スポンサーリンク

BSスカパー! BAZOOKA!!! 高校生ラップ選手権 第二回大会もヤヴァイ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 746

第一回大会がスゲー熱かったBSスカパー! BAZOOKA!!!の高校生ラップ選手権。さっそく第二回大会が放送されましたが、今回もかなりハイレベルな戦いが展開されてましたYO!
※第一回大会は↓へどうぞ!

BSスカパー! BAZOOKA!!! 高校生ラップ選手権がスゴイ
※第二回の模様は↓へどうぞ! BSスカパー! BAZOOKA!!! 高校生ラップ選手権 第二回大会もヤヴァイ! ちょっと前に放送されいたBAZOOKA!!!の高校生ラ...


動画が早速YouTubeにUPされてました。

今回の出場者はLIL MAN、TAKA、MC妖精、GOMESS、Kay-on、りぼん、寿将、maru-aiの8人。
前回優勝者のK-九くんは不良ならではの諸事情により不参加となりました。
審査員は前回同様、ZEEBRA・DABO・SIMON。
審判もDARTHREIDERさんという万全の体制!
今回も、どんなにガンガン言っても基本はピース&ユニティー。
DISりあっても試合後は必ず握手するのがBAZOOKA!!!高校生ラップ選手権のオフィシャルルール。絶対仲良くなって、必ずアドレス交換を行うのがお約束です。(赤外線で)
バラエティーに富んだ高校生ラッパーたちの熱い戦いに、今回もかなりグッと来ちゃいましたYO!
ってことで、今回の出場者たちのプロフィールと、小藪さんによるイジリどころ解説をざっとまとめてみました。

スポンサーリンク

博多のルードボーイ 寿将 17歳

福岡中央区親不孝通りから出場。
火曜日だけ通信制高校に行き、残りの6日はラップ漬け。
尊敬するラッパーはB.I.G JOE。
前回大会の印象は下手なヤツもいるのでステータスが低いと思っている。

<小藪解説>
中2でラップを始め、中3で福岡のイカツイ名所親不孝通りに入り浸る。
今ではいわゆる悪そうな奴はだいたい友達状態。
初体験は中3。相手はかなり悪いタイプの同級生女子。(どう悪いかはテレビでは言えない)

カントリーラッパー maru-ai 18歳

長野県上高井郡より出場。
CDショップすらない田舎町で育つ。
偶然聞いたSEEDAに衝撃を受けてラップにハマった。
悪口・DISが苦手なのが不安要素。心優しきカントリーラッパー。

<小藪解説>
お母さん(RICAKO似)が性に厳しいため童貞かどうかはノーコメント。
ただし彼女いる歴1年半。

平塚のICE CUBE MC妖精 18歳

神奈川県平塚市より出場。
第一回大会に出場したICE CUBE似のももクロヲタラッパー。
準決勝敗退したが、ユーモア溢れるパンチラインで審査員たちの笑いを誘う。(ドンマイ×3で)

<小藪解説>
新喜劇で一番欲しい男、MC妖精。
BAZOOKA!!!に出演以降、イベントやライブへのオファーが増えた。
先日はTBSの番組(爆笑学園ナセバナール)にも出演。BAZOOKA!!!に出てtwitterのフォロアーが3ヶ月で500人増えた。でも、TBSに出たら1日で600人くらい増えた。
ってやかましいわ!なに番組DISってんねん!!
※MC妖精 twitterアカウント

パッチギMC kay-on 17歳

大阪府中央区コリアンタウンより出場。
在日韓国人3世
小学校6年生の時からリリックを書き始めた早熟ラッパー。
リスペクトするのは2PAC。2PACのリリックが自分の境遇とリンクし感銘を受けた。
ラップを続けていき、売れることで偏見などを無くしていきたいと考えている。

<小藪解説>
在日韓国人3世。
中学までは朝鮮学校、高校からは日本の公立学校に通っている。
現在彼女ナシ。本人曰く、ギリ童貞。
寸前までは行った経験アリ。
若いのにしっかりした考えもってるなー。
しょーもないこと言ってくるヤツいたら、チクリや!
新喜劇にチクったら桑原(和男)と島木(譲二)と(池野)めだか連れてったるわ!
オレには3つの下僕がおるから大丈夫や。

アメ村のニュージェネレーション TAKA 15歳

大阪府中央区アメリカ村より出場。
堀江のX-LARGEでイベントのHIDADDY(韻踏合組合)のチラシ渡され、彼のパフォーマンスを見たのがラップにハマったきっかけ。
以来、HIDADDYのお店「一二三屋」に通ってラップのスキルを磨く。
第一回高校生ラップ選手権では初戦敗退。
前回は会場の雰囲気に飲まれてしまった。
今回はとにかく、勝ちたい!

<小藪解説>
前回大会でLil manに敗れ悔しい思いをし、大阪の先輩たちからも「何負けとんねん」と言われまくったTAKA。最近気づいたことは「武井咲の可愛さ」。
もう1つ気づいたことは「金本が引退した喪失感の思った以上の大きさ」

JKラッパー りぼん 16歳

大阪府日本橋道頓堀より出場。
大阪でも有数の進学校に通う。放課後はクラスメイトとカラオケで熱唱。
ラップにハマったきっかけはKREVA。大人のラッパーたちとフリースタイルのスキルを磨くようになる。
前回大会を見て、同い年のTAKAが出場しているのを見て、悔しかった。
地元で何度も顔をあわせているTAKAに負けたくないと思い、出場を決めた。

<小藪解説>
りぼんちゃん、TAKAには絶対に負けたくないし、負けないと思っている。
でも、明日が中間テストの初日なのでテンパッている。
クラスの男子が「ふたりエッチ」というHな漫画を回し読みしている。
ちょっとキモいと思う。
それがね、キモくないと思える時がいつか来るんですよ!

ベビーフェイス LIL MAN 15歳

神奈川県川崎市
3年前にHIPHOPと出会い、ハマる。
憧れるラッパーはANARCHY。
自分と同じ父子家庭で、生まれた場所も似ている。
自分もANARCHYみたいになりたいと思っている。
前回大会は時にオーディエンスも巻き込む堂々としたパフォーマンスで準優勝となった。
今回大会は、審査員の札が全て自分に上がるようにしたいと意気込む。

<小藪解説>
LIL MANくん、BAZOOKA!!!に出たことで正直モテている。
地元川崎の駅前でギャルに「BAZOOKA!!!見た」と声をかけられること多数。
しかし今のところ全てノーSEXでフィニッシュ。
ノーマネーでフィニッシュ(マネーの虎)みたいに言うな!

ひきこもりラッパー GOMESS 17歳

静岡県静岡市より出場。
小学校4年生の時に病院で自閉症と診断を受ける。
その事実をなかなか受け入れられず、次第に人目を避けるようになった。
小学5年生から中学3年生まで部屋に引きこもり、両親とも会話することがなくなった。
そんな彼に光を与えたのがRHYMESTER。
「コンプレックスに思っていることが自閉症も含めていっぱいあって、マイナスの面で捉えていたんですけど、もしかしてラップをやっていたら自分が自分であることを証明できるんじゃないか?」と考えた。
コンプレックスを武器にできる音楽HIPHOPと出会い、180度考えが変わった。
今では駅前で一人ラップのパフォーマンスをするようになった。

元ひきこもり 自閉症ラッパー GOMESS 動画まとめ
第二回高校生ラップ選手権で大旋風を巻き起こした元ひきこもり・自閉症ラッパー GOMESSくん。個人的には第二回のMVPだと思ってます。そんなGOMESSくんのフリースタイル動画がY...

<小藪解説>
GOMESSくん。高校入試の科目に自由表現というものがあり、フリースタイルを披露。
HIPHOPで高校に受かった。
いろいろあって高校は中退。
でも、童貞は捨てました。
この春、静岡第一テレビを退社した女子アナ、那須洋子さんが死ぬほど好き。
そんなGOMESSくん、お母さんも面白い!

いやー、マジで面白いよこの企画!決勝戦なんか鳥肌モノの名勝負でした。第三回もやってほしいぜ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする