スポンサーリンク

映画 『桐島、部活やめるってよ』と海外ドラマ『glee』の共通点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

桐島、部活やめるってよ (本編BD+特典DVD 2枚組) [Blu-ray]
話題の映画、『桐島、部活やめるってよ』をやっと見てきましたYO!
渋谷TOEIで見たんですが、公開1ヶ月以上経っているのに満席。
マジで桐島、パネェなぁw


お話はこんな感じ。
バレー部のエースで学園の人気者、桐島が突然部活を辞めた。
親友や彼女に相談することもなく、学校にも来ない。
桐島についての憶測が広がり、学園内の様々なところに桐島不在の影響が及んでいく・・・

運動部の部活動の花形選手で、学年でトップクラスの美人と付き合っている、学校のヒエラルキーでトップの位置に君臨していた桐島。
アメリカの学園モノでいうところのアメフト部の主将で彼女はチアリーダー、プロムでキング&クイーンのカップル候補筆頭っていうところですね。
そんな桐島が何の前触れもなく、部活を辞めた。
コレって、ドラマ『glee』でアメフト部クオーターバック(+彼女はチアリーダー)だったのに合唱部に入ったフィンととても似ていますよね!
gleeのフィンは、悩みながらも自分らしくあるために、学園内のヒエラルキーの最底辺にいる合唱部で仲間たちと活動していくことを選びます。
『桐島、部活やめるってよ』に桐島の姿は全く出て来ません。
描かれるのは桐島の同級生たちだけです。
が、桐島もフィンと同様に、学園ヒエラルキーの頂点にいることに疑問を感じてしまったんではないでしょうか。
閉じられた学園ヒエラルキー内で人気者だった自分と、本来の自分らしさの間のギャップを感じ、学園ヒエラルキーという序列ルールからドロップアウトするために、桐島は部活を辞めてしまったのかもしれません。
(そこまで映画内では描かれてないので分かりませんが・・・)

桐島という学園ヒエラルキー内の大きな『核』が突如なくなってしまったために、親友のヒロキと仲間の男子グループ、桐島の彼女ら女子グループ、バレーボール部の部員たちなどを中心に動揺が広がります。
特に桐島と同様にスポーツも勉強もなんでも出来てしまう人気者、ヒロキもその価値観を大きく揺さぶられます。
そんなヒロキや人気者グループと対照的な存在として描かれるのが、神木隆之介くん演じる映画部の前田。
学園ヒエラルキーの最底辺の存在である前田たち映画部の面々は、まさにgleeの合唱部の仲間たちと同じような存在です。
自分たちが作った脚本で、自分たちの手でゾンビ映画を撮影することに大きな喜びを感じる前田たち映画部。
周りにどう思われようと、好きなこと・やりたいことを貫く映画部と、本当に好きなこと・やりたいことが分からなくなっているように思えるヒロキ。
本当に幸せなのはどちらなのか?と問いかけられているようでした。

『桐島、部活やめるってよ』も『glee』も共通のメッセージはココなんだと思います。
本当の自分らしさやあるべき姿を偽って生きていても幸せにはなれない。閉じた価値観や常識の中から飛び出して、多様性を受け入れることが必要だっていうことなんではないでしょうか。
桐島もgleeも学校・部活という非常に閉鎖的で、同調圧力の強い特殊な舞台のドラマですが、これは学校外の社会全般に当てはまるメッセージなんだと思います。
映画を見た後でコーフンしてつらつらと書き綴ったことですので的外れなこと書いてあるかもしれないですけどw
でも、桐島は見たら絶対あれこれと話したくなっちゃう作品だと思うので、まだ見てない人は絶対見たほうがいいですYO!
ちょうオススメです~!(ついでに言うと、gleeもオススメ!)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事