりたくない。つまり、そうするとみんなの言っていることは『万能、それこそが幸せ』っていうとこにつながっているわけじゃないですか。

(宇多丸)さっき言った、神に近いところに行っちゃいますよね。

(ジェーン・スー)神の視座的なところで。そして、さっきのしまお(まほ)さんじゃないですけど、プラス人に承認されること。

(宇多丸)ああ、そうですよね。要するに神だけど孤独っていうのはイヤなんですよね。

(ジェーン・スー)ダメなんですよ。万能かつ承認されるっていう都合のいい話があるわけじゃないですか。で、人のGAMBO、無茶苦茶なものを聴いていて何が面白いかと思ったら、アイデア自体が荒唐無稽だから楽しいっていうのもあるし、実現は難しいんだけども、それを考えている時だけは、人は幸せになれるわけですよ。

(宇多丸)そうなんですよねー!これ幸せなんですよね。

(ジェーン・スー)すごい幸せな気持ちになれると。かつ、聴いている側はGAMBOの裏にその人の渦巻く欲望がすごい透けて見えるわけですよ。でも、その三つを気づいた時に、「(番組名誉プロデューサー)橋本さん、恐ろしいことを始めたな」という風に思って。

(宇多丸)やっぱ、この企画はすごい・・・

(ジェーン・スー)なぜなら、「万能=承認=幸福」っていうシステムはですね、本当にアメリカで、「THE SECRET(ザ・シークレット)」っていって、本当にこの概念、アメリカから輸入していたんだな、橋本さんっていう・・・

(宇多丸)ほう、どういうことですか、これは?

(ジェーン・スー)「THE SECRET」っていう全米とか日本でも売れているんですけど、いわゆる自己啓発本があって、ちょっとスピっている人たちが読む本なんですけど、これ何がすごいって、GAMBOをアメリカ人、ガチで真顔でやっているんですよ。

(宇多丸)要するに自分の欲望を全部、表に出してみろってやる・・・

(ジェーン・スー)全部出して、真顔でそれを思う。イメージして、幸せな気持ちになりましょうと。本当に真顔・・・ これ、YouTubeとかで「THE SECRET」とかでググると動画が出てくるんですけど。

(宇多丸)本当にアメリカから来ちゃってるんだ、これ。

(ジェーン・スー)「ポストに小切手が舞い込んでくるイメージをしてください・・・舞い込んできました!」とかって人が何人も出てきて、本当に自分の願望をどんどん叶えていっている人たちが、みんな今までの世界の英雄たちは全員こうやって願望を叶えてきたと。

(しまおまほ)イメトレみたいな・・・

(ジェーン・スー)イメトレをやって、自分でGAMBOって鼻で笑わないっていう。っていうのをやってきたんだなって分かって、結局PODCASTをいろいろ聴いて、今の自分とは違う圧倒的な自分になりたいと。ただ、プラスアルファで、そこがアメリカじゃないですか。アメリカの概念。日本的だな、情緒的だなと思ったのは、「だが弱者の機微も分かる自分でありたい」

(宇多丸)トニー・スタークだけど、『桐島、部活やめるってよ』は分かるオレって言ってましたよね。

(ジェーン・スー)「嫌われたくない」っていう。結局、今の自分に満足していないし、今の自分大嫌いだけど、同じぐらい大好きだし、今の自分が嫌いなあこがれのアイツになっちゃうと、今のオレがオレを嫌いになってしまう・・・破綻!

(宇多丸)そう、俺そう思うんですよ。トニー・スタークになっちゃったら、それだったら死ねば?って言ってたんだよな、本当に。

(ジェーン・スー)結局ね、GAMBOをやればやるほど現在の自己否定につながるっていうこんな危険遊戯あるかっていう・・・

(宇多丸)だから(映画インセプションの)リンボーですよね。どんどんどんどん現実否定になっちゃって、帰れない人になってきちゃう。芳くん(高橋芳朗さん)とか・・・

(高橋芳朗)危なかったですよ。

(ジェーン・スー)いやもう、帰ってきてないですよ!

(一同)爆笑

(宇多丸)ずいぶん帰ってきてないんだもんね。

(ジェーン・スー)ずいぶん向こうの人ですよ。で、そんなことをやらなくちゃいけないんだ、今日って思って身を震わせて来たんですけど。
<書き起こし終わり>

GAMBOとTHE SECRET 引き寄せの法則の共通点ってスゴい分析だと思いませんか?
たしかにアメリカ人たち、これマジでやってますからね!


ザ・シークレットのダイジェスト版ビデオ!ちゃんと小切手のくだり、出てきますよ!


みんな真顔で、ガチでやるんですよ!間違い無い!さあ、GAMBOを開放して引き寄せるんだ!!

ザ・シークレット
ザ・シークレット